読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その1】来年は静岡を走るからな…と思いながら、号砲〜第5回サンスポ古河はなももマラソンレースレポ

初めての古河はなももマラソン、タイムスケジュールも含めて全部書きます!

 

****************************************

古河はなももマラソンのスタートは午前10時とやや遅め。とはいえゼッケンや参加賞を当日レース前に引き換える必要があります。

古河駅からシャトルバスでアクセスするので、8時半ごろに古河駅に着けばいいかしら…とTwitterで呟いてみたところ、

 

・7時39分着の上野東京ライン(快速ラビット)でも余裕がなかった。

・古河駅は混んでいるので次の野木駅まで行ってシャトルバスに乗ると良い(往路のバスは古河駅と野木駅の2カ所から出ています。復路は古河駅のみ)。

・野木駅へは古河駅で快速ラビットから降りて、同じホームに5分後に来る普通列車で行ける。

 

との情報を得て、そのスケジュール通りに行動してみることにしました(その節はありがとうございました)。

 

横浜駅からの直通電車に乗るからまあ座れるだろうけど、念には念を入れてグリーン券を買ったんですよ。

すぐ座りたいから。

そうしたら。

 

 

えーーーー!!

グリーン車、明らかにランナーばっかり(ジャージ率ほぼ100%)だから古河まで座れない…!!

 

 

私は思いました。

 

来年は、静岡マラソンを走ろうと。

(新横浜始発の新幹線だから確実に座れるので…)

 

泣きながら普通車輌に移ったところ、

 

 (グリーン券は未使用だったので後ほど払い戻してもらいました)

 

そんなこんなで古河駅に到着し、人波に流されないよう到着したホームで各駅停車に乗り換え、野木駅へ。7時49分着。

 

 

 野木だとトイレもそんなに並ばなかったし、駅からすぐ出られるからストレスが少ない。古河はなももマラソンへのアクセスは野木駅が正解だと思います!

(ただ、到着のタイミングによってはバスを待つ時間が長くなるようです)

 

スタッフジャンパーを着た係員さんの誘導に従って駅からシャトルバス乗り場へ。

f:id:shin_kuroiwa:20170312204049j:image

 

立派な観光バスタイプ。

f:id:shin_kuroiwa:20170312204114j:image

野木駅到着が7時49分で、駅のトイレに寄り、駅の改札でグリーン車の払い戻し手続きを行い(野木駅にはみどりの窓口がないので、未使用証明だけをもらい、帰りに古河のみどりの窓口で返金してもらいました)、バスに並び、乗り、バスが発車したのが8時25分頃。そこから15分ほどで会場に到着しました。

 

メイン会場の古河市中央運動公園。

 f:id:shin_kuroiwa:20170312204445j:image

 

ここで福田六花さんを発見したので、お友達のご婦人と写真を撮って頂きました!!

f:id:shin_kuroiwa:20170312204339j:image

幸先が良い!!

(福田六花さんのカリスマ性についてはこちら→【その1】六花さんのカリスマ性がハンパない件~第9回富士山麓トレイルラン

ご夫婦で走られるとのことでした。

 

運動公園を奥まで進んで、ゼッケンと参加賞の引き換えはブロックごとの窓口で行います。

f:id:shin_kuroiwa:20170312204522j:image

 

ステージ前を通りかかったら、半裸の元気な男性が、歌いながら踊り狂っていました。

f:id:shin_kuroiwa:20170312204535j:image

(ゲストの小島よしおさんです)

 

更衣室は温水プールの女子更衣室を利用(体育館の2階も使えます)。

f:id:shin_kuroiwa:20170312204557j:image

更衣室に到着した時点で時刻はすでに9時を回っていました。

 

これからゼッケンをつけて身支度を整え、トイレに並んで荷物を預けに行ったら意外と余裕がないのでは…?

 

バタバタと準備を済ませて(女子トイレの待ちは5分程度でした)、温水プール裏手の荷物預けに並んだのが9時20分過ぎ。

荷物を入れる45リットル程度の透明ビニール袋を受け取り(めちゃくちゃ薄い)、ゼッケンナンバーを書いた紙(事前に送付されてくる用紙に自分で手書きで自分のナンバーを記入する)を見えるように入れ、200円払って預ける、という手順なんですが。

 

これ、待機列じゃなくて、荷物預け待ちの列です…。

f:id:shin_kuroiwa:20170312204615j:image 

なにこの渋滞…。

 

 

私は思いました。

 

来年は、静岡マラソンを走ろうと。

(静岡マラソンは事前に送られてくるひも付きの袋にシール貼る形式だし、小銭も用意しなくていいし、ほとんど待ち時間なしで預けられるので…)

 

 

9時45分頃、ようやく荷物置き場に入場。

ブロックの看板の場所に自分で置く方式です。

f:id:shin_kuroiwa:20170312204643j:image

(これ、雨降ったらぐちゃぐちゃのグランドに直置きになるのか…)

 

間に合わなかったらどうしよう…と小走りでスタート地点に移動し、ブロックに入ったのは9時50分過ぎ。

ギリギリ―!!

2時間前に野木駅に着いたのにぜんぜん余裕なかった!!

 f:id:shin_kuroiwa:20170312204802j:image

 看板は見えないけどGブロックからのスタートでした。

 

普段、私はフルのレースに向けて鏑木毅さんのDVDを観てテンションを上げたり、自分のレースレポートを読み返して勝ちパターンを思い出したり、よそ様のブログでコース研究をしたりして、徐々に「レース仕様」のメンタルを固めて行くんですよ。

 

でも今回は直前の帰省(しかも子連れでお通夜とお葬式)でそんな時間を取れるはずもなく、当日もバタバタして気分を盛り上げるどころではなく、スタート地点でも緊張感がゼロでした。

 

なんとか間に合ったよ~、とホッとして、時計のGPSを補足したり、ブロック後方で小さくストレッチなどをしていたら、あっという間に「スタート30秒前」のアナウンス。

 

えっ!?

ぜんぜん気分が高まってないけど~~~~!?

 

動揺しているうちに、ああっ、スタートしてしまった!!

 

 

 

 つづきます。

 

?