働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その2】別大ランナーとの邂逅〜第51回青梅マラソンレースレポ

(前回まで→【その1】ブロック前過ぎ問題勃発で帰りたい〜第51回青梅マラソンレースレポ 

 

スタート直後は道が狭いので、前方ブロックでも最初はやや詰まる記憶があったのですが、さすがは第3ブロック。

集団ごと、どんっ、と加速します。

 

邪魔にならないように隅に避けて走っていたけど、それでも身体スレスレのところをびゅんびゅん抜かされていきます。ぶつかりそう。周囲のランナーが速すぎて、追い抜かれる瞬間に風を感じる。風。

完全に雰囲気に飲まれて焦って脚を進めるからペースが明らかに速くて(これじゃWSじゃん!)と300メートルくらいで時計を見たら、4分30秒を切るペース。じゃあ私をびゅんびゅん抜かしていく人はキロ4とかで走ってるってこと!? 巻き込まれたら死んでしまう!!

 

こわいよー、とビビリながら何とかキロ5くらいまで落としたところで、左から声をかけられました。以前のランナー婦人会でご一緒したのんママさん。

のんママさんは、グロスで3時間30分を切った記録証を持つランナーだけがエントリーできる、別府大分毎日マラソン(通称・別大)を走った俊足ランナー。

 ブロックが近かったので(なぜか私の方が前方)スタート前に激励しあったのですが、それから十数分後、さっそく再開するとは。

 

いや、ていうか、のんママさん、別大から二週間後(中一週)っていうハードな日程で...青梅で…。「あまり調子よくないから前半は5分20秒」って..「後半すれ違いできますね~」って...言って...た...じゃん...(速攻で追いつかれたけど)

 

パニック状態のところに知り合いに会えるなんて「地獄に仏」ですが、相手は別大ランナー…。

「5分20秒で走る詐欺」なのかしら…それとも一時的にペースが上がったから追いついただけで、しばらく一緒に走れるかしら...と、探り探り話しかけます。

 

私「周りが速くってペース落とせないんです。いまキロ5くらいですよね。みんな飛ばしすぎじゃないですか!?」

のんママさん「このペースでもかなり抜かれますね。でもここでガマンして、後半抜いていくのが気持ち良いんですよね」

 

私(トクン…!!)←少女マンガにおける心臓の鼓動の擬音

 

やばい、キュンとした。

私が忘れていた心意気...!

 

それなりに走り込んでいる男性から見たら「サブ3.5? ふーん」って感じかもしれませんが、アールビーズの統計によると女子のサブ3.5は女性ランナーの上位3%という天上人。男性の3時間10分と同等と考えられる走力なんですよー!(って、たのくるさんが言ってたもん!←虎の威を借る狐)

私の憧れなの!!

 

どうやら並走してくれそうな雰囲気はあったので、青梅マラソンは何回目ですか、などと余裕ぶって会話しようとしてたら息が続かずポツポツとしか喋れない。おおう、まだキロ5くらいで走ってる…! こんなに抜かれまくってるのに…!

 

「ランシャツランパン族は皮膚の鍛え方が違う」などと話しつつ、青梅の市街地を抜ける辺りで、のんママさんが「知り合いにそろそろ抜かれると思うので、左に寄りますね」と話し、すーっとコースの左に移動しました。

 

あ、じゃあしばらく後ろについていこう、と視界の隅にのんママさんを確認しながら走っていたら、じわ...じわ...と引き離されて、

 

(これが...べつ...だい...!)

 

と、実力の差を、痛感致しました。

 

実力の差...。

走り込みの差であり、体重の差であり、体脂肪率の差...(つらい)。

 

ほんの一瞬でした。ふっと標識か何かに気を取られて、ほんの一瞬だけ目を離し、またのんママさんの水色のシャツに視線を戻し...。

 

あれ、バックプリントが変わってる...ていうかゲイターじゃなくてタイツ履いてる!? 変わり身の術!?

 

(違う女性ランナーでした)

(0.5秒で見失いました)

(ウォーリーをさがせ!で「魔法使いのおじさん」が一生見つけられないタイプの子供でした)

 

ああっ、まだ2kmくらいなのにこれから28kmも一人旅...!

(のんママさん、引き止めてすみませんでした!)

 

ひとりになっても、いまひとつペースがつかめません。理由は明快。510でのペース走を練習していないからです。マラソンの神様ごめんなさい。

 心の中で懺悔しつつ、息を弾ませながら走っていると、今度は右側に男性ランナーが並びました。

 

男性ランナー「追いつきましたね」

私「うわあっ!」

 

急に話しかけられてびっくりして、思わず声が出たよね。

 

えっ、なにっ、こんなノースリーブ着るようなシリアスランナー知らな…あっ、アメブロガーのmadmad(まどまど)さん! 

 (madmadさんのブログ→sneakermadmadのサブ3.5チャレンジ

 

青梅のコースでは2年ぶり!(2年前→【その3】第49回青梅マラソン~死にたさで不安が一掃

 

(今では「レースで3人から声をかけられたら閉鎖」を公言しているくろいわですが、2年前はアクセス数もまだ今の5分の1くらいで、顔出ししてないのにまさか特定されるなんて思ってなくて、本当にびっくりしたし、後に「声をかけて悪いことをしたなと思った、反省した」と言われるレベルの、ものっ凄い塩対応をしてしまった、びっくりして)

 

madmadさんも2週間前の別大を走ったばかり。今日は別大ランナーに縁がある。

madmadさんは別大でPBを出したこともあって「別大ロス」のような雰囲気が漂っているし、確か青梅については「往路はニコニコペース」というようなことが書いてあったはず…。

別大ランナーのニコニコペースとは…私のレースペースでは!?

 

私「今日はどれくらいのペースで」

madmadさん「木曜日のポイント練習の疲労が抜けてなくて脚が重いんですよ。上りはゆっくり行って、下りで頑張ろうかなって…」

私「(被せ気味に)5分10秒くらいですかっ!?」

madmad「あ~、たぶんそれくら...」

私「私もです!!!」

 

今の私に5分10秒ペースは掴めない。madmad、私を導いてくれ…!(突然のシャア・アズナブル)

 

私「ていうか、このペースキロ5くらいじゃない!?」

madmadさん「ガーミンだと5分10秒から15秒くらいのちょうどいいペースですよ」

私「いや、私のエプソンだと5分05秒くらいなんです。速いんです」

madmad「………」

 

madmadさんはオークリーのサングラスをかけていたけれど、オークリーでも隠し切れない、(ちっ、うるせえな)ってオーラを、私は、madmadさんの全身から感じました。

 

それでも上り坂で私のスピードが落ちると、なんとなーーーく合わせてくれている雰囲気。

私のララァ…!

 

ここまでのラップ(公式のネットタイム 25'40)

1~5km  5'07 / 5'01 / 5'05 / 5'14 / 4'56

 

 

続きます。

  

 

 

?