働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【後編・下山と応援】今熊山ハイキング~ハセツネの応援に行ってきました~

(前回まで→【前編・登山】今熊山ハイキング~ハセツネの応援に行ってきました~

 

お弁当は展望台でトイレ済ませてから食べよう、展望台っていうくらいだから景色いいはずだから、とゆるやかな階段を駆け下ると、頂上から5分と経たずに到着しました。

 

トイレ。

f:id:shin_kuroiwa:20171019195815j:image

水洗ではなく手洗い場もないですが、しっかり管理されていてトイレットペーパーもありました!

 

トイレから少し離れた場所にベンチがあったので、トレイに背を向けて座り、ウエットティッシュで念入りに手を拭いてからお弁当を食べます。

あとは下りだけだし、ご飯食べられるし、でニッコニコの娘。

 

娘「山の上で食べるおにぎり美味しいわ~。今日めっちゃ早く登ったよね! ぜんぜんたいしたことなかったわぁ」

私「え…娘ちゃん、登ってる途中に帰るって言ってなかった...?」

娘「うそぉwww そんなこと言ってた~?www」

私「(トイレに間に合った安堵感と「あとは下りだけ」という安心感で気が大きくなっている…!)」

娘「あっ! このから揚げ(冷凍)めっちゃおいしい!www」

 

ご飯を食べていると、ピンク色のノースリーブのジャンパーを羽織った年配の男性がおふたり上ってきました。胸にはハセツネの文字(アルファベットだった記憶…)。

聞けばこれからコース上でボランティアをされるとか。

全選手が通過したら別の場所に移動されるそうで(山の中なので当然徒歩)、ハセツネはボランティアスタッフも過酷ですね...尊敬しかない...。

「大変ですよね、がんばってくださいね」と声をかけたら、「私たちなんてたいしたことない、24時間ずっと働いている人もいるんだから」って笑ってらしたので、(かっけえ!!!)と思いました。

 

12時40分ごろに展望台から下山。

我々の下山ルートはハセツネのコースを逆走する形になります。

狭い山道ですから、選手が登ってくる前に今熊神社に下りなければ、全選手が通過するまで山道の端っこにうずくまって待つしかない...。

 

娘にはその旨説明し「選手の邪魔だし、走ってる人とすれ違うのは危険だからみんなが来る前に早く下りようね。でも滑ったら危ないから急ぎすぎないでね」と説明して下り始めました。

 

引き続きテンションの高い娘「まって! 娘が隊長だから! 隊長が先頭だからママは後ろからついてきて!」

確実に早く下りたい私「下りは滑りやすいよ。手をつながなくて大丈夫.?」

娘「娘は転ばないよ! ママはさっき(登りで)転んでたでしょ!」

私「あ、うん...気をつけてね...。足が疲れてると膝がカクって抜けたりするから地面をしっかり踏みながら歩い......」

娘「(ズサァ…)」

 

娘、視界から消えたと思ったら、速攻で転んでいた。

 

一度目の転倒では何とか気を取り直して娘自ら「隊長ごっこ」を再開したものの、慎重に歩いているのにも関わらずふたたび滑って転び、これで完全に心が折れたようでしくしく泣き出して、しくしく泣かれてもハセツネは13時にスタートしてしまうので、幸いケガがなかったこともあり、しくしく泣く娘を引きずるようにして下山しているところを、メテオデさん率いるブログ村のハセツネ応援団とすれ違うという大事故を起こしたところが、今回の今熊ハイキングのハイライトでした…!(ごあいさつもせず失礼いたしました...)(でもあの少し前までほんとに楽しそうに歩いてたんですほんとに!!)

 

13時05分、今熊神社到着!!!

間に合った…!!!

f:id:shin_kuroiwa:20171019200005j:image

 (「すごい! がんばった! 間に合った! エライ! さいこう!」と褒めながらザックを下ろしてお菓子をあげたらとたんにご機嫌になってくれたのでありがとう小学2年生)

 

歩いたコース。

f:id:shin_kuroiwa:20171019200229j:image

 

f:id:shin_kuroiwa:20171019200256j:image

 エプソンさんによると距離にして4.6km、累積標高は671mでした。

あれ...イメージよりたいしたことなかったな…。

 

今回ハセツネを走る友人は、ランナー婦人会(という飲み会を私が以前主催していたのです)のお友達のわたなべさん(あだ名・わたなべ隊長)とQULIさん(あだ名・くり軍曹)。

おふたりは奇しくも昨年、自称・孤高のカルトマラソンブロガーけんいちさんが主催した「エア柴又(柴又100Kというマラソン大会を走っている「てい」で、ひとりで60km、あるいは100kmを走るというテンションが振り切れた企画)」の完走者でもあります。

 

いや、「奇しくも」っていうか・・・。

そういうタイプの方々ですよね、ハセツネを走るのは。

ほんとすごい...尊敬しかない...。

 

この日のために、霊験あらたかな某プロトレイルランナーの写真入りうちわを娘と作成いたしました。気合。

 f:id:shin_kuroiwa:20171019200632j:image

(霊験あらたかとは→【速報】お財布見つかりましたー!!!

 娘も工作が大好きなのでふたりでノリノリで作ったものの、いざ当日になると選手とのあまりの距離の近さにふざけた応援がためらわれ、ほぼ使用しませんでした。小心者です。

 

トップ選手の通過は13時15分ごろ。
 

 

トップ集団ハンパない!!!!!!!

体重を感じさせない軽やかな走りで、あっという間に急な階段を登っていきました。

なにいまの…体重が羽毛くらいしかないの…?

かっこいーーーー!!!

 

優勝者の上田選手の画像置いておきますね!

f:id:shin_kuroiwa:20171019200206j:plain

トレランは「沿道」と「コース」がめっちゃくっちゃ近くてトップ選手の息遣いが聞こえるレベルなのよすごいわよ…...!

(上田選手は最近ブログをスタートし、ハセツネの記事では「彼女にカッコいいところを見せたかった」って堂々の交際宣言(?)をしてたので、「漢(おとこ)やん...!!!」と、私の中で株が爆上がりしています)

 

 

............。

ですよね!!

 

それでもわたなべ隊長とくり軍曹が一緒に階段を上がってきたときには、娘も立って応援してくれました!!

 

レース序盤とはいえふたりとも素敵な笑顔で、嬉しそうに景色の写真を撮ったり、沿道の応援に会釈して答えていたり、ハセツネを満喫している姿が印象的でした。

会いに行ってよかった!!

 

わたなべ隊長の速報

hatakofuru.hatenablog.com

 

隊長のレースレポートはこちらから

hatakofuru.hatenablog.com

 

何かに打ち込んでいる人の姿はまぶしく見えますね…。

(あっ、私もオタク活動にいきいき打ち込んでます!!)

 

ランナーもまばらになってきたところで神社を出発し、今熊山登山口のバス停から八王子駅までバスで戻り(八王子駅到着は15時20分ごろだったと思います)、サーティーワンアイスクリームで打ち上げ。

 

がんばったからダブルいっとこ!!

f:id:shin_kuroiwa:20171019200414j:image

 

私「来年も行こうよ!」

娘「滝だけならいいよ」

私(滝まで行ったら引き返すより今熊山登ったほうが楽だから、来年も来られるな...)」

 

 家族レジャーとしてのハセツネ応援、おすすめです!!!

 (次回があればもうちょっと計画的に時間管理します!)

 

?