働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

LSD90分。私は私になりに、足を動かすしかない

 失踪していた「マラソン心」を取り戻してから約2週間。

地に落ちた走力をせめてサブ4レベルに戻すため、金哲彦さんのサブ4メニュー導入期からやり直しているわけですが、7月4日はセット練の2日目、LSD90分でした。

 

90分LSD、家を出るまではかなり憂鬱でした。

走ってないからなのか、ランナーとは考えられないくらい体重が増えたからなのか、暑くなったからなのか、たぶん全部ですけど、ジョギングって、こんなに辛かった...? って、最近走るたびに、新鮮な驚きがあるんですよ...。

ああ、絶対きつい…。

でもセット練をできるの今日しかないし...。


寝かしつけを済ませて22時のスタートです。

 

ブログを書いてる方には分かってもらえるかもしれませんが、前回のブログ、30分のジョグで1本書いたんですけど、私レベルの何の理論も持ってないランナー(を自称していいかも怪しいレベルですけど)が、余談を交えずに30分ジョグだけでブログ1本書けたら、ダメなんですよ。

「50分くらいのジョグだと難なくこなせるから今日は書くことないわ~」って、何も感じずにジョグをこなせるレベルまで持っていかないと、ダメなんですよ。

昨シーズンのレベルまで戻すというのは私にとってそういう感覚です。

 

LSD前半戦、45分に到達するまでは「暑い」「もう帰りたい」「ゆっくり走ってるのに息が苦しい気がする」「帰りたい」「足が重い」「帰りたい」と脳内がネガティブワード一色。

 

まだ90分LSDに耐えられる体でないのでは?

今日は60分で切り上げていいんじゃない?


心は完全に自宅方面にぐいぐい引かれるわけです。まさに自分との戦い。

 

気晴らしにラジオを聴こうとアプリを立ち上げたら、歌手の森山良子さんが富山でコンサートを開いたときに食べたという、白えびのかき揚げ丼の話を熱く語っていました。

よりによって。

今。

白えびのかき揚げ。

 

「普段は白いご飯を食べないけどこの時ばかりは食べずにいられなかった」と興奮する森山良子さんの声を聞きながら、(白いご飯、今は絶対食べたくない...)(白えびのかき揚げ、いいな...)(コンサート終了後に運ばれてきたって言ってたけど、そんな夜まで出前頼めるのかな...作り置きのお弁当なのかな...あ、コンサートが昼っていうこともあるか...)(かき揚げならビールで食べたい...)(ビール飲みたいな...)とかき揚げに思いを馳せていたら、あっ! いつの間にか45分経っている!!


ありがとう森山良子さん!! あと白えび!!!

 

残り半分と分かるとゲンキンなもので、急にやる気が湧き出してくるんですよね。

さっきまであんなにグズグズ言ってたのに。

まるで無かったかのように、前向きな気持ちになるというか、自分でもビックリするくらい豹変します。脳から変な汁が出てるんだと思うんですけど。

「よーし、金さんのメニューがんばってこなして走力を取り戻すぞー!」って急に張り切る。ここまで走り出してから50分かかったけど。

 

実は金コーチのメニューをまた実践するにあたって、「繰り返し同じメニューをこなしてもなあ」という気持ちが、なくはなかったんですけど。


マラソンブログを読みすぎていると、月初に目標(走行距離やポイント練習の内容など)を自分で立てて、それを実践していくのが「当たり前」のような感覚になってしまう時があるけれど、私の場合、身体も心(モチベーション含む)もそのレベルに達してないんですよね…。マネしようとしても「下手の考え休むに似たり」というか…。


マラソンには色んな取り組み方がありますが、私がマラソンを好きな理由の一つは、気持ちがついていかなくてもとにかく足さえ動かしていれば一定のレベルまで走力が上がる、というシンプルなところ。

走力が上がれば気持ちは後からついて来ます。


だから、自分に合っている金コーチのメニューをたんたんとにこなして、ある程度まで戻すのがきっと足作りの最短ルート。足もできてないのにわき道に逸れても仕方ない。愚直にメニューをこなして走力を取り戻そう。俺はやれる。俺はやれる!(トレイルラン2016夏号読んでね!!→30分しかないから手短に書くよ! トレイルラン2016夏号は、買い!!! - 働くお母さんが走るブログ

 

 

私のマラソン心もだいぶ戻ってきたなー!

(でもね、LSD90分で1本書けるようじゃダメなんですよ…)


白えび食べたい…。


****************************

天園ハイキングの帰り、鎌倉駅のお土産コーナーに立ち寄りました。

 

娘「どうしたの?」

私「いや、たまには会社にお土産でも買って行こうかと思って...」

娘「ああ、娘ちゃんも、たまに会社の人からお菓子貰うもんね!」

 

会社で配られるお土産やお菓子のごく一部は娘に流れるんです。「娘さんの分も」と頂いた場合と、私が減量中の場合。

 

私「でも鎌倉って近場といえば近場だし...大げさにお土産買っていかなくてもいいかなあ」

娘「いや、買ったほうがいいよ! 貰いっぱなしじゃ良くないでしょ」

私「!? 『貰いっぱなし』とか知ってるんだ!」

娘「当たり前じゃん!」

私「あなた...しっかりしてるわね...」

 (親が頼りないから…)

 

?