働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その2】"攻めの歩き”とか軽率に言うもんじゃない〜第37回富士吉田火祭りロードレース

(前回まで→【その1】体重プラス5.5kgからのハーフマラソン~第37回富士吉田火祭りロードレースレポ~ - 働くお母さんが走るブログ

 

なぜ私が軽率に「2時間以内」の待機列に並んだかというと、事前情報で「普通のハーフのコースよりプラス10~15分」という情報を得ていたからです。

ベスト体重から5.5kg増の私は、

「サブ4ペースの5分40秒でハーフ走ったら1時間50分くらいだよね? じゃあプラス10分として2時間くらいで走れるっしょ!!」

って思っていたわけですが、5分40秒でハーフ走ったらどう考えたって2時間かかるんですよ、だってフルで4時間なんだから。

中性脂肪に侵されて、もともと少ないキレを失っただけでなく、初歩の算数もできないレベルにまで脳の機能が低下していたようです。プラス5.5kgこわい。

 

4時間の半分は2時間。くろいわ、覚えた。

(いま振り返れば「プラス10~15分」と言われているコースを2時間15分弱で走れたので、フラットなハーフならサブ4ペースで走れるだろ、という野生のカンはいいセン行ってたんですね、算数ができなかっただけで)

 

予定通り、9時30分に号砲。

f:id:shin_kuroiwa:20170829152654j:plain

スタートロスは約1分半。
 晴れていたので暑くなるのを心配していたのですが、標高1000mの高地ですし、コースの大部分は木陰のある林道でしたから、8月にしては快適に走れました。

道が狭く、スタート直後はやや詰まりましたが、タイム狙いではないため周囲にあわせてジョグペースで走ります。

f:id:shin_kuroiwa:20170829152717j:plain

スタート直後は大きな起伏もなく(高低図を見返したら下り基調だったようです)、キロ6分半くらいで走っている印象でしたが、最初の1kmのラップは5分45秒。おお、幸先が良い!

 

毎回載せていますが、この高低図。

f:id:shin_kuroiwa:20170827121652j:plain

 

3km手前から続くなが~~~~い上り坂をはじめ、コースのアップダウンはきついものの、全体を通して「ガッツを持って頑張りに頑張り抜けば走り通せるレベルのダラダラした長い坂」という印象でした(私は歩き倒しましたが)。

ピッチと呼吸を合わせ、リズムを意識して上っていきます。どうでもいい話なんですが、私は4ピッチ1セット、2歩で「フーッ」と一呼吸深く吐き、残り2歩で短く2回吸うのが走りやすいです。

 

ちなみに暑さを恐れすぎて(あと高速バスだから乗る前の水分を控えてたのもあって...)会場到着後に水をがぶ飲みし、さらにスタート30分前に赤いアミノバイタルのゼリーも飲んだため、4km手前、最初のエイドのトイレにさっそくお世話になりました…。

f:id:shin_kuroiwa:20170829152745j:plain

(すべてのエイドかどうかは確認できていないのですが、エイドにおけるトイレの設置率は高かったです)

 

スッキリしたらエイドで給水し、首の後ろに水をかぶって、出発。

給水所のすぐ先は未舗装路でした。このゆるい傾斜の上り坂が、とにかく走りにくい。

f:id:shin_kuroiwa:20170827133026j:image

表面が砂っぽくて、地面を蹴っても力がうまく伝わない。

足がとられて削られる…!!

さらに未舗装路は道が狭い箇所が多く、頑張って走っても前の参加者との距離が詰まり、追い抜けず、思うようなペースで進めません。

ていうか頑張ってもそんなスピード出ないし…あっ…!

 

ふと思い立って、走るのをやめて、早歩きに切り替えてみました。

 

走るのと…そんなに...ペース変わらないじゃん...!

 

というわけで、前の参加者との距離が詰まったら早歩きに切り替え、少し間が開いたら小走りでまた間合いを詰める、という作戦に。

これって「攻めの歩き」ってヤツじゃない!?(ってこの時は思ってたけど、過去の記事を読み返して確認したら全然違うっていうか、むしろ真逆の意味でした)

走るのと歩くので使う筋肉も違うから、足を温存できるし、私、天才かも!! よし! 攻めの歩き!!(繰り返しますが誤用です)

 

 未舗装路は1km弱続き、舗装路に出ても上りは続きます。

 ここでも私は「攻めの歩き(誤用)作戦」を継続したわけですが。

 

あの、この「攻めの歩き(誤用)作戦」ですけど、何というか、執念がないと、やっちゃダメ。プラス5.5kgまで太った人間が、軽率にやっていい作戦じゃない。

 

最初は「あー歩き混じった方がぜんぜんラク!」って思うんですよ。

同じようなペースで走ってた人を勝手にぺーサーにして(もちろんバレないように一定の距離は開けるし視界に入らないように常に後方を走る)追いかけていくわけですが、これ、すぐ、ついていけなくなるんですよね。

そりゃそうですよね。ダラダラ続く上り坂をずっと走る根性のある人に、休むために歩く奴が、追いつけるわけがないですよねぇ~~~!

うん知ってた~~~~!!

 

1~5km 5'45 / 6'01 / 6'02 / 8'21 / 7'52 

6~10km  6'55 / 7'45 / 7'12 /7'04 / 6'04

 

4kmのラップがトイレ・給水・トレイルでエライことになっております。

 6kmのラップがちょっといいのは、5kmすぎから距離にして400mくらい一気に下るからで、

「あれ!? 高低図にあった大きい上り坂って5kmまでだったっけ? こっから下り基調だっけ? そっか! やったーーーー!!」

って思い込んで張り切って駆け下ったら、駆け下った地点から2kmくらいひたすらダラダラダラダラ上らされるという、ドSなコースになっております。

 エグいぜ…。

 

続きます。

 

 

 

?