働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その3】序盤でも、必要なのは「強いメンタル」!〜第5回サンスポ古河はなももマラソンレースレポ

 (前回まで→【その2】とにかく、とにかく手堅い走りで(激沈Tだけど)〜第5回サンスポ古河はなももマラソンレースレポ

 

※回を追うごとに私の生来の性格のキツさがどんどん出て来ますので、【その1】の「まえがき」をご一読の上で読み進めて頂きますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 ***********************

古河はなももマラソンのコースの感想を過去の参加者に聞いてみると、みんな言う事が違う。

 

(1)記録更新が狙えるフラットなコース

(2)思ったより坂がある。覚悟してかかるべき

(3)多少起伏があるけどまあイーブンで走れる

 

今回実際に走ってみた印象は「フラットは言いすぎだけど、多少の起伏があるという程度で坂というほどの坂はない」という感じ。上記の(3)ですね。イーブンで走れます。

 

それにしても、不安だったのがこの日差しですよ。

f:id:shin_kuroiwa:20170312205545j:plain

晴れすぎ!!(影の濃さ!!)

 

暑くなったらどうしよう…。

 

幸いこの日は湿度が低く、風もそれなりに吹いて汗が乾くので、不快指数は高くありません。

 のどの渇きは感じませんでしたが脱水が怖いので、最初の給水所で水をもらい、ひと口だけ飲みました。

 

給水所の区間はまあまあ長いのですが、見通しが悪いコースに間隔を開けてポツン、ポツンと長机が配置してあるのでランナーからは全体像が把握しにくい…。そのため前方の長机にランナーが集中して、給水が追いついていないような印象でした。

 

コースに戻り、そういえばいま何kmだろう、そろそろ5kmくらいかな…と沿道の距離表示の看板を見ると…

 

「7km」

 

もう!? あっという間!

やっぱり今日は調子がいい。

 

6〜10km(公式ラップ 26分13秒  5'14/km)

手元の時計  5'11 / 5'11 / 5'13 / 5'11 / 5'11

(すでに公式ラップと結構ずれてますね)

 

ラップごとのタイムを確認するたびに(精密機械のようだわ…)とウットリしていました。

普段の練習ではあれだけペースコントロールに苦心してたのに。

いまなら5分10秒のペーサーできるわ。

私すげえ。

絶好調じゃん!!

 

って。

 

こういう時が、危ないんですよね。

 

 

10kmくらいって、ちょうど身体も温まってきて、調子が良いような「錯覚」に陥って、ついついペースが上がっちゃうんですよね。

 

ペースチャートをポケットから出して広げると、10kmの予定通過タイムは53分20秒。

看板の真横を通ったとき、手元の時計では53分より少し速いくらいでした。

 

(スタートロスまでは飲み込めなかった…)

 

必要もないのに、少し、焦っていたんだと思います。

 

10kmを過ぎた最初の給水所が見えたところで、最初のエネルギー補給。

ジェル(ワンセコンドCCD)を飲み、水で流し、水の残りは首の後ろにかけて体を冷やします。

 

ここで給水ロスを取り戻すべく、自然とペースアップしちゃったんですね。

 

いや、違います。

 

自然となんて、上がらないんですよ。ペースは。

私の身体は私が動かしているんだから。

私が、上げたんですよ。

 

 

前述のように身体が温まってくる区間ですから、周囲も自然とペースアップして、イーブンで走っているはずなのにどんどん追い抜かれるんですね。

 

飲まれた。雰囲気に。

 

11〜15km(公式ラップ 25分55秒  5'11/km)

5'17 / 5'10 / 5'06 / 5'09 / 5'06

 

12km以降、5分10秒を切るラップが続き、14kmくらいで「さすがにまずい」 と気付いたものの、15kmでどうしてもスタートロスを返したくてペースアップしてしまう始末。下り基調でもあったし。

 

15kmの通過予定タイムは1時間20分。

 

通過時刻(10時スタート)は…11時20分。

 

よし、借金は返した。

グロスで3時間45分カット、行ける。

 落ち着こう。立て直せ。ここからはまた5分15秒でいい。

 

 

先日の青梅の惨敗で「はじめてのポジティブスプリット」なんて反省文を書きましたが、実は違いました。辛いことや苦しいこと、都合の悪いことは忘れるようにできていますね。ブログを読み返したら鮮明に思い出したけど。

第1回さいたま国際マラソンですよ。

前半 1時間47分58秒(5'07/km)
後半   1時間49分29秒(5'12/km)

ポジティブ…!!

 

辛かったんですよね。

こう書き残しています。

ゴールして一番最初に頭に浮かんだことは、


(来年は、絶対出ない…!!)

(実際に今年もエントリーしてないし来年もエントリーしない)

この時はハーフで「終わった」と確信できた。

あれだけは絶対に避けたい。1年ぶりのフルだし。激沈T着てるし。

 

 

フルマラソンはフィジカルに加えて、メンタルの強さが記録に直結するスポーツだと私は思っています。

「メンタル」とは、つらくなってきた終盤に粘ることだけではなく、調子が良い(という幻想を抱きやすい)前半にどれだけ冷静に自分を律することができるかも同じくらい(フルに関してはもしかしたら終盤以上に)大切なんじゃないかと、ネガティヴスプリット至上主義の立場として、今回特に感じました。

 

 「調子こいて飛ばしちゃって前半が一番ノリノリでした☆」なんてクッソださいレース、今回はしたくない。

 

ここで追い抜かれたからって、なんだよ。

私のレースなんだから、他人は関係ない。

私は35kmまで5分15秒イーブンで走って、37kmから本気出して、「激沈上等」の背中を見せつけながら、 いま抜いていったやつらをごぼう抜きにするんだ(他人、関係あった)

 

と、思った。

 

 

あ、そうそう。

15kmの手前でした。記録用の写真を撮ろうとスマホを手に持って走っていたら、対向するコースから私の方向に向かって、2人くらいのランナーから立て続けに、

「○$%!!」

「○$%ファイトー!!」

って声援が飛んで来たんですよ。

 

私の耳には「電柱!」って聞こえたんですね。

「電柱ファイトー!」って。

というのも、新宿シティハーフで全身を覆う鉛筆のコスプレをしているお兄さんが強く印象に残っていたから。

だから電柱のコスプレをした、長い棒状のお兄さんが軽快に走っているイメージが、脳内に、鮮明に、映像として浮かんだんですよね。

 

「えっ、電柱コスプレが5分15秒ペースで走ってんの!? すげえな!!」って。何ならチラッと後ろを見た。いなかったけど、電柱。

 

15kmの看板にカメラを向けながら、その時、ようやく耳から入った「○$%!!」が、脳の回路まで到達しました。

 

あ!!!

「電柱」じゃなくて「げきちん」って言ってたのか!!!!!

 

私のことか!!

(あの時、結果的に無視することになってしまった方へ。脳に酸素が回っておりませんでした。大変失礼致しました)

 f:id:shin_kuroiwa:20170314230052j:image

 ああっ…。

またどこかですれ違うだろうから、罪滅ぼしに、激沈Tシャツには積極的に声をかけていこう、と反省しながら、計測マットをまたぎました。

 

 

 続きます。

 

 

 

?