働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その3・おわり】心がダメなら頭で走れ〜第15回新宿シティハーフマラソンレポ〜

(前回まで→おサイフ顛末/【その2】ハーフでもきちんと時計は見ましょう~第15回新宿シティハーフマラソンレポ~ - 働くお母さんが走るブログ

 

 私を追い抜いていく幾人もののランナーの背中をなすすべもなく眺めながら走る。次に視界にすっとあらわれてすぐ遠ざかっていったのは大きく腕を引いて伸びやかなフォームの男性ランナー。

あっ! そうだ、腕、腕。私、振れてない。いま脚しか使ってない。

 

肩をぐっと引き上げ、力を抜いて落とす。肘をぐっと引いて走る。

 

今季は速いランナーさんにペーサーをお願いしてビルドアップ走を2回走った(1回目 ニッキーさん、2回目 カミさん)。速い人と走った経験は確実にプラスになる。今日もペーサーが並走しているイメージで走ろうと決めた。ぺーサーのつもりで自分を俯瞰する。肘を引いて。腕は振れてる。呼吸は早いけど乱れてはいない。まだ行ける、たぶん。

 

昨日見たDVDを思い出す。戦っているのは過去の自分。自分に勝つ。ナレーションで言っていた。

 

ここで諦めたら鏑木さんに顔向けができない…!! 

 

 

2周目の大回りはゆるいアップダウンに加え細かい折り返しに急坂がある。控えめにいっても走りやすいコースとは言えない。はっきり言うと、走りにくい。矢印のマークのような難所を越えてしばらく走るとようやく半分弱、10km。

 

GPSウォッチの記録だと10km通過タイムは50分52秒だけど、実際に10kmの看板を通過したのは50分より速かったことを覚えている。まだキロ5より速い。きっつい!

 

きっつい!!

 

やっぱあの練習内容でキロ5はムリだよ、顔向けって言ったって別に鏑木さんに会える機会があるわけでもないしそもそもいまの状況でPBが狙えるわけでもない、ブログでも「突っ込んで撃沈しました」って書いたほうが「くろいわさんでもそんなことあるんですね」つって逆に好感度上がるんじゃね~~~~~~~~~~~~~~~??

でも約1年ぶりのレースでそんなことしたら絶対に負けグセがつくからイヤだ、けどきっついわこれムリムリ!!

 

 

レース中はターゲットを定めて付いていく、あるいは差し馬のつもりで追いかけていくことが多い。今回は自分のペースが安定しないこともあってかそんな相手も見つからず、バタバタ走っているのも辛かった要因だった。

 

 

落ち着こう、もう一度、俯瞰。

呼吸はハァハァしてるけどゼェゼェはしてない、どこにも痛いところはない、つらいけど走れない理由はない、とにかく無心で肘を大きく引け、肘を。甘えるな、粘れ。

 

9~14km 4'42 / 5'07 / 5'10 / 4'28 / 5'12 / 5'31

 

大回りの2周目を終えて、あとは3分の1を残すだけ。この頃には疲労で思考力もすっかり失われいて、ただ肘を引くことだけしか考えていなかった。

15kmのタイムは手元の時計で1時間16分と少し。残り6km。1時間50分で走るにはキロ6では間に合わないけどキロ5で走る必要がないことはわかった。落としても大丈夫そう…と一瞬思ったけれど、考えるのはやめにして「粘れ粘れ」と口の中で呟きながら走った。脚に力が入らなかったから肘を思いっきり引いた。いくらもがいても前に進んでいない感覚があった。あー吐きそう。それでも「あと1km」の看板の前で久々に時計を見たら、1時間45分を切れる瀬戸際にあることは分かった。スパートをかけたい、でも下半身には力が入らない。粘れ粘れ粘れ。ただただ肘を引くことに集中して、フィニッシュゲートのある神宮球場までの短い坂を上がり、球場に下りるスロープを転がらないように駆け下り、フィニッシュゲートへ一直線!!

 

15~21km  4'57 / 4'52 / 4'49 / 4'42 / 4'42 / 4'44 / 4'15(860m、4'54/km)

 

グロスタイム 1時間45分5秒

ネットタイム 1時間44分21秒

 

終わった!!

 

疲れた...!!

 

レース中に(物理的な意味で)立ち止まったり、弱気になったりしたし、今回のレースで「自分に勝った」とか「限界を超えた」とかそんな大層なことは少しも思えなかったけど、そういうしょうもない葛藤や自分の心との駆け引きも含めてレースは楽しい、こんな贅沢な大人の遊びはそうそうない、戻ってこられて良かった、と心から思えた。

 

ボランティアの方にナンバーカードのチップを外してもらい、参加賞受け取りのテントへゆっくりと歩きながら考えていたことは、

 

(それはそれとして、新宿シティハーフマラソン、もう2度と出ないからな…)

 

名前の華やかさに対して、やっぱりエグすぎるわ、このコース…。

 

*****************************************

コースの詳細を知りたい方は去年のレポートに詳しいのでここからどうぞ→【その1】確実に、105を取るか。102へ攻めるか~第14回新宿シティハーフマラソン~

 

今年度の参加賞はシューズバッグでした。

ちなみに速報で、

 

たぶん人生で初めて突っ込んで「貯金で走る」ということをした。

もう二度としない。二度と。

 

と書いたのですが(あの時は体感的にそうだったし実際にそういうタイムで走ってると思い込んでいた)GPSウォッチで確認してみたら、

 

前半10km 50分52秒 

後半10km   49分12秒 (20kmタイム1時間40分04秒)

 

(GPSウォッチがずれてるのとスタート渋滞を差し引いても)ほぼイーブンで走ってました。中盤がぐたぐただったから印象が悪いんだな......。

 

 

 

次回は3月の古河はなももマラソンのペース設定について書きます。

 

( やっぱ写真撮らないとレースレポ書けないわ…) 

 

?