働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その4】ブログ村エイドと婦人会エイド~第51回青梅マラソンレースレポ

(前回まで→【その3】残り20kmの敗戦処理~第51回青梅マラソンレースレポ

 

「お疲れ様です」

 

湘南婦人から落ち着いた声で話しかけられて、私は、「えっ、速っ!」と、間の抜けた返事を返すことしかできませんでした。

 

え? え?

 

ペースが落ちてきたとはいえ手元の時計ではまだ平均ペース5分11秒。

このまま落ちたら後半で追いつかれるかな、と少しは思ってたけど、湘南婦人は後ろのブロックだし、「無理せず行く」って言ってたし、折り返し後のスライドで真後ろにいたりして…って思ってたけど…もう!? スタート前は全然ギラギラしてなかったよね!? いまめちゃくちゃ気合入ってない!? かなり勢いに乗ってるよね!?

 

横に並んだのは一瞬。湘南婦人は声をかけながら、そのまま私を抜き去りました。

 

……引っ張ってもらおうか。

 

誰かに引っ張ってもらうのって、ペースも作りやすいしラクじゃないですか。それに、仲間の力を借りて走ることで、思いも寄らない力が湧いてくるかもしれない。撃沈上等で背中を追いかけて、ゴール後に「湘南婦人のおかげでこのタイムが出せました!」って泣くところまで妄想して、ギアをぐっと…上げ…

 

上がんねぇええええ~~~~~~!!!

 

湘南婦人速すぎてぜんぜん追いつかない…! 

 

(無理しないって言ってたけど…あれ、キロ5出てるよね…)

 

湘南婦人は、ひとり、またひとりとランナーを抜いていきます。のぼり坂も軽々と駆け上がって行って、その推進力が落ちるようすはありませんでした。そして、あっという間に、くろいわからは見えなくなってしまったのでした。

 

~Fin~

 

*********************************

(終わりません)

 

 

走り込みの差…そして……体重…差…(がくり)(やっぱり2時間30分くらいでゴールされたそうです! すごい!!)

 

 

折り返し地点。

f:id:shin_kuroiwa:20170221012604j:plain

折り返しでラップボタンを押して半分までの記録を確認、したつもりが、半分、つまり15km地点は折り返しから400~500m先にあり、15kmの表示を目にしてようやく(あ、そうだった、折り返しが半分じゃないんだった!)って思い出した。

 

ていうか、そんなことも分かんなくなるくらい、頭が回ってないのか。

まずいな。

 

11km~16km(公式ネットタイム 26'38)

手元の時計 5'29 / 5'20 / 5'02 / 5'25 / 5'08

 

もういちどラップボタンを押しながら15kmの計測地点をまたいで、少し先の給水所で水のコップをふたつもらい、ひとつは飲み干し、もうひとつは半分を首の後ろにかけて、残りは靴を濡らさないように足を上げてから前腿にかけました。

 

あと半分で終われる、あとは下り基調、いける、と自分を鼓舞してみたものの、下り坂なのに体が重くて勢いを殺すような走り方をしていた…の…かな…?

 

ええっと…。

 

16~20kmのこの5km、まったく記憶がない…。

瀕死で…。

(スライドで誰も見つけられなかったことと、唇の端が異常に乾いていたことだけを覚えています)

 

16~20km(公式ネットタイム 26'15)

手元の時計 5'01 / 5'13 / 5'15 / 4'54 / 5'29

 

20kmの給水所の手前でショッツのカプチーノ(カフェイン80mg)を口に含み、水と一緒に押し込みました。

 

もう私にはあなた(ショッツ)しかいない。

カフェイン効いて~~~~~~~~~~!!!!!

 

給水所を過ぎてすぐ「ファイトー!」とコースの真ん中から明るい声が聞こえてきて、視線を向けると、あーーー!!

Qちゃん~~~!!(突如表れるため3年連続で写真を撮れず)

 

高橋尚子さんは毎年最後尾から一緒に走ってくれて、コース上でランナーとハイタッチしてくれるんですよ! 弱ってるところに明るい笑顔で励ましてくれるんですよ! 金メダリストなのにすごく気さくに!! もうこれ一撃で好きになる。

好き! 

好きっ!!

QちゃんQちゃんQちゃん!

ハイタッチを!! お願いします!! ありがとうございます!! ありがとうございます!!

 

 

Qちゃんから元気をもらって、ここから先は青梅マラソン復路一番の難所・よろい坂。さっきまでのやる気は一瞬で消え失せ(はかない…)、あ、むり、むり…と歩きそうになった坂のふもとに見えたのは、ブログ村の「TEAM50」ののぼりでした。えっ、コーラあるの!? 飲みたい!!

 

私はブログ村エイドに駆け寄り、(このガイコツのお面の方、鏑木毅似のイケメンと噂のジョギンガーさんだよな…)とジロジロ見ながら、「コーラ頂いていいですか」と声をかけ、コーラを一気に飲み、お礼を言い、ゴミ箱にコップを捨て、名乗らずに、立ち去りました。

(挨拶しようかだいぶ迷ったんだけど!! エイド出すのに忙しそうだったから!! すみません!!)

改めて、ありがとうございましたー! 生き返りましたーー!!

 

コーラでカフェインを足して、目指すはよろい坂の終盤で待つ婦人会エイド。

脚が止まりかけていたものの、横浜婦人の赤いポンポンが見えた瞬間、知り合いに恥ずかしい姿は見せられない! と自然とスピードが上がりました。気付いてもらえるように手を振りながら近づくと、

 

婦人たち「くろいわさーん!」「くろいわさーん!」「くろいわさーん、愛してるよーー!! 愛してるよーーー!!!」

 

愛してるって!! 斬新過ぎる!!

沿道でまず聞くことがない愛の告白がツボに入って笑いながらエイドにたどり着くと、ご婦人方は(食品用の)ラップで包んだミニトマトといちごを渡してくれました。この細やかさが婦人っぽい!

エイドでちょっと立ち止まるつもりだったけど、ご婦人方から送り出すようなしぐさをされて、そうか、ここから頑張って走るのが私なりのお礼の仕方だなと思って先を急ぎました。

 

(ああ、Qちゃんも婦人会エイドも終わってしまった…)

 

走りながら食品ラップを剥がして、ミニトマトを噛み締めながら、残り、どうやって走ろう…と、絶望的な気分になっていました。

 

21km~25km(公式ラップタイム 27’07)

手元の時計 5'17 / 5'45 / 5'06 / 5'06 / 5'18

 

下りなのにこの日一番遅い5kmのラップ!!!(エイドの滞在時間が増えていた自覚はあります)

手元の時計で平均ペースがどんどん遅くなって行くのを見ながら考えていたことは、

 

(30km、なっっっがいわ!!)

 

でした。

長いわ。
 

 

続きます。

 

 

 

?