働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【あと15日ですって奥さん!】週末のRP30km走とハム太郎との再会と

週末の振り返りと近況報告を。

 

11月3日(金・祝日)はレース3週間前の持久走30kmー! 

 

私にとってこの30km走は本番への試金石というか「レースペースを決める儀式」でもあります。

練習でできないこと(していないこと)は本番でもできないから…。

今回の目標は5分30秒/km。4時間制限のotwrマラソン(仮名)を完走するためにはどうしてもクリアしなければならないペース。

 

さらにこの日は、これまでジョグにしか使っていなかったスカイセンサー(8月の誕生日に買ってもらったけど太りすぎていたのでしばらく眠らせていた…)を、初めて、持久走で試す日でもありました。

果たしてこのワガママボディ(どこも締まってないタイプね!)の重量を、薄くてかたいレース用シューズで受け止められるのか…。

 

 頑張れ私の太脚!! その膨大な容積の腿には、愛と夢と希望とあと先月170km走ったぶんの筋肉が詰まっている!! はず!

 

試金石の30km走ですから信号のない河川敷でバシッとキメるつもりでしたが、当日は日差しが強いし暑いし、ほんの5km走っただけで背中が汗びっしょり…。

とにかく30km走りきることを優先し、早々に河川敷を諦めて日陰の多い住宅街へ逃げましたよね。ええ。

 

え? レース本番がこの日みたい暑くなったらどうするのって?

 

大丈夫。涼しい曇りの日になるから。なる。絶対。大丈夫。

 

 

 

さすが秋の日陰!! 体感温度が10度違う!

f:id:shin_kuroiwa:20171108100705j:image

 

それでも暑かったので、約2リットル(!)のコンビニ給水タイムは時計を止めて、何とか30kmコンプリート。

f:id:shin_kuroiwa:20171108101146j:image

休憩除くインチキタイムとはいえ、まあ、なんとか及第点では…。

 

先日新横浜の回廊を走る際に、オートラップを切ってそのままにしていたことを走り出してから3kmの時点で気づいたので、5kmごとにラップボタンを押す、予定でした。

 f:id:shin_kuroiwa:20171108095855j:image

手動ラップ下手くそすぎかよ…

(100m過ぎてから気づく…)

 

休憩別タイムの負い目から怒涛のビルドアップになっておりますね!

 

調整さえ失敗しなければ、そして当日の天候に恵まれれば(あと風…)、サブ4、何とかなるでしょ…なるよね…なって…。

 

f:id:shin_kuroiwa:20171108095919j:plain

コンプリートしたので、おやつのごほうビールでした。

 

 

翌日、11月4日(土)は持久走とのセット練習でLSD120分ーーー!!

の予定がーーーー!!!

 

持久走なんだから30kmを5'30/kmのイーブンで走って最後の3kmくらいでちょっとだけペースアップして気持ちよく終わればよかったんだよ何で調子に乗ってビルドアップなんかしたんだよ昨日の私のバカーーーーー!!!

 

バカーーーーーー!!!!

 

まさか…1年ぶりに…ハム太郎との再会…?

(ハム太郎とは→メンタルもフィジカルもやられて割と本気でへこんでいます

 

でもあの頃とは違う。1年前はハム太郎がピキピキしてたし歩くだけで痛かった。

今回はピキピキしてないし「走ったら痛いし肉離れ的な意味でヤバそうだけど歩く分には、まあ…」くらいの痛み。

 

去年みたいに「お金をせびりに来た極悪ハム太郎」じゃなくて、なんていうか、例えばですよ、私が仕事でたまたま、2年前までハム太郎と暮らしていた街を訪れたとするじゃないですか。

-----------------ここから妄想なので読み飛ばして大丈夫です-----------------

懐かしくなって駅前の商店街をぶらぶらしながら「ハム太郎、パチンコに勝ったらよくこの焼き鳥でご馳走してくれたな…」って確かにかつてそこに存在した幸せを思い出してしみじみしていたら、ばったりハム太郎に会ってしまった、みたいな。

 

ハム太郎が驚いた顔で「どうしたの?」って聞くから私が慌てて「ほら、図書館の近くに緑のビルがあるでしょ? あの会社と仕事してて…」って説明をするわけです。

で、ハム太郎が「相変わらず忙しいんだ。ちゃんと休んでる?」って優しい言葉をかけてくるから、売り上げノルマに追われて疲弊していた私は一瞬ほだされそうになりつつも「うん、今日はもう帰るから、大丈夫。じゃあね」ってその場を立ち去ろうとするんだけど、ハム太郎から「奢るから一杯だけ飲んでいかない? 昔みたいに」って誘われて、結局、昔馴染みの焼き鳥屋に入ってしまうわけですね。私はいつだってそう、こうしてズルズル流されて、ハム太郎を断ち切れずに…。

 

私「めずらしいね、スーツなんて着て」

ハム太郎「仕事を始めたんだ。友達から紹介されて」

私「どんな仕事?」

ハム太郎「営業というか…起業かな」

私「……起業」

ハム太郎「権利収入って分かる?」

私「権利収入」

ハム太郎「ネットワークビジネスって言うか…世の中の収入には2種類あってさ、労働収入と権利収にゅ…」

私「あ、ごめん、電話が! ちょっと席を外すね」

 

そう言い残すと私はカバンを持って立ち上がり、店を出た。

昔の男からマルチ商法のカモにされかけた情けなさや、ふたりで飲みながら他愛もない話をして笑いあったキラキラしたあの日々は二度と戻ってこないんだという現実に打ちのめされる。冷たい風が吹き付けて来た。頬を伝う涙を拭いもせず駅までの道を(以下略)。

 

-----------------ここまで妄想なので読み飛ばして大丈夫です-----------------

 

それくらい痛い。

心が。

(脚はここまでは痛くない)

 

日曜日から今日まで4日ランオフ。明日くらいからゆっくりジョグで走り出したい所存です。

 

ハム太郎とすっぱり別れ、キレイな体で、私はotwrくんと結婚(完走)するんだ!!

 

****************

【陸王のドラマを観てない方には何のこっちゃな話】

私「今度のマラソン大会さー、誕生日に買ってもらった靴を履こうと思ってたんだけど、いまの私の脚だと耐えられないかも…」

夫「何が違うの?」

私「速く走れる靴はたいていソールが薄いのよ」

夫「ソールが…薄い…? ハッ…(何かに気づいた顔)」

私「そうなの、薄いソールで地面からの反発を得ようとするとクッション性が…」

夫「ミッドフット着地になるやつでしょ!?」

私「違うよ? 私の話聞いてた?」

夫「陸王だ!」

私「違うよ? どっちかというとアトランティスの話だよ?」

 

ランナーのいるご家庭では似たような会話が繰り広げられているのではないでしょうか…。

 

ドラマ・陸王を観てると従来のシューズに否定的な見解を示してるだけじゃなくて大手スポーツメーカーの営業担当者が選手をモノのように扱っていてヒドいので、このドラマに協力してるミズノさんはエライと思う。

 

(あっ、ちなみにユーリ!!! on ICEの主人公が着てる日本代表ジャージもミズノ製品なんだよ♡)

 

?