読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その2】ソツケン請負人の男気と、人間の小さい経産婦~サブ4ソツケンレポ

(前回まで→【その1】神ペーサーはまさかのアメショカテ!? "家から10km、ジョグで行って帰ります”!?~サブ4ソツケンレポ - 働くお母さんが走るブログ

 

「536、524、506ですよね」

 

神ぺーサーことニッキーさんは、ソツケンのペース設定をすらすらと唱えた。

 

緊張ですべてが吹っ飛んでいた私は、(えっ、たぶん、そう!)と思いながら「アッ、です、ハイ、おネガいしますぅ」とモゴモゴ答えた。

ろれつが回っていなかった。

 

初めてのソツケン、初対面のぺーサー、過剰すぎる自意識、現状の走力と向き合う怖さ、ブログネタの取捨選択。完全にキャパオーバーである。

 

普段、私が新横浜公園を走るのは休日の日中だ。子供のはしゃぐ声、はずむバスケットボール、スケボーの車輪、犬の鳴き声、テニスのラリー、談笑しながら走るランナー。にぎやかな中を走ることが多い。

雨上がりの早朝、曇り空の新横浜公園には人がまばらで、いつになく静かだった。

 

f:id:shin_kuroiwa:20160920234652j:image

 

 

ニッキーさんが、昨夜、ソツケンのレポートをアップしていた。

 

私はぺーサーを「自分のかわりに正確なペースを刻んでくれる人」だと思っていた。

3時間ひとケタの人ならキロ5でもジョグだろう、という軽い気持ちでお願いした。

ニッキーさんのブログを読んで驚いた。

 

引用する。

なんせ、くろいわさんとは初対面じゃないですか。

 

そんな見ず知らずのおっさんがペーサーを立派に務め上げられるのか...

 

務め上げるっていうのはですね、機械みたいに設定ペースを一途に守るのではなく、くろいわさんの状況に応じて臨機応変に走りを変えて練習の成果を最大限にするってことだと思うのです。

 

状況に応じて臨機応変に走りを変えて練習の成果を最大限にする。

 

男気がありまっている。

 

そこまで細かいご配慮の上でニッキーさんがぺーサーを引き受けてくださっていることなどつゆ知らず、この後、スピード耐性のないくろいわは、BU3段目におけるストレスをニッキーさんにぶつけまくるのである…(もうほんとうにすみません)。

 

 

コースの内側に、ニッキーさんがついた。「気になることがあったら何でも言ってくださいね。ちょっとペースを落としてほしいとかも遠慮なく言ってください。合わせますから」

 

神である。

心の中で、ニッキーさんを「請負人」と名づけた。ソツケン請負人。

 

実は、気になることならあった。

(コースの内側を走りたい)と思っていた。しかし出会ったばかりの請負人に「インコースの方がわずかに距離が短いからその場所を譲ってくれ」などとしみったれた事は言えなかった。安いプライドと自意識。ただ「アッ、ハィ、ドーモ、へへへ…」と薄笑いを浮かべた。

 

タイミングを合わせて、GPSウォッチのスタートボタンを押した。

請負人はガーミン。私はエプソン。

 

「あのっ、どうしたらいいですかね、横を走るのと、後ろに行くのと、あっ、でも後ろだとジャマですかね、どうしよう、ええっと」

オドオドしつつ細かい私に、ニッキーさんは「走りやすいようにして下さい」と言った。

私はすぐに、ニッキーさんの斜め後ろについた。

少しでもコースの内側を走りたかったからだ。

人間が小さいのである。

 

鮮やかなオレンジのTシャツを、視界の同じ場所にキープしながら走る。

 

ビルドアップ走、1段目の設定ペースは5'36/km。

最初はゆっくり入りましょう、とニッキーさんは言った。この練習で1番大切なのは3段目。最後の5kmで粘るのが重要だと。

 

ラップは1kmごとに、ニッキーさんがガーミンの数値を読み上げてくれた。

最初の1kmのラップは5'47。予告どおりゆっくり入った。

重いかなと心配していた脚も、朝イチだから不安だった呼吸も、何の問題もなく気持ち良く入れた。ホッとした。

 

そういえば私のエプソンは一向にラップを切らない。見れば1kmは過ぎている。あっ。木曜日の坂ダッシュでオートラップを切った。そのままにしていた。うおお。

 

私の時計ではラップペースが分からない。ガーミンとエプソンの計測のズレもある。ニッキーさんは無理なペースメイクをしないだろうと思えた。

宣言した。

 

「ニッキーさんにすべてお任せします。自分の時計は見ません!」

 

いわゆる丸投げである。

 

 

最初の5kmは比較的に楽に走れた。ペースにも余裕があったし、ニッキーさんは気を使っていろいろと話しかけてくれた。

私が去年、ニッキーさんが今年走った柴又100Kのこと。お互い落選した東京マラソンの抽選結果。沿道の応援への応え方。秋のレースについて。

 

ニッキーさんの呼吸はまったく乱れていなかった。

私はぽつぽつと返事をすることはできるが、まとまった発言をしようとすると息が切れた。

 

まだ、1段目である。

 

この先が怖い。

 

1段目 5'47 / 5'35 / 5'41 / 5'32 / 5'24 (小数点以下は大胆にすべて切り捨てました。以下同じ)

 

1800mの周回コースは3周で5.4km。

3周ごとに休憩をお願いした。「時計は止めていいですか!?」と食い気味に聞いた。人間が小さいのである。ニッキーさんは「大丈夫ですよ」と計測を止めてくれた。

 

手洗い場へ向かい、蛇口の下に頭を突っ込んで首の裏に水をかけた。湿度が高くて汗が止まらない。帽子を脱ぐか迷ったが、雨が降る気配もあったからかぶったままにした。走り出す前に買った水を飲んだらまだ冷たくて、体感よりも気温は高くないことが分かった。ペットボトルのふたを閉めたらすぐコースに戻る。さりげなくインコースに割り込んで場所を確保した。よしよし(人間がちいさ以下略)。

 

2段目の設定は、5'24/km。

私にとって「ちょっと頑張る」ペースだ。

息は弾むし、ピッチも意識して上げなければならない。

それでも、ペース管理のストレスなく走れる開放感は、どれだけ控えめに言っても、「最高」だった。

 

つづきます。

 

 

?