読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その3】新横ぐるぐる10km(弱)BU~ぺーサーは精密機械〜

 (前回まで→【その2】新横ぐるぐる10km(弱)BU~喋れなくなってからが本番〜

 

カミさんのご家族とうちの娘はスタート地点で遊んでいたので、1周ごとに手を振ったり声をかけたりしながら走った。これは楽しい。

 

5周走って給水に入ると、休憩中のユキさん(ふらっとさんの奥様)が娘たちにYouTubeで「はれときどきぶた」のアニメを見せてくれていた。

(ありがとうございます、皆様の善意でくろいわは走らせて頂いています)

 

1段目のラップ(カッコ内は15秒を足した1kmペース換算)

5'05(5'20) / 5'07(5'22) / 5'03(5'18)

 

GPSの入らない回廊でプラスマイナス2秒。精密機械である。

それでもカミさんは「GPSが入らないと難しいな…今度は晴れてる時に外でやり直しましょう」と不服そうにしている。これで不満なの…。

 

 

2段目のラップ

4'53(5'08) / 4'55(5'10) / 4'59(5'14)

 

相変わらずの精密機械ぶり。

ちなみに最後、6週目のラップが少し落ちたのは、序盤で私が「速くないですか!?」と牽制して落としてもらったことと、話しかけまくってペースを乱したことが原因なので反省している。

 

こんな感じで。

私「カミさん、5分半で走ることなんてあるんですか?」

カミさん「少し前までジョグは5分半でしたよ」

私「ジョグ…5分半…?」

 

フルマラソンを2時間44分で走ると、平均ペース3分台だよな…?

 

私「カミさん、Mペース3分台ですよね。じゃあ415で走ってもそんな大変じゃない感じ?」

カミさん「E(イージー)ペースが4分20秒くらいなので、少しキツめのジョグですかねえ…」

私「はぁ〜〜〜」

はぁ〜〜〜としか、言いようがない。

 

私「そういえば…3段目が終わった後、フリーで1周走るんですか…?」

カミさん「やりましょう」

私「あれ、フリーっていうのおかしくないですか?  フリーって『自由に走れ』って意味でしょ? 死ぬ気で限界まで上げろって意味じゃないでしょ?」

カミさん「もうすぐ3段目ですよ、しゃべらなくて大丈夫ですからね」

私「はい…真面目に走ります…」

カミさん「4'59、ちょっと遅かったな…」

私「す、すみません!」

 

3段目はキロ5。急にキツくなった気がする。それでも940m×3周で短く終われると思うと頑張れる。

 

3段目の2周目からユキさんが合流してきた。

私「キロ5であと2周です、最後のフリーも一緒に走りませんか!?」

ユキさん「いい」

勧誘して断られていると、カミさんから、余裕がありそうだと見られたようだ。

 

カミさん「くろいわさん、1kmのPBどれくらいですか?」

 

正直に言ったら、死にそうな目にあわされるのではないか。

が、小心者なので、正直に申告した。

 

私「あの、今年の1月にぬまっちさんに引っ張ってもらって出した4分15秒がベストなんですけど、そもそも走力落ちてるし、BUの後だからムリです、そんなには出ません(しどろもどろ)」

 

キロ5でキツいと思っていても、言い訳する余力はあるのだった。

 

3段目

4'47(5'02) / 4'46(5'01) / 4'47(5'02)

 

3段目が終わってフリー区間。ユキさんが抜けた。カミさんは前に出ない。横について一緒に走る。明らかにギアが切り替わった。一瞬で息ができなくなる。

 

カミさん「呼吸は吐くことを意識して下さい、吐いたら勝手に入ってきますから」

私「うぅぅぅぅ〜〜〜」

うめきながら息を全力で吐き出すと、すっと空気が入ってくる。

 

カミさん「もっと肘を引きましょう」

私「はいぃ」

言われるままに引くと、股関節が開く感じがあった。そうか、こうやって走るのか。

カミさんは精神論で走らせない。横にいて、様子を見ながら、走れる技術を教えてくれる。

 

カミさんは「あと半分ですよ、苦しい時こそリラックスして笑顔で」というようなことを仰ったが、ムリ、ムリ、と思い、能面のような顔で走る。意識して息を深く吐く。吐き切って、小さく2回吸う。呼吸のリズムができてきた気がする。それでも息ができないときはうめくような声が出た。

 

 カミさん「肘を引いて」

もう返事ができない。黙ったままぐっと引く。足が開く感覚。

カミさん「あと4分の1です、そのまま」

カミさんはぴったり横についてくる。引っ張るというより「相手を走らせる」という印象だった。

 

しばらく我慢していると、スタート地点に子供たちの姿が見えた。

よし! お母さんの生き様をみとけよ!

最後はダッシュ!!(ダッシュする元気はある)

 

フリー区間

4'23(4'38)

 

(娘は、母を見ていませんでした)

 

座り込んでゼェハァしていると、歩いたほうが良いですよと声をかけられた。

 

じゃあ、ゆるく走るか…。

 

立ち上がると、カミ家のご令嬢とうちの娘が「私も走る!」とぴょんぴょん飛び跳ねている。

 

エスコートジョグ(前方の男性は知らない方です)

 f:id:shin_kuroiwa:20161011121529j:image

 

 競い合ってダッシュをしたりするものだから、息が上がって途中で立ち止まったりしつつ、1周のペースはキロ8くらい。走っていると集団走のメンバーから「がんばってー!」と声をかけられて、気を良くして走ってくれた。

スタート地点で休憩していたら、いつの間にか415グループの先頭を走っていたカミさんがご令嬢に手を振った。火がついたご令嬢。

 

ご令嬢「パパを追いかける!」

私「(血を感じる…)じゃあもう1周行こうか。娘はどうする?」

娘「行かない。待ってる」

私(血を感じる…)

 

パパに追いつかない、と悔しがるご令嬢を「腕を振れてるよ! 良いフォーム!」「ぜんぜん止まらないで走れるね! すごいね!」と励ましながら走っていると、後ろから声をかけられた。

 

「がんばって」

 

怪盗紳士さんだ!! 単独で走っているようだった。

 

「あっ、ありがとうございます!!」

 

しばらくすると、後ろから明らかに速い足音が聞こえたので振り返る。やはり415グループ。先頭にはカミさん。

「パパが来たよ!」と声をかけると、ご令嬢はダッシュで追いかけていた。見込みがあるな…。

(逆回りで追いかけてきたうちの娘が415グループにつっこんでいくという一幕がありまして、大変申し訳ありませんでした、ぎゅうぎゅうに締め上げておきました)

 

2周目は7分45秒ペースくらい。一度も立ち止まらず走りきった。ご令嬢、これは本当に見込みがある。

 

アップで1周、BU10周、ダウンジョグ(?)2週、合計13週(940m×13=12km220m)でこの日は終了。

良い練習ができたー!!

 

あと1回だけ続きます。

 

?