働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【妄想】わたしのかんがえるさいきょうの「カリスママラソンブロガー」

ソツケン、東京マラソンの試走と、最近立て続けにブロガーの方とお会いする機会がありました。

(たまたまです。今後もスピード練習以外はイベントに行かない引きこもりブロガーです)

 

ブロガーの方と走ると、オフレポを書いてくださるじゃないですか。

で、私を紹介する枕詞として、恐れ多いことに「カリスマ」って付けて頂くこともあるんですね。カリスマ。言葉が重い。

 

(カリスマでは、ないだろ…)

 

と思うんですけど、いちいち自分のブログに「カリスマって呼ばないで~(;;)」とか書いたら、コメント欄に「くろいわさんは自分にとってカリスマです!」みたいなさらに恐れ多いコメントを頂いてしまい茶番っぽくなるか、何もコメントが入らなくて滑った感じになるか、「調子乗ってる」って悪口を書かれるか、どれにしても、きついじゃないですか。ブログ的に。精神的なダメージもでかい。

 

なので、深く考えないようにしていたんですが、最近仕事で移動時間が長いので、「真のカリスママラソンブロガーとはどういう人物か」について考えてみました。

 

妄想を垂れ流した日記です。

 

********************************

わたしのブログの想定読者は女性ランナー。明確に意識して書いている。その中でもコアターゲットは「フルマラソン4時間±30分」の女性ランナー。この層をイメージしながら、最強のカリスママラソンブロガー像を検討していこう。

 

まず、カリスマは美しくなければならない。顔立ちが特別整っている、ということではない。佇まいの話だ。背筋は伸び、凛としている。私のような猫背は論外であろう。

ビジュアルは、指揮者の西本智美さんのイメージで行こう。

(ご存じない方向け画像検索→西本智実 - Google 検索

 

マラソンブログだから、誰が見ても速いランナーである必要がある。

カリスマは、国際ランナーか、それを狙える位置にいる。

レースはランパン・ランシャツで走るのが望ましい。逆にTシャツとタイツで走るのも意外性があっていいかもしれないが、そこはお好みで想像してほしい。カリスマが走るレースには、私設応援団が出没する。専用ののぼりもあるに違いない。

サングラスはオークリー、シューズはターサーを履いて、GPSウォッチは恐らくガーミンだろう。決してEPSONではない。心拍が計測できるタイプのガーミンだ。心拍計を有効活用した、なんか、すごいトレーニングをやって、データを分析とかして、何とか係数とか、いろいろ書いてると思う(心拍計を使ったことがないので具体性がなくてすみません)。

 

ブログは平易な読みやすい文体で、絵文字は使わないが、文末に時々かわいい顔文字を控えめに入れることもある。おカタいトレーニング論を述べたかと思えば、ベランダで育てるバラの写真で読者を和ませることもある。自宅には季節折々の花が活けられているし、初夏には梅仕事をするはずだ。掃除機は使わず、床はシュロのほうきで掃く。週末には雑巾がけもかかさない。その雑巾も手縫いであろう。ていねいな暮らし。あ、逆にホテル暮らしでもアリだと思う。

 

どんな仕事をしているかは分からないが、ブログからは豊かな暮らしぶりであることが伺える。あと、自宅できっとネコを飼っていると思う。2匹くらい。

 

カリスマというくらいだから、スポンサーがついて、ファンミーティングもやるはずだ。イベントスペースで、ひとり5000円くらいの入場料。女性限定。ワンドリンクが付くと思う。参加者はスポンサーのお土産付きで、アミノ酸の袋とかにカリスマの顔写真が印刷されている。

 

カリスマは大きくもない、小さくもない、しかし通る声で話す。ゆったりとした口調だと思われる。信奉者は一言も聞き漏らすまいと固唾を飲んでカリスマを見守る。

 

ファンミーティングだから、質問コーナーもある。

 

指名されたファンはその場で起立して、こんな感じになると思う。

ファン「あのっ、カリスマさん、今日は……本当に…お話できるなんて夢みたい…ううっ……」

感極まって泣きだすファンにに「大丈夫」と落ち着いた声で微笑みかけるカリスマ。

 

ファン「あのっ、ううっ、私、ううっ、カリスマさんみたいなランナーになりたいんです…でも…かくかくしかじか(いろんな事情)で…うぇぇぇーーーーん!」

号泣するファン。カリスマはファンを壇上に呼び寄せてそっと手を握り、なんか、慈悲深いお言葉をファンにかけるはずだ(思いつきませんでしたすみません)。そして、最後に言う。

 

カリスマ「…だから、泣かないで」

覗かせた白い歯がキラッと光ると、客席のファンから黄色い悲鳴。

 

客席のファンのみなさん「きゃぁぁぁぁ~~!!!」

 

手を握られたファンは泡を吹いて失神。

 

スタッフ「おい! 救急車を!」

 

ちょうど定刻になり、手を振ってステージを後にするカリスマ。

客席ではいつまでもいつまでも拍手が鳴り止まなかった…。

 (当然、ファンの9割が豪雨でも吹雪でも出待ちをする)

 

****************************************

 

ここまで来て、はじめて「カリスマ」じゃないか、と思うんですよね。

 

なので「くろいわは○○さんのオフレポでカリスマって呼ばれて調子こいてんじゃないの?」と冷めた目で見ている読者様がいらっしゃいましたら、この妄想を踏まえて、身の程はわきまえているんだなと思って頂ければ幸いです。かしこ。

 

 (妄想で2200字書けた)

?