読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

ひとり娘の運動会、小1編

親に似て警戒心が強く引っ込み思案で人見知りの娘。保育園の運動会の思い出といえば、号泣・あるいは直立不動でした。

昨年の運動会は最終学年としての役割を立派に務め上げて「年長さんすげー!! 保育園ばんざい!!」と親として感動の結末を迎えたものの、小学校に入ったらまた一番下の一年生からやりなおし。

入学当初は学童になじめず号泣三昧だったり、いまだに一人で学校に行けなかったり(保育園のお友達との合流ポイントまで毎朝送っている...出勤のついでだからいいけど...)、最近でも「けいさんカードなくしたけど先生には言えない...連絡帳に書いて...」と懇願されたり(自分で言おうぜ!)、心配の種が尽きない毎日を送っています。

あの子に...ちゃんとできるのかしら...と、ハラハラしながらいざ運動会。

 

ちゃんとできてるー!

 

【ダンス】

ポンポンをふりふりしながら音楽に合わせて全力で踊る娘。

私が動画、夫が静止画で撮影しながら、

「どんなに説得してもエビカニクスを踊らず指をしゃぶりながら棒立ちしていたあの娘が...」

「『おかあさんといっしょ』を夢中で観ていたのに、ぱわわっぷ体操(最後の体操)の時間になると必ずテレビの前からスッ...といなくなっていたあの娘が...」

と万感の思いに。ただし位置取りを間違えてひたすら娘の背中を撮影。

 

【応援合戦】

位置取りを間違えてひたすら娘の背中を撮影。

 

【徒競走(50mを背の順で6人ずつ)】

ダントツのビリ。最後3mは完全に諦めてジョグでゴール(遺伝...環境...責任を感じる)。

 

【玉入れ】

ぴょんぴょん跳ねる激しいダンスと玉入れを交互に行うという謎のインターバルトレーニング競技。

夫「これ、なんでいちいちダンス踊るの...?」

私「可愛いからじゃない?」

夫「いや、可愛いけど...」

娘の投げた玉はカゴをかするどころか30cm程度しか飛ばず、まったく戦力になっていなかったが気付いていないもよう。位置取りを間違えてひたすら娘の背中を撮影。

 

【まとめ】

・一年生は何してても可愛い。うちの娘は特に可愛い。

・最近の小学校はダンスの位置をあらかじめ教えてくれるが、近くで撮影しようと陣取ると高確率で背中を撮るはめになるので来年からは顔の向きを必ず確認すること。

 

私「5年生が騎馬戦やってたよ。騎馬戦って帽子をとるだけなんだね。女子もやるとは思わなかった」

夫「え、違うの?」

私「私の地元の騎馬戦は『川中島』っていって、騎馬を崩して騎手を落としたら勝ちだったよ。参加するのは男子だけで、なぜか上半身は裸だった」

夫「なんなの...その粗暴な運動会...」

失礼な。

 

 

※徒競走のスターターの先生が2人一組で、発砲する先生と弾を込める先生で役割分担してて、「長篠の戦いの鉄砲隊だ!! 社会で習った!!」と思いました。

 

 

どんなに贔屓目で見ても、うちの娘は運動が得意ではないけれど、練習が始まってから運動会のこの日をとても楽しみにしていて、当日もずっとニコニコと笑顔で心から楽しんでいる様子で、どうかこのまま自分のどんくささに気付かず運動会を楽しむ人生を送ってくれますように...(それか、観念して体操教室に通って欲しい...)。

 

 

いやあ...成長を感じるわあ...。

 

娘の出番が終わったので、運動会を切り上げて先に帰宅しながら、

運動音痴なので運動会が大嫌いだった私「娘が楽しそうで良かったね。まったく記憶にないけど、私も1年生くらいの時は運動会が楽しかったのかしら…」

運動音痴なので運動会が大嫌いだった夫「イヤになるのって何年生くらいからだろうね。イヤだった記憶しかないけど…」

協調性がゼロなので運動会が大嫌いだった私「高校生の体育祭でソーラン節やらされて、ソーラン節の高さが揃わないと死ぬタイプの人が張り切って居残り練習とか提案して、本当にイヤだったわぁ...。あのソーラン節の居残り練習が人生で役に立った場面はひとつもない...」

暗くなるインドア系夫婦。

(このような人間でもフルマラソンサブ4までは行けます)

 

来年も、娘の笑顔の運動会が見られますように!!

(体操教室、断固拒否されてるけど、通おうぜ! 親には技術も根気もないから!!)

 

運動会翌日の娘。

起きている時間(食事、風呂を含む)の3割はこのように横になっていました。休日のお父さんか。

 

 

?