読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その4】「激沈」たちのエール交換と25kmまで〜第5回サンスポ古河はなももマラソンレースレポ

(前回まで→【その3】序盤でも、必要なのは「強いメンタル」!〜第5回サンスポ古河はなももマラソンレースレポ

 

古河はなももマラソンは折り返しが多く、コースの大部分で他のランナーとすれ違えます。せっかくなので数少ない知人を探しながら走りました。

 

まずは激沈上等Tシャツの作成者であるキミ兄さんを発見(以前坂練でご一緒したので面識あり)。対向車線から「にいさーーーーん!!」と叫んだら気付いてもらえました。

兄さんに手を振りながら、

(まさか自分の人生で「兄さん」って絶叫する日が来るとは思わなかったな…兄なんていないのに…)

(「兄さん」って…セイラ・マスかよ…)

と、思っていました。

 

 

次に見つけたのは以前新横ぐるぐるでご一緒したアメブロのはっち。さんTEAM50Tシャツの鮮やかなロイヤルブルーと目に止まりやすい胸のロゴのおかげでこちらもすぐに発見。

「はっちさーん、はっちさーん!」と公衆の面前、具体的にはフルマラソンの参加者8000人の真ん中で連呼しました、ハンドルネームを(大丈夫でしたかね…?)。

 

 それぞれ2回ずつエールを交わせましたが、前半も後半も力強い足取りで走っていらしたと思ったら、お二方ともPBを更新されたそうです。

おめでとうございます!!

 

ランナー婦人会のお友達を探しながら、すれ違う激沈上等Tシャツのランナーにも声をかけていきます。

 とはいえ人見知りなので面識のない方にいきなり声をかけるなんてできるはずもなく、対向車線に激沈上等Tシャツを見つけるたび、サングラス越しにじとっとした暗い熱い視線を送り、向こうがこちらに気づいたら、軽く手を上げながら「げきちんファイト!」「げきちん頑張って!」とエールを送る作戦で。

 

面識がないのでお声がけした時は分からなかったのですが、ブログ村のまっつんさんともエールを交換。あとはさいたま国際マラソンのコース上で声をかけたワタナベさんも激沈Tシャツを着ていて、見つけた瞬間、名前を呼ぶか悩んだのですが、結局「激沈がんばって!」と他人行儀にエールを送りました(コミュ障)。

終盤で激沈上等Tシャツに紫のアフロをかぶった男性にも声をかけてもらいました。お互い相手の正体を知らないまま激励し合ったが、のちに鈍足親父さんと判明。

 

沿道の応援の方の中にもたくさんの激沈Tシャツがいて、お互い素性を知らないのに、同じTシャツのランナーだからという理由で激励するというゆるい連帯が、インターネットのサービスで例えるとTwitterっぽくて面白い。

 

あと、

(みんな撃沈しないように走っているのに「げきちんファイト!」って声をかけあうエール交換なんて、妙な話だよな…)

 

おかしくて、途中から声をかけるたびに笑ってしまいました。

 

【尋ね人】3カ所くらい移動しながら沿道で応援してくださった30代~40代くらいの黒髪の男前(激沈Tと黒いサンバイザーだった記憶)は、どなただったのでしょうか。てっきりブログ村の方だと思っていたら、レース後に顔の広い方に聞いても「心当たりがない」と言われて「誰だったの!?」ってとても気になっています。最初は10kmくらいにいらっしゃって、別の場所では「5分10秒!」って励まして下さったあなたですー! 見てたら連絡くださいー!!(あれは私の白昼夢だったの…?) 

 

 

コースの一部には林道もあります。ひんやりした木陰が気持ちいい。

f:id:shin_kuroiwa:20170314230112j:plain

 

あとは畑(はなもも、なかったよね…?)

f:id:shin_kuroiwa:20170316011505j:image

この写真の先で左折するので、畑の向こうに、先行するランナーのカラフルなウェアが見えました。

 (写真だと米粒より小さくしか見えないね…)

 

16~20km(公式ラップ 26分7秒 5'13/km)

5'11 / 5'05 / 5'12 / 5'07 /5'13

(ラップが10秒台を切っているところは、ゆるい下りに身を任せて走った記憶…)

 

通過時刻は11時46分。

予定通過時刻ぴったり。よし。

 

うわっ、収容バス! 2台も並んでるよ。こわっ!

f:id:shin_kuroiwa:20170316011610j:image

どんなに自分が好調でも、このバスを見ると、気持ちがピリッとします。

 

この直後。曲がり角の直前でした。

 

ん?

20kmすぎたばっかりなのに、なぜここに計測マットが敷かれて…。

 

通り過ぎてから気付きました。

 

あーーーーー!!!

中間点かーーーーー!!!

 

ハーフのタイムを確認しようと思っていたのに痛恨のミス!!

 

半分、と認識すると、腿の周りが、じんわりと熱くなってくるような感覚がありました。序盤ではどうってことのない太腿の厚い脂肪が、後半に向けてじわじわと「おもり」に変わっていくこの過程。

 

フルマラソンの中間って、脚にこれくらいの「重さ」があっていいんだっけ?

思い出せない。

 少なくとも2月の青梅ではこの時点ですでに死んでたな…(【その4】ブログ村エイドと婦人会エイド~第51回青梅マラソンレースレポ

 

あの日の20km地点は残り10kmのあまりの長さに絶望していたけど、今日は残りが21kmあっても、行ける、気がする、たぶん。

 

でも…青梅の30kmすら耐えられなかったのに…。

 

42.195kmの長丁場、残り半分、何があっても不思議ではありません。

どうかこの疲労感が私の心や体に悪さをしませんように、と祈りながら走ります。

 

ここまでは「気を抜くとペースを上げてしまう」という感覚でしたが、この辺りから「油断してペースが落ちないよう気をつける」というふうに走り方が変わってきました。

 

中間点で左折したら、 22km手前で折り返し、という慌しい方向転換。

22kmに大規模な私設エイドを見つけました。

f:id:shin_kuroiwa:20170316011932j:image

ここで2本目のジェルをとります。ワンセコンドCCD。

10kmではレモン風味でしたが、ここではカフェイン25mg入りのライチ味。

 

ジェルの甘みを流し込むために、エイドで水分の入ったコップをもらいました。

一口だけ飲み込んで、残りを首の裏にかけた瞬間。

舌の上に……スポーツドリンクの味が広がったー!

スポーツドリンク、首の裏にかぶったー!!!

(別の給水所で気持ち多めに水をかぶりました!!!)

 ううっ…。

 

角を曲がると長い直線道路。

 f:id:shin_kuroiwa:20170316011957j:image

遠くまで見通せるまっすぐな道路はすこし下り気味になっていて、これスライド区間だから、復路で登らされるんだよな…。

エグくない…?

(実際折り返すとほぼフラットの感覚で、坂を登っている感じはなかったです。それくらいゆるーーーい傾斜)

 

f:id:shin_kuroiwa:20170316012021j:image

 

25kmの通過時刻は12時13分。

予定通過タイムとぴったり同じ。

 

想定ペースより微妙に速い割に、貯金が増えないな、と少し不満に思っていました。

 

でもまだガマン。

あと5km…あ、いやあと7km…あ、でも35kmからだとあと10km…?

とにかく、ここまでコツコツ積み上げた2時間13分を、最後まで大事に守りきること。

様子を見ながらスパートをかける地点を決めて、本番はそこから。

まだガマン。

 

21~25km(公式ラップ 26分21秒 5'16/km)

5'11 / 5'11 / 5'23 / 5'06 / 5'11

 

 続きます。

 

 

?