読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

私がブログをやめるとき

「きっかけ」の話が好きです。

 

カップルと同席したら「なれそめ」を聞きたいし、会社員の人にはどうしてその職種を選んだのか聞きたい。趣味がある人にはどうやってその趣味に出会ったのか聞くし、ランナーには「走り始めたきっかけ」を質問してしまいます。

選択や決断には「ドラマ」があると思っています。

 

マラソンブログを書いている方には「どうしてブログを始めようと思ったのか」を聞いてみたいし、ブログの効能を熱く語ってくれる方も多いのではないでしょうか。

 

でも、ブログの更新をやめてしまった人に、その理由を聞くことはできません。

 

*************************

2015年3月に私が始めてサブ4を達成する直前、何度も何度も読み返していた女性ランナーのブログがあります。

仮にAさんとします。

 

当時、2015年2月時点のAさんのPBは3時間34分ちょっと。

持ちタイムが4時間13分だった当時の私には、文字通り「雲の上の存在」で、追いかける「目標」でもありました。

 

同性とはいってもAさんはスピード型のランナーで、スタミナ型の私とは真逆のタイプ。性格も私とはまったく正反対の女性らしい華やかなタイプ(あくまでブログの文面から受ける印象)でしたし、社交的でほかのブロガーさんとの交流もさかんだったようです。

 

2015年4月にはウルトラマラソンにチャレンジされていて、私もその2ヵ月後に初のウルトラマラソンを控えていたので、Aさんのレポートを「私はもうすぐこんな目に遭うのか…」と絶望しながら繰り返し読んだ覚えがあります。

 

 

そのウルトラマラソンのレポートを最後に、Aさんのブログの更新は途絶えてしまいました(正確には1度だけあったけれどマラソンの話題ではなかった)。

 

 

更新されなくなってもまだ、AさんのPBは私の目標タイムよりまだまだ速いですから、昨シーズンも定期的に読み返して「えっ、この時期にこんだけの距離をこの速度で走れないといけないの!?」とビビらされたりしていました。

 

Aさんのブログが更新されなくなって約1年後の2016年3月、私は静岡マラソンを3時間34分ちょっとで走り、Aさんのブログ上のPBにほぼ追いついてしまいました。

(ハーフのタイムは太刀打ちできないレベルですが)

 

 

 自分で言うのもなんだけど、3時間34分でフルマラソン走るの、めちゃくちゃ大変じゃないですか。女性ならなおさら。そして、そこまで行けばサブ3.5も射程圏内なのに。

サブ3.5を目前に、プツッとAさんのブログが途切れてしまったのはどうしてなのか。走る事もやめてしまったのか。

知る術はありませんが、今でもたまに、更新が再開されていないか覗いてしまいます。

 

*************************

ブログもマラソンも似たようなところがあって、

 

始めるのは簡単。

好きじゃないと続けられない。

火が消える時は一瞬。

 

環境や体調の変化、単純に飽きて他の趣味を見つけた、人間関係のトラブル、バレてはいけない人にバレた、等の「きっかけ」で、走ること、あるいはブログをやめる日は必ず来るでしょうし、それは書き手側だけではなく、ブログの読者の方も、同じような理由でどんどん入れ替わっていることでしょう。

 

ブログもマラソンもしょせんは趣味、とは頭では分かっていても、そういう「人の出入り」を寂しく思っている間は、どちらも「やめ時」ではないんだろうな、と思います。

 

 

ええっと。

 着地点を完全に見失いましたが、本日はこの辺で失礼いたします。

 

(これだけ思い入れたっぷりに書いてるけど私はAさんにお会いしたことがないどころかコメントを入れたこともない一方的なサイレント読者に過ぎないんですけど、ストーカー感ハンパないですね!!! 大丈夫ですか!?)

 

 

 

?