読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その3】残り20kmの敗戦処理~第51回青梅マラソンレースレポ

(前回まで→【その2】別大ランナーとの邂逅〜第51回青梅マラソンレースレポ - 働くお母さんが走るブログ

 

待機列では確かに寒かったはずなのに、徐々に日差しが強くなり、走るには少し暑いくらいの気温まで上がってきました。

 

10kmくらいまで給水はパスするつもりだったから、往路のエイドの場所をちゃんと確認してなかった…。

 

 

遠目にのぼりを見つけて「ようやく給水!?」と駆け寄ったら、交通安全か何かの啓発用ののぼりで絶望すること2回ほど。唇の端が乾いている。

水...水をくれ...。

(去年は3kmくらいに大規模な私設給水所があったんですよー!)

私「暑い、水もないしもうダメ、帰りたい」
 madmadさん「(15km行ったら)どうせ帰ってきますから」
私「ていうかmadadさん、ビニール着てたら暑くないっすか」

 

madmadさん、待機列で着る防風用のビニールをまだ着てたんですよね。


madmad「なかなか体が温まってこなくって...。10kmくらい走ればさすがに脚も動くとは思うんですけど...」

 

えっ。暑くないの!?


私は、

(この暑さの感じ具合の差が、走力差であり、体重...差...)

と、思いました。

ようやくひとつめの給水所にたどり着き、そこからしばらくは「マジつらい」と愚痴りつつ並走していたんですが、他のランナーを避けたりするタイミングで、すこしずつ、すこーしずつ、ついて行けなくなって、じり...じり...と離されていき、20mくらい先行されたかな、というところで、madmadさんは小さく左右に首を振り、私がいないことを確認すると、少し背筋を伸ばして、軽やかなフォームで、青梅の坂を掛け上っていったのでした。

 

〜Fin〜

 

 **************************************

 

(終わりません)

 

madmadさぁ~~~ん、なぜ行ってしまうのー!(ペースが合わないからです)  

 

去っていく背中をなすすべもなく見送りながら、私はキャスバル兄さんとアルテイシアの悲しい別れのシーンを思い出していました…(機動戦士ガンダムの話をしていますのでわからない方はごめんなさい)

 

ていうか別大ランナーみんな「ゆっくり行く詐欺」じゃんか! 

 「レースプラン→キロ5分10〜20秒」が「走り出したらやっぱりキロ5」になるだなんて…! 別大ランナーは鬼子です!

(madmadさん、引き止めてすみませんでした! でもやっぱりぜんぜん5分10秒じゃなかったでしょ~~~!!!???)

 

madmadさんに捨てられた(語弊がある)のがだいたい7kmくらい。

あと23kmもある~!!

 

みるみるペースが落ちてきて、GPSウォッチのオールペースは早くも1km当たり5分10秒をオーバーする事態に。たかだか7kmなのに体がやたらと重くて、シューズの底に鉛が入ってるみたいに、一歩踏み出すごとにアスファルトにめり込んでいくような感覚がありました。

 

いくら坂でも。いくらオーバーペースでも。なんでこんなに息が苦しくて、なんでこんな距離で脚がおもりみたいになってるの…!?

 

もうやだよ~ 、と半泣きになった8km過ぎ、復路側の道路から「くろいわさーん!」と声援が飛んできました。

そうなんです! 今回の青梅は女子ランナー仲間の私設エイドが開設されてるんです!

 (※面識のある方へ。「会場でくろいわさんって呼びかけたら回りの人にバレちゃうと思って名前が呼べない」って心配して頂いたことがあるんですけど、「名前を呼ばれたときにたまたま隣にこのブログを知っている人がいる」ようなレベルの知名度はないので大丈夫です! 私は自意識過剰だけどそこまで調子こいてないです!!)

 

来週に東京マラソンを控えて今日は青梅の10kmを走った横浜婦人、同じく10kmを走ったCocoさん(2017の婦人会幹事グループを引き受けてくださった方)。そしてカブ男先輩を巡る永遠のライバルわた美(わたなべさん→けんちさんのブログの人物紹介が分かりやすい)はレースに出ないのにわざわざ婦人たちの応援に駆けつけてくれたという...!

(※過去の婦人会参加者の方へ。だいたいTwitterで盛り上がってTwitterで決まるので「何だよ! 呼んでよ!」って言って下さる方はTwitteに登録してぜひ「このレースに出るよ!」ってアピールしてくれたら嬉しいです! 「迷惑かも…」「しつこく思われるかも...」と思って誘えないコミュ障なので!!)

 

横浜婦人は気合の入った応援グッズで!!

f:id:shin_kuroiwa:20170222143349j:plain

写真提供:横浜婦人スポーツ

 

闘魂…注入されたぜ…!

 

 

(※今回やたらと登場人物が多くて「ジャンプ漫画の打ち切り最終回、これまでの登場人物がどんどん出てきてみんなの力を合わせてボスを倒す!」みたいな展開ですけど、ブログは終わらないしボスも倒しません!)

 

声を出す余裕がなかったので、軽く手を挙げて応えたら、目の前には下り坂。

逆に言えば復路の一番の難所、長い上り坂の上で待っていてくれる...。

 

婦人会仲間の中では一番で通過したはずだから、一番であそこに帰って来よう!!

 

と、背筋を伸ばして駆け下りました。

 

………。

 

駆け下りるまでは、本当にそう思ってたんですよね…。

 

6~10km(公式のネットタイム 26'12)

5'08 / 5'12 / 5'18 / 5'01 / 5'18 /

 

上り箇所があったとはいえ、10kmのラップで5'18を見た瞬間、

 

(これはペースを落として守りに入ったほうがいいのでは…?)

 

って、思った。気持ちで負けた。

 

 こういう言い方が適切かどうか分からないんですけど、私、昨シーズンまでレースで「失敗した」ことがなかったんですよ。昨シーズン、つまり'16秋-'17春シーズンが、初フルマラソンから数えて3シーズン目。ちょうど伸び盛り。

石橋を叩いて渡るタイプということもあり、レースに出れば何だかんだで必ずPBを更新してたし、のびしろもまだあると思えた。

 

それが4シーズン目の今季は、まず、ぐんまで初めてのDNS。新宿シティハーフで復活の兆しが見えたかと思えば、このていたらく。

 

ロング走が不足してたのは分かってたけど、たった10kmで5'10/kmからこぼれるって。どういうこと。気持ちが切り替えられない。ここから先は敗戦処理なの? あと20kmも!?

 

12kmを過ぎた辺りでした。

 

「お疲れ様です」

 

声をかけられて振り向くと、更衣室で「無理しないで行く」と言っていた湘南婦人でした。

 

続きます。
 

 

 

?