読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その4・ラスト】霧の最高点、下りで息を吹き返す婦人たち そしてフィニッシュへ〜婦人たちの坂練、箱根駅伝5区編〜

(前回まで→【その3】フルマラソン10分の走力差は、たった2ヵ月でひっくり返る〜婦人たちの坂練、箱根駅伝5区編〜 - 働くお母さんが走るブログ

 

休憩ポイントで「あと何キロですか…」「きつい…」と口々に弱音を吐く婦人たち。談笑しつつも誰が先頭になるか腹の探りあいをしていたところ、板橋婦人が颯爽と前に出ました。

 

そして。

 

歩いたー!!!

 

女神!!!

(心底ホッとした…!)

(でも、板橋婦人、またすぐ走り出したけど)

 

 上りっぱなしで半死半生の婦人たちでしたが、それでも、希望はありました。

箱根駅伝5区のコースは、最後、下って終わるのです。

 

ほら。

f:id:shin_kuroiwa:20160507155527j:plain

(最後微妙に上ってるけど、そこはまあ…)

 

コースの序盤、箱根湯本までは「暑いな」と感じることもあったのですが、山に入ってからは涼しく、最高点の近くはひんやりとしていました。

 

18kmくらい、箱根駅伝最高点の少し手前、ガソリンスタンドから見た光景は、約1年前に走ったときとは別世界。

 

前回(2015.5.3)

f:id:shin_kuroiwa:20160511155417j:plain

 

今回(2016.5.7)

f:id:shin_kuroiwa:20160511001011j:image

 

霧…!!

見通しが悪すぎて、ひとりで来てたら怖かっただろうな…。

 

 

最高地点まで走ったら(おおむね)下るだけ

最高地点まで走ったら(おおむね)下るだけ…! 

 

と、心の中で唱えつつ、ようやく!!

 

ようやく!!

 

 f:id:shin_kuroiwa:20160511001028j:image
最高地点に、来たよーーーー!!!
 
 
 曽我兄弟の墓も霧の中。
f:id:shin_kuroiwa:20160511001049j:image
 
2時間サスペンスの舞台のようだ、と、話しながら先を急ぎます。
f:id:shin_kuroiwa:20160511001108j:image
景色が何にも見えない。
 
 霧も晴れてきて、念願の下り。
f:id:shin_kuroiwa:20160511001132j:image
 
 
下り坂で息を吹き返し、ペースアップする婦人たち。
f:id:shin_kuroiwa:20160511001155j:image
 
元箱根についた!

f:id:shin_kuroiwa:20160511154650j:plain

大荒れの芦ノ湖を横目に、

 

ラストスパートからの、

f:id:shin_kuroiwa:20160511001230j:image

 

フィニッシューーーーー!!

f:id:shin_kuroiwa:20160511154724j:plain

(フィニッシュ地点で知らないグループがハイタッチしてくれた)
 
【結果】
距離   23km
タイム 2時間51分08秒(7'27/km)
    (だいたいの中間点・宮ノ下まで1時間24分)
 
タイムだけ見るとそこそこ走ってるように見えますが、休憩中は時計を止めていたので、スタートからゴールまでの経過時間は4時間10分。
 
結論:休憩、長い。
 
(でもさあ~、そうは言うけどさ~、お楽しみがないと頑張れないしさ~)
 
坂道トレーニングはハンパなくつらいけど達成感もひとしお。
 
ひとりで来たら、もっとたくさん歩いていたと思う。
みんなのおかげでこのタイムが出せたよ!
みんなと来て良かった。
みんな、本当にありがとう!
 
 
でも、もう、しばらくはいいや!!! って、フィニッシュの瞬間は、心底思った!!
(みんな鬼コーチ過ぎだったよ!!)
 
 
 
近い走力の同性の集団走、いろんな意味で、すっごく楽しかったです。
 
 
※箱根駅伝5区のコースをもっと詳しく知りたい、という方は昨年のレポートがおススメです。
(5区はここから→【その17】最大の敵は暑さでした~そうだ、箱根、行こう - 働くお母さんが走るブログ

(ほぼ歩いて上ったから写真がたくさんあるよ!!!!!)

 

***************************************

フィニッシュ後のお楽しみは温泉。

f:id:shin_kuroiwa:20160511161752j:plain

去年は入れてもらえなかった夕霧荘、1年越しに入浴できました。
悲願達成! 
 
途中から貸切状態になり、露天風呂で今季のレースをどうするかについて盛り上がりました(さいたま国際をdisってたのは忘れてね!!)

(盛り上がりすぎてのぼせた…)

 

 風呂上りの手酌ビール。

f:id:shin_kuroiwa:20160511001259j:plain

 

ちらし丼で糖質&たんぱく質補給。

f:id:shin_kuroiwa:20160511001319j:image
 
デザートは、箱根駅伝ミュージアム!
f:id:shin_kuroiwa:20160511001409j:image
 
箱根駅伝ミュージアムのハイライト
 
「ランパンの下こうなってるんだ!」
「インナー付いてる。やっぱりパンツ履いてないんですね~!」
「わー! ほんとだ!! メッシュになってる!!」
 
 
小田原行きのバスで、帰りました。
 
くろいわ「私、芦ノ湖来るの2回目なんですけど、前回も走って来たし、観光で箱根に来たことないんですよね…」
板橋婦人「観光で来た方が良いですよ…良いところだから…」

私も、そう思う…。


婦人たちの坂練・箱根駅伝5区編、完。

 
【次回予告】
箱根5区のつらい経験が温泉・海鮮・箱根駅伝ミュージアムの「行楽補正」により、日がたつごとに「あれ…? もしかして楽しかった…?」と脳に騙され始めた婦人たち。
次はヤビツか足柄か、とキャッキャ盛り上がっていたところ、突如黒い影が現れた!
 
影「ちょっと待った! 次回は私も参加するわ!」
くろいわ「その声は…!」
影「(バッ!!←姿を現す)」
くろいわ「大阪国際婦人!!!」
 
まさかの国際ランナー登場に動揺する婦人たち。
フルを3時間一桁で走るポテンシャルを前に、サブ4婦人たちはひねりつぶされてしまうのか!?
 
加古川婦人「次回は大阪国際婦人に先導してもらいましょう!」
くろいわ「ダメだ! 生きて帰れないぞ!!」
加古川婦人「でも…ツヨシが…器を広げるって…ツヨシが…」
くろいわ「(加古川婦人…酸素欠乏症にかかって…)」
 
 
次回の婦人たちの坂練は「坂練・夏~あの時、坂が楽しかった思い出になってたの、どうしてでしょうね…~」。
 君は生き延びることができるか…!
 

 


(何でも、かつ、好きに書いてごめんなさいね…)

(でも、また書くね…)
 
 
【告知】
明日のブログはテンションが高いです。


 
 

?