働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その3】マラソンブログ史上初! ユーリ!!! on ICEを観た人にしか分からない第19回ハイテクハーフマラソンレースレポ

(前回→【その2】マラソンブログ史上初! ユーリ!!! on ICEを観た人にしか分からない第19回ハイテクハーフマラソンレースレポ

 

【前回までのあらすじ】

翼の折れたJJと化したくろいわは、

「仮にコース上から荒川が見えたとして、『荒川を虜にする』って、具体的に何をすればよかったんだろ…」

と、我に返りながらも走り続けるのであった…。

(なぜならJJは立ち止まることができないからです)

 

上流コースは往路が向かい風。序盤から風は感じていたものの、時間を追うごとに激しさを増していきます。

風はあるけど日差しが強く、背中のカイロは剥がしてゴミ箱に。ウィンドブレーカーは脱いで腰に巻き、アームカバーも下げました。

 

荒川が見えないことには虜にもできないし(虜にする方法はノープラン)、中四国九州大会を脳内再生(余裕)して気を紛らわそうかと思ってもJJがチラついて集中できない。心を無にして走りました。くそっ、求めてないのにJJのテーマが勝手に脳内再生されるぜ!!(ランニング中あるあるなんですけど私だけ?)

 

確かトップ選手とのスライドはこのころから始まったのかな?

(松本翔さんが!! めちゃくちゃかっこよかったです!!!!!)

 

8kmの看板を過ぎるころには向かい風がいっそう強まって、キャップが飛ばされそうになるので俯きがちに走りました。

 

でも大丈夫! 次のテーマは!!

9~12km GPS中国大会
~絶対に僕(のペース)から目を離さないで~

何となくキロ5で走れてるからこのまま(あんまり落とさずに)行こう!!

絶対に僕(のペース)から目を離さないで!! このままキロ5で押していくぜ!!

 

って一瞬だけ燃えてたんですけどムリムリムリ、もーなにあの向かい風。JJだって立ち止まると思う。帽子を飛ばさないようにするのが精一杯。

 

おまけにそんな向かい風の中の、10km手前のこの坂ですよ。 

f:id:shin_kuroiwa:20180117123115j:image 

強い向かい風に吹かれながら必死に坂の上に上がって待っていたのは、「え? これ押し戻されてますよね!?」ってレベルの強力なエネルギーを感じるハイパー超絶向かい風でしたよね。帽子は取って手に持った。飛ぶから。

 

坂を上った後はしばらく、平坦な道なのに激坂を感じるくらいの暴力的な風に真正面から吹き付けられながら走り、短い坂を下った場所が折り返し地点。つまり、折り返してたらまた上って下りる、という台形のアップダウンでした。風さえなければたいしたことのない起伏です。

 

「風さえなければ」というその風がどれくらい強かったかというと、 ズレにズレた計測データで解説いたしますと、

f:id:shin_kuroiwa:20180117123045j:image

 坂を上った直後までの10kmのタイム(ラップ13)が50分33秒(5分03秒ペース)で、11kmのタイム(ラップ16)が55分52秒ですから、この1kmだけで、5分19秒食った。

 

荒川の風、えげつない。

 

11km手前で折り返した瞬間、1時間近く苦しめられた向かい風がフッと消えて、直後の上り坂は「背中を押されてるーーー!!!!」(実際風に押されている)って感じるくらい楽勝!

 

上流コースの特権、後半ボーナスタイムがきたーーーーーーーー!!

 

(… しかし前半の向かい風に体力を削られてもはや瀕死に近い)

(… あと、めっちゃのど乾いた)

 

そう、ハイテクハーフの給水所は、5kmの次は13km、あとは16kmの3カ所なんです。

こんな晴れたに日はちょっとつらい。

(ただしこんな暴風が吹く10km前後に給水所を置けないのも分かる)

 

坂を下りて少し走ると12kmの看板。

次のテーマは…ロシア! あの送り出し!!!!!!! あの!!!!! ネクタイのやつ!!!!!!(興奮)

 

13~16km GPSロシア大会
~もう後半は始まってるよ、ヴィクトル…~

 

そうなんですもう後半!!!!! もう後半だよヴィクトル!!!!

“Perfect!”

(↑心のニキフォロフコーチです)

 

12kmは1時間00分58秒。追い風でやや持ち直した。

13kmは1時間6分22秒。給水所で歩きながらスポーツドリンクと水を1杯ずつごくごく飲んだからです。

14kmは1時間11分17秒。給水で復活してキロ5切った!!

15kmは1時間16分18秒。ほぼキロ5。

 

この辺りから、薄々と思ってたんですけど。

 

これは、55分カット余裕だな、と。

 

16kmの看板を過ぎたら…テーマは唐揚げか…。

 

これですね。

17~20km GPF バルセロナ
~唐揚げのためにどこまで限界を攻められるかがハイテクを走り抜く僕のモチベーションになるんだ!~

余力はそこまでないけど、かといって今が限界って感じでもないし、追い風ボーナスだし、足でも攣らない限りは、ペースをちょっと落としても、唐揚げ食べられるよな…。

 

 16km通過タイムは、1時間21分22秒。

 

あと5km。

 

暗算が苦手な私でも九九の五の段は暗誦できるから、気付いてしまったんですよね。

 

苦しい思いして走らなくてもキロ6で金メダル(1時間55分カット)。

かといって死ぬ気でキロ5で走っても1時間45分には届かない。

そしてPB(1時間42分台)には程遠い。

 

え…どうやって走りぬくモチベーションを保てば…。

ええっと...。

 

作戦ミス…?(ですね)

 

認めたくないものだな、自分自身のオタクゆえの過ちと言うものを…(突然のシャア少佐)

 

まあなんだかんだ最後まで粘って走ったんですけど(だって心の中のJJが「JJは絶対にあきらめないぜ!!」ってうるさいから)行き場を失った師弟への愛のために、この先は手動ラップを取り損ねまくったし写真も一枚もない。

 

唯一とっている20kmと思われる手動ラップが1時間42分05秒の5分6秒ペースで、最終的に5分5秒ペースでフィニッシュしているので、最後は、

 

finishまで 最終滑走
~いつまでウォーミングアップやってるつもりだい?~

 

のテーマに基づいて、ちゃんとラストスパートをかけたもようです。

(すでに記憶があいまい…)

 

唯一はっきりと覚えているのが、明るいピンク色のスタートゲートが遠目からも見えてたから、「あそこまで行けばゴールだ早く終わりたい早く終わりたい!!!」ってダッシュしてたのに、近づいたらスタートとゴールの場所が違う(ゴールがもっと奥だった)ということに気付いて「(リリア先生に美しくない言葉はおやめなさいって叱られるので自粛)!!!」って怒り心頭(逆ギレともいう)だったところに、100分カットで下流コースを走り終えたお友達が「唐揚げファイトーーー!!!」って声をかけてくれて持ち直したので「ああやはり人生に必要なのは2つのL…」という認識を新たにしました。

 

 

f:id:shin_kuroiwa:20180117143435j:plain

 

【今回のレースで得た知見】

年末年始で太ろうが、走り込みが足りていなかろうが、ハーフマラソンは誤魔化しがきく!!!!

(あとJJはあんな状況でも諦めなくてすごい)

 

次回、フィニッシュ後の動線や参加賞などをまとめて「マラソンブログ史上初! ユーリ!!! on ICEを観た人にしか分からない第19回ハイテクハーフマラソンレースレポ」を終わります。

 

 

?