読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その2】新横ぐるぐる10km(弱)BU~喋れなくなってからが本番〜

トレーニング

(前回まで→【その1】新横ぐるぐるBU10km(弱)~総帥と呼ばれる男~ - 働くお母さんが走るブログ)

 

この日は雨が降っていたので、屋根がある日産スタジアムの回廊を走る。

1周は940m。60mは誤差であろう、と判断をした。

 

BUに入る前、1周アップをしながら、

 

私「3周で1段っていうことでいいですよね!」

 

と押し切った。ほら、今日は距離走じゃないし…。

 

アップジョグをしながら、この機会に聞きたいことはたくさんあった。

 

私「BUって最後の一段が難しいんです。しっかり上げなきゃ! と思うと上げすぎちゃって、息切れして500mで終わっちゃう、みたいな」

 

総帥は仰った。

「BUで大事なのはペース感覚ですね。繰り返していくうちについてきますよ。設定ペースの前後2秒までは、ずれても大丈夫なんですよ。つまり2秒遅くてもいいんです」

2秒…? 5秒じゃなくて…??

 

私「そういえばカミさんって、M(マラソン)ペースとT(閾値)ペースの差がほとんどないんですよね…」

カミさん「そうなんです、10秒しかなくて。この先どうやっていくのか悩ましいところですね」

私「マラソンの練習って、苦手を潰していくのと、得意な面を伸ばしていくのと、どっちがいいんでしょうね」

カミさん「ボクは…苦手を潰さないで来たかなあ」

 

苦手…?

2時間44分台のカミさんに苦手なんてあるの…?

 

私「カミさんの苦手って…」

カミさん「スタミナですね」

私「………スタミナ?」

 

スタミナがなくて、フルマラソンを2時間44分台で走れなくね?

 

カミさん「あっ…説得力がないかもしれませんけど…」

私「はい」

心が通じ合った瞬間である。

 

私「カミさんってBUが主軸で、30km走はしないんですよね」

カミさん「しないですね。でもペース走とジョグで、結果的に30kmを走ってることはありますよ。それがトータルで4分15秒ペースだったり」

私「なるほど…結果的にサブスリー向けの30km走的な……」

心が通じ合ったと思ったのも、一瞬だった。

 

一周走ってそれぞれの家族のもとで給水して、さあ、ビルドアップ。

回廊はGPSが入らないが、ガーミンの室内モード的な何かで計測ができるとのこと。時計はカミさんにおまかせした。

 

主催のふらっとさんによると、回廊1周のタイムに、だいたい15秒を足すと1kmのタイムの目安になるという。1キロ4分15秒のサブスリーペースで走りたければ1周を4分。

5分30秒ペースから入る我々は、1周5分15秒で走るイメージだ。

 

きっちりインコースについた。

走り出して早々、速い、と思った。

 

私「ちょっと速くないっすか!?」

 

どんな相手にでも即座にクレームを入れられる図々しさが、社会の荒波や小学校の無茶振りにいろいろ揉まれている、働く経産婦の特性である。このあと5回くらい「速い!」と言う(クズ)

 

カミさん「くろいわさん、ペース感覚良いですね」

私「設定より遅い分には分からないです。キロ5が前後だと『キツい』と思うのですぐ分かります(キリッ)」

カミさん「……なるほど」

 

1周目、4分15秒で走るグループが、我々を追い抜いて行った。

グループの先頭を率いる、新横ぐるぐる主催のふらっとさんが、カミさんに「こっちにくるだろ?」というような言葉をかけながら過ぎ去る。私は(サイヤ人がフリーザと戦いたがっている!)と思った(すみません)。

(サイヤ人について→【その2】フルを2時間47分で走るサイヤ人が来た…!~新横6耐レポ~ - 働くお母さんが走るブログ)

415集団で走るメンバーが次々にカミさんに声をかけ、グータッチし、握手する。カミさんの愛されっぷりがすごい。

 

カミさん、私のペーサーをしてる場合ではないのでは…?

 

魔女の宅急便の一シーンを思い出した。キキがトンボの友人に会い、あまりの境遇の違いに落ち込むあの場面。

しかしわたしが「もう知らない!」と不貞腐れた態度で、嘔吐するレベルの全力疾走で振り切ろうとしても、カミさんは息も切らさず「どうしました〜?」と一瞬で追いついて声をかけてくるのであろうな、と思うと、引いてくださる現状に感謝しかないのである。たんたんと走る。

 

1周目は、5分05秒。15秒足して、5分20秒ペースだった。当初の予定の5分30秒よりやや速い。

 

カミさん「ちょっと速かったですけど、くろいわさん、余裕ありそうだから1段目はこのまま5分20秒で行きましょうか」

私「えっ、しゃべってると結構つらいっていうか余裕ないんですけど…。何をもって余裕って…」

カミさん「喋れるうちはまだ大丈夫。あとは、呼吸もそうですけど、フォームもですね。リラックスして腕も振れているので」

私「なるほど…」

 

喋れなくなってからが本番…と…。

 

つづきます。

 

 

?