働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【市民ランナーの永遠のテーマ】限られたリソースをどう振り分けるか問題

私が2次元の沼に沈み、氷の上のすべてを「愛」と呼んでいる間に(私がドハマリしているフィギュアスケートアニメ「ユーリ!!! on ICE」にそういうセリフがある)3次元ではいつのまにか20日もの月日が経過していました。

 

えっ...?

前回レースレポのまとめを更新したのって、3日くらい前じゃなかった...?

 

次元の...ゆがみが...。

 

浮沈の激しいマラソンブログ界、かつてブログ村マラソンカテゴリにくろいわという経産婦がいたことを、覚えていらっしゃいますか…(まだいます)。

 

先週まで「走ってないことはない」というレベルでしたが、昨日から金哲彦さんのトレーニングメニューにおける「走り込み期」に突入し、6日連続走るという金コーチ鬼シゴキメニュー、略して「6連金」がスタートしてしまい、気合を入れるために久々の更新です。

秋レースで仕上がらないまでも、レースをまとめられる程度、具体的にギリサブ4できるくらいには走力を戻したい...ていうかそうしないと秋レース完走できない...(レースの選択を完全に間違えた)

 

さて、表題の件。

まだブログを書いていない一読者だったころ、更新のなくなってしまった好きなブログの過去ログを読みながら、

「Aさん...あんなに楽しそうに走っててサブ3.5目前だったのに、どうしてブログやめちゃったんだろう。走るのもやめちゃったのかな...」

と切ない気持ちになっていた時代が、私にもありました。

 

最近身にしみて分かったんですけど、「お金」「時間」「情熱」等のリソース(資源)って限りがあるんですよね。

それをどう配分するかがその人の人生の「在り方」であって、その配分は常に変化するもので、ララァ・スンも機動戦士ガンダム第41話「光る宇宙」でシャアをかばってガンダムのサーベルを受けながら「人は変わっていくのね…」って言ってた。アムロ、刻が見える...!! って。ララァが。

 

というわけでここ最近のわたしの状況について…(マラソンの話はないです)。

 

もはや産後ではない 編

ものすごく乱暴な言い方ですが、人を「体育会系」と「文化系」の2つの成分(合わせて100とする)に分けると、私は確実に「文化系100」です。

少し前のブログにも書いたんですが、最近娘が付き合ってくれるから、美術館や博物館にどんどん行けるようになって、ほんと楽しい!!

楽しい!!!

6月に横浜美術館でドレスを観て心が洗われた後、7月はサントリー美術館まで玉手箱を。

f:id:shin_kuroiwa:20170920142145j:image

螺鈿細工にうっとりして、8月には箱根旅行がてら彫刻の森美術館にも行ったし、

f:id:shin_kuroiwa:20170920142538j:plain

(この日は一刻も早く宿に入りたい娘がめちゃくちゃぶーたれてました)

 

9月頭には横浜そごう美術館でレオナルド・ダ・ヴィンチ展。

f:id:shin_kuroiwa:20170920142748j:image

触れる模型が多くて私も娘もテンション上がった!!

 

最近の美術館は小学生向けのジュニアガイドが充実してて(小学生入場無料がほとんどなのに)子どもが飽きないくふうをして下さってありがたすぎる...。

10月は横浜トリエンナーレに行きたい!

 

6月から4ヶ月連続で美術館に足を運べる環境が…幸せすぎて...。乳幼児育児中はこういう文化活動ってとことん後回しになるじゃないですか。もはや産後ではない。約8年子育て頑張ってよかった(号泣)

 

調子こいて夏休みは文化活動を強化し、親子向けプログラムのオーケストラとバレエ鑑賞を楽しみ、日生劇場の親子寄席を聴き、みなとみらいの恐竜展で興奮し、初めてのディズニー・オン・アイスにも行きました。

 

あ、こちらがディズニー・オン・アイスで娘に買わされた2700円のピカピカ光る杖です。ご査収ください。

f:id:shin_kuroiwa:20170920142626j:image

 (入場直後は「キラキラするライトとかいらないしwww」などと斜に構えていた小2女児でしたが、アナと雪の女王のプログラムを観て陥落し「これ、どうしてもほしい」と迫ってきた)

 

あああああ文化系欲が満たされるーーー!!

 

あと女の子育児の醍醐味だと思うんですけど、ふたりで温泉施設に行けるんですよね。小2になると一緒にゆっくりつかれるし。

写真右は、「あの...茶そばの天ざるお願いします…」って控えめに注文したのに、店員さんが元気よく「ヴィクトル(私の推しのロシア人)の天ざるでーす!!」って運んできてくれた「ユーリ!!! on ICE」と大江戸温泉のコラボメニューです。

ちょ...子どもの前でやめてください!!
 

 沼が思った以上に深かった 編

そう。ユーリ!!! on ICEですよ。沼が思った以上に深い。こんなんマラソンブログに書いていいのか…?

大江戸温泉コラボとかサンリオコラボとか(サンリオコラボのLINEスタンプ速攻買った)すでに供給過多で溺れそうなのに、今週末からテレビシリーズの4DX上映(当日券2500円×3週連続)が始まるんですよね。全部行くけど。

 

4DXの前に大画面&大音量での鑑賞に耐性をつけないと刺激が強すぎて劇場から死体で搬送されるんじゃないかってマラソン友達だったはずの加古川婦人と話し合って、先日、大井町のカラオケの鉄人で、6時間弱耐久「セルフ一挙放送」を実施してきました。

 f:id:shin_kuroiwa:20170920142849j:image

一年前なら確実に、山なり、坂なり、皇居なりに、一緒に走りに行っていたであろう6時間を...オタク活動に費やして...。

 

第7滑走で「しんどい」「死んでしまう」とうずくまり、あわやDNFかと思われましたが、無事に持ち直して最終滑走まで完走し、「感動した」「劇場で絶対泣く」「まだ2時間くらいしか経ってなくない?」「もう一周観たい」等ひとしきり吐き出した後、何かに取り付かれたようなうつろな目つきのまま、おぼつかない足取りで大井町を後にしました。

 

あと、オタク活動はユーリ!!!だけじゃない…。

 

 こういった文化活動の活動費がどこから出るかというと、わたし個人の可処分所得、つまりマラソン原資と同じ場所から出るわけで、さらに自由時間は(娘と遊べる範囲が広がったとはいえ)マラソンに集中投資してたころと大して変わりはないわけで、時間もお金も全然足りない...。

 

走るのも好きだけど文化系活動も超楽しい!!! という。

板ばさみで。

 

べ、別府...。

 

(この話し、続きます)

(6連金だから今日も走る)

 

?