働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その2】マラソンブログ史上初! ユーリ!!! on ICEを観た人にしか分からない第19回ハイテクハーフマラソンレースレポ

(前回まで→【その1】マラソンブログ史上初! ユーリ!!! on ICEを観た人にしか分からない第19回ハイテクハーフマラソンレースレポ

エロスのヘアゴムの話をしたいばかりに肝心の大会の紹介をまともにしていなかったので、心を入れ替えて書き残しておきます。

2018年1月14日開催、第19回ハイテクハーフマラソン。

 

こちらが公式サイト。

www.hi-sports.com

荒川河川敷の往復コースで参加者約1万人の大規模レース。陸連公認大会です。

メイン会場の新荒川大橋野球場までは、赤羽岩淵駅から徒歩10分弱、赤羽駅からは徒歩20分程度。

 

メイン会場を中心に川上に向かって走る「上流コース」と、川下に向かって走る「下流コース」に振り分けられ(どちらを走るかは選べません)、前回も書きましたが申請タイムごとに3ウェーブでのスタートです。

 

この「上流」になるか「下流」になるかが運命の分かれ道。

理由は風向きにあります。

 

上流コースは往路が向かい風。疲れてきた後半に追い風ボーナスタイムがやってくるのです! さらにゲストランナーのほとんどが上流コース(全員かどうかは未確認ですが少なくとも松本大さんと猫ひろしさんは上流コースでお見かけしました!)を走るからスライドできるお楽しみつき。

 

逆に下流コースは、「板橋Cityマラソンのコース」と言えば伝わりやすいでしょうか。往路は追い風、疲れてきた折り返しからは向かい風というタフなコースです。

 

どっち走りたいです?

上流コースですよね?

 

上流だイェェェェェーーイ!!!

(陸連登録してると上流って噂聞いたんだけどほんとですかね? 確かにほとんどの方が陸連登録者の証・背中ゼッケンをつけてました)

 

私は電車を乗り間違え到着が遅れたので企業ブースをほとんど見てないんですが、スポーツショップも出店してたので、忘れ物をしてもカネさえあれば解決できそうです。

 

荷物を預ける場所はゼッケンナンバーの下一桁ごとに振り分けられて、ウィングボディのトラックで保管。トイレも女子専用がたくさん用意されててそれほど待たなくて良かったし、更衣室が少し狭いこと、給水所がちょっと少ないことが気になりはしたものの、総じてとても快適な良い大会でした。

 

 

なのに。

なによ、あの荒川の風…(この話は後ほど)

 

この日は気温が低くて風は冷たいものの、日差しが強めの快晴。

 

服装は上から(下着除く)

・キャップ

・サングラス

・エロスのヘアゴム

・首にBUFF

・モンベルのクールメッシュタンク

・Tシャツ

・アームカバー

・ゼッケンが透けるウィンドブレーカー

・お腹と腰に貼るカイロ

・ロングタイツ

・ランパン

・ぼんやりしてたので5本指じゃない3足700円くらいで買ったソックス履いてきた…

・シューズは大田原マラソン以来一回も履いてないスカイセンサー

 

河川敷の風を警戒してやや手厚めに装備しました。

 

なのに。

エロスに気を取られてマラソンに身が入っていない!

 

待機列後方3分の1くらいくらいからのスタートで、ロスは1分ちょっと。混雑が気になったのは1~2km程度で、バラけたのもあるけど、周りに同じくらいのペースのランナーが多かったのだと思います。

 

って1600字も使って普通のレースレポ書いてしまった!!

クソッ!! 私はそんな話をしたいんじゃないんだよ!!!!

 

前回書いたとおり、この日のレースは4kmごとのエロス5滑走+ラスト1.0975kmに最終滑走の送り出しを加えた全力のエロス21.0975kmですよ。

4kmまでは温泉on ICE! 「すっごく美味しいカツ丼になるんでしっかり僕(のペース)だけを見てて下さい」だ!!

 

「金メダル(1時間55分カット)で結婚(唐揚げ)」を達成するためには5分27秒/kmで走ればいいから、無理せずに5分25秒くらいから入って、徐々に上げられたら上げて行こう、ビルドアップでレース走るの超楽しいよね、というような気楽な気持ちでスタートしたんですけど。

 

あの、速報の、これ。

f:id:shin_kuroiwa:20180114123005j:plain

私のGPSウォッチ、最終的に、距離を、18.5kmしか取ってないんですよ。

 

 

どこからずれていたかというとスタート直後からずれていて、頑張って頑張って頑張って走ってるのに、手元の時計が5分40秒を全然切らない。

もう、GPFのときのJJの気持ちですよね。

(何が起きているのか…分からない…)って。

だって「5分27秒ならいけるだろ~」って余裕こいてたのに、めっちゃ頑張って5分40秒って。あなた。GPFの魔物に飲まれた…って思うじゃないですか。ハーフマラソンだけど。そして実際はGPSウォッチの問題だったけど。

 

体感では「5キロ一桁ペース」なのに、GPSウォッチでは相変わらず5分40秒前後から縮まらず、さすがにおかしくないか!? と不安になっていたら1kmの看板が。

手元の時計のタイムに目を落としたら…キロ5切ってる!?

えっ、それはそれでおかしくない!? 速すぎる!

 

ちょっと! 何を信じたらいいの!? 私の唐揚げ!!

 

「僕(のペース)だけを見てて」と言いながら、見てもらうべき「僕(のペース)」がわからないというまさかの事態。さすがの第3滑走・塩コーチ回だぜ!!(2周目に観たときびっくりしませんでした!? 「こんな塩対応コーチいた!?」って。ギャップで。しぬ)(そして何度でも生まれ変わる)

 

コースには1km毎に看板があるので、2kmを通過するときにラップボタンを押してみました。

 

ラップ番号2、1.7km(しか取ってくれてない…)のところが2km通過タイムです。

 

9分49秒(4分54秒/km)。

やっぱりキロ5切ってる!

f:id:shin_kuroiwa:20180116151751j:image

3km通過が2.59kmの14分43秒。引き続き4分54秒/km。

最終的に5分05秒ペースでの完走ですから、時計に騙されて、突っ込んだね…。

(4.38kmのところは5kmの通過タイムだけどキロ5より落ちてるのは給水で歩いたからだと思われます。確か5kmより手前にあったよね??)

 

4kmのラップを押し忘れたのは「あ、4kmの看板だ、次なんだっけ、中四国九州…荒川を虜にする魔性のカツ丼!!」って一生懸命考えていたからで、ロシア人コーチが中四国九州大会で言ってた「ジャンプに気を取られて演技がおろそかになる」とはこのことかって思いました(*´♡`*)

 

そうそう、荒川を虜に…

 

って。

 

荒川が!! 見えない!!!

f:id:shin_kuroiwa:20180116151834j:image 

(都会の「河川敷」は異常なほど広い…)

 

荒川が見えないので荒川を全力で誘惑することもできず、

 5~8km 中四国九州選手権
~あたしは荒川を虜にする魔性のカツ丼~

も、速攻で破綻した。

 

続きます。

 

?