働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その2】まさかの、5'25/kmがきつい!~第30回大田原マラソン大会〜

(前回まで→【その1】大田原マラソンさんの温かさ、そして雨の冷たさ…〜第30回大田原マラソン大会〜 - 働くお母さんが走るブログ)

 

競技場の出口でランナーが詰まり、数秒、歩くようなペースで進みます。

競技場を出てからもしばらくは道が狭く、ムリな追い抜きをかけてきたランナーの方3人くらいに意図せずエルボーかましてしまいました、すみません...(わたし、腕振り、真後ろに引けてない...横に引いてる...)

 

雨はスタート直後に弱まり、2~3km走ったくらいですっかり止んでしまいました。

雨上がりと同時に蒸し暑さを感じたので、ウィンドブレカーを脱いで腰に巻き、お腹と背中に貼ったカイロも剥がしてポケットに。それでも熱がこもってる感じがして、アームカバーも手首まで下ろしてしまいました。

 

道路の状態があまり良くない箇所も多く、足元の水たまりを踏まないように気をつけて走ります。

 

大田原の高低図を見るとすり鉢状になっていますが、一部の大きな坂を除いて、体感ではほとんど、上りも下りも感じませんでした(なのに確実に足は削られます)。

 

あとずっとずっとこういう田園風景で直線が長くて、ごく一部を除いてワンウェイだし(短いスライドはあり)、場所柄、応援も少ない。

f:id:shin_kuroiwa:20171124155501j:image 

疲れてきても周囲の何かで気を紛らわすことができず、苦しさと真正面から向き合うしかないので、

 

「なるほど…『自己への挑戦状(大田原マラソンのキャッチコピー)』とはこのこと…」

 

と、しばしば気が遠くなりました...。

(スタッフの方や地元の方からの温かい声援が沁みました! ありがとうございました!)

 

 稜線に掛かった雲がきれい!(気を紛らわす材料探し)

f:id:shin_kuroiwa:20171124155446j:image

 

まずはラップのご紹介を。

 

1~5km 公式のラップ 27'54 (5'34/km)

手元の時計 5'58 / 5'25 / 5'18 / 5'23 / 5'25

 

最初の1kmは抑えて入ったというより、団子状で前に進めないので結果的にキロ6を切るくらい。

ランナーがばらけてくると飛ばす人が増えるので、周りに流されないよう、GPSウォッチを1km当たりのラップペースの表示に変えて、時計とにらめっこしながら走りました。

このペースだと呼吸は余裕なんですが、中3日のランオフを挟んだのに、脚がなんだかダルイ。5kmくらい走って温まれば軽くなってくるでしょ、とあまり気に止めずに走ります。

 

今回のレースの敗因のひとつが、水分補給がうまく行かなかったこと。

家を出た時からずっと寒くて水分摂取が進まず、家を出てから飲んだのは500mlボトルのポカリスエット半分程度とアミノバイタルゼリーだけ。スタート地点の給水所にも立ち寄りませんでした。

寒いままだったらよかったけど、前述のとおりアームカバーも下ろしているくらいの状況でしたので…。

 

最初の公式給水所までの6.4kmが…長い…。

長い!!!!

 

6~10km 公式のラップ 27'08 (5'25/km)

手元の時計 5'25 / 5'23 / 5'24 / 5'24 / 5'20

(手元の時計は序盤からすでにズレがあります)

 

ようやくたどり着いたゼネラルでスポーツドリンクをひと口。

ラップはきれいに刻めているのですが、相変わらず脚が重く、「抑えて5'25/km」ではなく「気を抜かずに走って5'25/km」という様相。

一向に、楽にならない。

スタートロス(53秒)どころか最初の1kmで背負った借金すら返せる気配がなくて、(あれ? なんで!?)と戸惑いながら走っていました。

いくらなんでも5'25/kmでハーフまで持たないなんてことがあるの!?(しかも前半は気づかない程度とはいえ、下り基調なのに!)

 

 1カ所目のスペシャルドリンクは9.5km地点。口に含むとコーラの炭酸は完全に抜けていました。

 

あ、サブ4ペースくらいだとボトルがこれくらいしか残ってないので比較的見つけやすかったです!

f:id:shin_kuroiwa:20171124155525j:image

(まあ3・4ヶ所目で立て続けに見落として凹んだけどね!!!)(振り返れば、これも水分補給的にきつかったですね…)

 

 前を走るランナーの方のウィンドブレーカーのふくらみを見ると、前半も向かい風はあったようですが、記憶から飛んでいるレベルのそよ風でした。

f:id:shin_kuroiwa:20171124155826j:image

 風景が…変わらない…。

 

脚の重さが抜けないことに焦り、下り基調のいまのうちに借金だけでも返した方がいいのでは…と焦った結果のラップがこちらです。

 

11〜15km 公式ラップ 26'57/km (5'23/km)

手元の時計 5'20 / 5'22 / 5'21 / 5'17 / 5'27

 

15km過ぎの坂を上る頃には、スカイセンサーの薄いソールに耐え切れなかった腿裏と足の裏が、ごまかし切れないくらい、明らかに、熱を帯びてジンジンしてきました。

 

「こんな距離でマジかよ!!」ってすごいショックだったところにこの坂だったのでよく覚えてます。この坂。

お前(脚のジンジン)の出番は30km以降だろ!?

f:id:shin_kuroiwa:20171124155759j:image

こっから30km以上もこの脚で「粘る」の!?

マジで!? 

 

3週間前の30km走では(給水では時計止めたとはいえ、そんなんいつものことだし!)ビルドアップ気味に、スカイセンサーで、5'15/kmで、走れたのに!?

 

 16~20km 公式ラップ 27'11 (5'26/km)

手元の時計 5'23 / 5'20 / 5'31 / 5'23 / 5'20

 

コース上に中間点の看板があった気がするし、ペース表も携行していたのに、手元の時計を確認して進捗を確認する余裕もないくらい、テンパっておりました。だってあなた15kmで。脚が。なんで!?

 

中間点の通過タイム(5'25/kmイーブンの場合)は、予定では1時間54分17秒。

実際は(その場では確認し忘れていたけど)ネットタイムで1時間55分09秒。

 

借金を飲み込むどころか、1分近い遅れでしたね…。

 

 

それでも15kmで感じた脚の「ジンジン」具合が、中間点までなぜか悪化せずに、「15kmのジンジン具合」を引き続きキープしていたので、「あと半分なら何とかなるのでは…?」と、かすかな希望は持っていました。

 

 ハーフまでゼネラルの給水所は、6.4km、10.1km、15.2km、20.2km、スペシャルドリンクは9.5km、14.7km、19.1km。

19kmのスペシャルを見落としたものの、すべてのゼネラルでひと口だけスポーツドリンクを飲んで、2ヶ所目からは首の後ろに水をかけ、スペシャルでもコーラ味の液体(炭酸抜けて…)をひと口ずつ飲みました。

 

胃の中にすあまが残っているような感じが続いていたのですが、エネルギー切れが怖くて、14.7kmのスペシャルドリンクでジェル(メダリスト)を流し込みました。

 

 

続きます。

 

 

?