読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その2】とにかく、とにかく手堅い走りで(激沈Tだけど)〜第5回サンスポ古河はなももマラソンレースレポ

(前回まで→ 【その1】来年は静岡を走るからな…と思いながら、号砲〜第5回サンスポ古河はなももマラソンレースレポ

 

 

【まえがき】これは私の個人ブログであり、ここに書くことはあくまで私個人の感じたことや好きなこと、考え方を書き残す場です。クドくなるから省略しているけれど、すべての文章の文頭には「私は」、末尾には「と思う」が付いていると思って読んで下さい(実際そうだから)。

今回私はネガティブスプリットをどうしてもキメたかったので、脳内を「ネガティブスプリット礼賛」一色に染めて走りました。ほかのアプローチを否定するものではありません。今回は「勝負」をしに行っていないので、「勝負」をかける場合との心理状態も異なります。

(勝負した時はこんな感じね!→【その1】静岡なのに雨じゃない…だと…?〜静岡マラソン2016レースレポ〜

私はこれまでもブログに自分の半径5m以内のことしか書いてないし、これからも半径5m以内のことしか書けないし、すべてのランナーに配慮してブログを書くことはできません。その点、よろしくお願いします。

(こんくらい書けばいいですか…)

 

**********************************************

 

30kmレースペース走として挑戦した、青梅マラソンでの大撃沈が、尾を引いていました。

 

(私の価値観では)「PBか、死か」というような一か八かの勝負は、裏付けに質・量ともに十分な練習があってこそ散っても美しいのであって、練習不足で突っ込むようなことは、絶対にしてはいけないのだ(と私個人の感想ではそう思った)、と反省したあの日…(あくまで個人の見解です)。

※()内、以下略。

 

私のPBは去年の静岡で出した3時間34分台で、セカンドベストは同じシーズンの秋に走った第1回さいたま国際マラソンの3時間38分台。

昨シーズンは月間200km走り込んでいたけれど、今季は1度も200kmを超えた月はありませんでした。とてもPBなんて狙える状況ではありません。

 

ではこの1年ぶりのフルマラソンを、何を目標に走ればいいのか。

 

現状の実力でおそらくは狙えるであろう3時間45分を絶対にカットすることと、自分の思い通りのレースにすることだけは、守ろうと決めていました。

 

どう走るか、というのは、本来、目標タイム達成という「目的」のための「手段」に過ぎません。ただ、今回はネガティヴで走る、ということを、強く「目的」として意識していました。

 

私の持ち味は「後半型」のレース展開。

悔しさではなくレースの楽しさを抱えて、来季、「別大」という目標に向かって前向きに進めるよう、プラン通りに走って、とにかく気持ちよくレースを終えたい…!

 

 

さて。

号砲とともに待機列が動き出したものの、スタート地点を越えてもこの混雑。

f:id:shin_kuroiwa:20170312205121j:image

道幅が狭いからなかなかバラけず、追い越しも難しいので、

 

(これが勝負レースだったら泣いちゃうな…)

(やはり来年は静岡で…)

(いや、東京マラソンに当たるんだった…)

 

と雑念だらけで走ります。

 

雰囲気に飲まれないよう、最初の1kmは、絶対、ぜーったいに、5分30秒より遅いペースで入ると決めていました。

コースには1kmごとに距離表示の看板が設置されています。1kmの看板の通過とほぼ同時に振動したGPSウォッチのラップタイムは、

 

5分31秒

 

よし!! 抑えた! 偉い!!

 

1kmのラップを確認するとGPSウォッチの表示を「1kmごとのラップのペース」と「そのラップの距離」の2種類だけが表示される画面に切り替えました。

 

今回の設定ペースは1km当たり5分20秒。

時計と実際の距離の誤差を見越して、1ラップ(1km)ごとに、5分15秒前後で走るつもりでした。5分10秒よりは早く走らないし、5分20秒よりは遅く走らない。

いくら調子が良いと感じても、それは幻想にすぎないから、絶対にキロ5は切らない。手堅く。

(全体のペースは5kmごとに、ペースチャートと照らし合わせて確認しました)

 

レースの高揚感なのか、キロ5分30秒が、まるでキロ6のジョグのようでした。

ともすれば簡単に5分台一桁秒まで上がってしまうラップペースを抑えるため、どうどう、と馬をいなすような気持ちで、ピッチを調整します。

 

調子に乗らないために、役に立ったのはこの激沈上等Tシャツ。

f:id:shin_kuroiwa:20170312144922j:plain

ランナー婦人会のお友達2人が、京都と静岡でそれぞれこれを着て撃沈せずにPBを更新しているのを見て「縁起がいい! 私もあやかりたい!」って、この日のウエアに選んだんです。

必死でしょ。必死でした。だって1年ぶりだもん、フルマラソン。

 

これすごい。

着ると自制心が働きまくる。

 

だって、これ着て撃沈できないじゃないですか。

 

これを着て終盤に歩いたりしてたら、周りから「げきちんがんばれー!」って言われるわけじゃないですか。撃沈の最中に。想像だけで泣ける。

 

 

序盤に抑えて、35km以降にペースアップして、「激沈上等」の4文字を背負い、力強く、かっこよく、ごぼう抜きしながらラスト5kmを駆け抜けるのが私のマラソンだ…!

 

 

古河はなももマラソンのコースの最大の特徴は、何と言ってもこの折り返しの多さ、ひいてはスライド区間の長さでしょう。

コース図

公式サイトより引用→コース&アクセス | サンスポ古河はなももマラソン【公式】

 

スタート時刻から20分、4kmより手前で先頭ランナーとすれ違います。

f:id:shin_kuroiwa:20170312205203j:image

 

先頭グループが弾丸のように駆け抜けた後、ランシャツランパン族の俊足ランナー集団が力強い走りで対向車線を爆走してきました(右手側)。

f:id:shin_kuroiwa:20170312205354j:image

俊足ランナー…見とれてしまう…。

 

好みは分かれるのでしょうが、今回走ってみて、私は好きでした。スライドコース。

他のランナーを眺めながら走っていると気がまぎれるし、飽きないのでダレずに走れます。

 

スライドに気を取られすぎるとついついペースが速くなってしまうので、とにかく頻繁に時計をチェックして、5分10秒~20秒を外れないように。

 

5kmまで(公式のラップ 26分45秒、5'21/km)

手元の時計 5’31 / 5'15 / 5'13 / 5'12 / 5'17

 

1kmごとのラップを見るたびに、楽しさしかなかったですよね。

 

ああっ、なにこれ!! って。

イメージどおり!! 思い通りにしか走れてない!!

やればできるじゃん!!

 

 この日はお天気にも恵まれて、日差しはやや強いものの、風があるので汗が乾きやすく、体感的には気温もさほど暑くはなかったです。

どうしちゃったの? って心配になるくらい、私のコンディションも最高でした。5分10秒前半で走ってもジョグのような感覚のままで、呼吸もまったく苦しくありません。

 

でもここで調子に乗るのは絶対にダメ。タイムの貯金は身体の借金。

 

手堅く。とにかく手堅く、と念仏のように唱えながら、たんたんと、ラップを刻んで行きました(激沈上等Tシャツだけど、手堅く)。

 

 

続きます。

 

 

?