読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

夫婦マラニック顛末書~満足できない人妻の、夜更けのひとり遊びまで~

フルマラソンサブ5の夫とフルマラソンサブ4の妻。

これは自己ベスト1時間10分の走力差のある夫婦が、炎天下でマラニックに挑んだ物語である-。

(結論から申し上げますと、夫は1秒も荷物を背負いませんでした!!!)

**************************

代休を合わせようとは話していたものの、「どこかに走りに行く?」と言い出したのはまさかの夫。

私がマラソンにはまった当初は「どうしちゃったの…?」と怪訝がっていた夫も、いまではいっぱしのマラソンランナーなのです。

夫婦でこいういう遊びもできるようになったのね…と感激し、張り切って「ヤビツ峠走」「大山トレラン」「箱根駅伝5区」とシゴキコースを複数提案してみましたが一蹴されてしまい、8時前に娘を送り出してから18時までに戻るという時間の制約上、「東京マラソン新コース試走」という無難な結論に落ち着きました。

 

 

通勤ラッシュの電車にマラソンウェアで乗り込み、いざ都庁へ。

 f:id:shin_kuroiwa:20160907161357j:image

夫「今日は気温が33度まで上がる上に、湿度もすごいとかテレビで言ってたけど…」

私「ゆっくりだから大丈夫でしょ。もう9月だし」

 

とか言ってたけど。

5kmちょいの飯田橋で、半死半生のアイス休憩。

普段から汗っかきの夫は、滝に打たれた人のような姿に…。

 

 想定より、暑すぎましたよね。

 f:id:shin_kuroiwa:20160907161414j:image

さすが真夏日のコンクリートジャングル、東京砂漠…。

夫は私の3倍は暑がりなので、10kmの日本橋ですでにバテ気味でした。

 

日本橋を過ぎたところで、2度目の休憩を挟みます。

f:id:shin_kuroiwa:20160907161437j:image

カフェインを注入して先を急ぎましょう。暑いから。

 

が、浅草橋辺りで。

夫「暑すぎる、バテた…」

私「15kmの雷門まであと少しだよ! ついこの前ひとりで20km走ってたじゃん!」

夫「あれは曇りで涼しかったからって言ったでしょ。そのあと15km走った時は、暑すぎて半分歩いたって」

私(聞いたかも…)

夫「歩く…」

私「えっ!」

 

さっきレッドブルを飲んだ私は、カフェインが効きまくって、もう、ギンッギンなわけですよ。

何ならペースアップしたいくらい。

 

私「さっきあなたもレッドブル飲んだでしょ? そろそろカフェインが効いて来る頃だから!」

夫「先に行ってていいよ…」

私「先にって、道、分からないでしょ?」

夫「うん…」

 

代謝が活発な暑がりの夫。代謝が悪い冷え性の妻。

いつも早朝の涼しい時間に走る夫。平日は夜ランだけど、休みの日は夫が走り終わった後、日中に走る妻。

やはりこの差は大きいのか…。

 

というようなことを、(しぶしぶ)歩きながら私が話していたら、

 

夫「いや、そんなことより、これ、人が走っていい環境じゃないでしょ…」

私「!! そう言われれば、そうかも!!」

 

目からうろこ!!! あれ、私がおかしいってこと…???

(マラソンにのめりこむと、どんどん常識を失う)

 

夫が熱中症になったら家庭運営に支障が出るので、ペットボトルの水を体にかけてあげたり、コンビニで涼んだり、ちょいちょい体調を確認したり、ああっ、私ったらかいがいしい妻!(自分で言う)

 

 f:id:shin_kuroiwa:20160907161458j:image

何とか雷門に到着。

 

私「どうする? デオドラントシート持ってるからトイレで汗を拭いて、銀座線で日本橋まで戻る?」

夫「とりあえず…ちょっと休もう…」

 

汗だくで浅草寺を散策。

f:id:shin_kuroiwa:20160907161539j:image

 f:id:shin_kuroiwa:20160907161515j:image

冷やし抹茶で涼みます。

 

あら、デートっぽい。

 

参拝を済ませる頃には汗も引いていました。

暑いとはいえ風もあるし、走ってなかったらそこまでの酷暑ではないんですよね。

走ってなかったら。

 

夫「よし! 復活した! まだ走れる! 行こう!」

私「(疑いのまなざし…)」

 

本来であればここから門前仲町に向かうところですが、おそらく体力的に無理だろうと踏んで、じゃあ折り返して日本橋まで戻って銀座をぐるっと回ろうか、とも考えたのですが、首都圏育ち、都内で働く夫が今さら銀座を見てテンションを上げるとも思えず…。

 

コース図を見ながら熟考を重ねた結果、

 

私「フィニッシュ地点を見られればいいよね」

 

ナビタイムを起動して、浅草雷門から東京駅まで最短のルートで走ることにしました。ここからは東京マラソンのコースを完全無視。

あとだいたい○キロだよ、と励ましながら走り(時に歩き)、最後は歩きたがる夫の声を無視して走り、ようやくフィニッシュ!

がんばった!!

 

私「ここから日比谷のランステまで1kmくらいだけど、走る?」

夫「歩く…」

 

日比谷のランステ「ラフィネ」でシャワーを浴び、お隣の日比谷シャンテで昼ビールランチをして、ちょっと酔い覚まし。

 

楽しい代休でした☆

 

**************************

そう、楽しかった。

 

楽しかったけど…。

 

物足りない…。

 

 

**************************

そしてその夜、娘を寝かしつけた後。

 

私「ちょっと走ってくるね!」

夫「え!? また!?」

私「うん、明日飲み会で走れないから。ちょっとだけ」

夫「………元気すぎるだろ…」

夫が…引いている…。

 

(さすがに下りはすべて歩きました)

 

夫くん、楽しかったね。

涼しくなったらまた走りに行こうね。

次は夕飯の後の食器、ちゃんと洗ってね(本来は夫の仕事だけど、立つのもつらいって言うからかわりに洗った)

 

?