読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その2】箱根サバイバル! 試されるサブ4女子の男気〜婦人たちの坂練、箱根駅伝5区編〜

トレーニング
 
 
箱根湯本から先は、ぐっと「山」になります。
 
道が狭いのでマナー良く一列で走る婦人たち。

f:id:shin_kuroiwa:20160509121458j:plain

引き続きしんがりをつとめる(すでにバテ気味の)私。
 
山に入るとすぐにこの光景。
f:id:shin_kuroiwa:20160508213154j:image
 
「函嶺洞門だ!」
「箱根駅伝で見た!」
「中継だとこう、上のアングルから映すんですよね!」
 
函嶺洞門の「箱根駅伝感」に沸き立つ婦人たち。
でも、楽しいのは、ここまで…。
 
 

 

ここで集団を引っ張っていたのは板橋婦人でした。

板橋婦人はこの箱根5区を走る一週間くらい前まで、しばらく風邪をこじらせていたんですって。
なのに、5区を走る3日前に、箱根駅伝の3区を走ってきたんですって。

病み上がりなのに大丈夫かしら、疲れが溜まってないかしら、と少し心配していたんですが、

 
普通に、置いて行かれた(※上り坂です)。
f:id:shin_kuroiwa:20160508214115j:image
はるか前方、クルマの横に、独走する板橋婦人の紫のザックが見えますでしょうか。
 
ぐいぐい行く。
鬼コーチ。
 
 
板橋婦人だけじゃなかったんです。
 
先頭の人が、いちいち燃えるんですよね。
 
 
次に先頭に立った湘南婦人もこの爆走ぶり(※上り坂です)。
f:id:shin_kuroiwa:20160508225347j:image
(私はかなり引き離されておりましたので加古川夫人からお写真を頂きました)
 
 
ちょ…!!
みんな!!!
 
 
女子6人で箱根に来たのに少しもキャッキャしてないんだけど…?
私のイメージしていた集団走と違うけど…!?
 
 
これ、完全に「箱根サバイバル」ですよね。
 
 
みんな落ち着いてー!
レースじゃないから!!

 

(サブ4女子、なんなの!?)

 
ちょくちょく休憩を挟みつつ、後続(主に私)を待ちながら走ります。
湘南婦人が休憩場所に選んだのは蛙の滝。
f:id:shin_kuroiwa:20160508215245j:image
 
ここ(8kmくらい)ですでに死にかけているくろいわ。
 f:id:shin_kuroiwa:20160509125007j:image
(自分の下半身の太さに衝撃を受けたので、モザイク入りで失礼します)
 
 
休憩はホッとする。
けれど同時に、ちょっとした緊張感も生まれます。
休憩のたびに先頭が交代するからです。
他の婦人たちの爆走ぶりを見て、先頭に立候補する勇気はないですよね。
 
 
次は誰が先頭になる…?
そろそろ一回りしたよね…?
 
 
じゃんけんしようか、という流れになったのですが、「最初はグー!」のところで、私は気付きました。
 
そして、チクった。
即座に。
 
 
くろいわ「待って! 加古川婦人、まだ先頭になってないですよね!?」
加古川婦人「ああっ、バレた!!」
 
悪く思うな、こっちも必死なんだ…!
 
よろしくお願いしまーす!
 
そして。
 
 
 
くろいわのはるか頭上で独走状態の加古川婦人。
f:id:shin_kuroiwa:20160508215813p:image
(以前撮影したヘアピンカーブのところ)
 
速ええええええわ!!
 
 
(サブ4女子、なんなの!?)
 
 
あまりの爆走ぶりに、私は追うのを諦めました。
思い出していたのは鏑木毅さんのあの言葉。ラン×スマで言ってたよね。
 
鏑木さん「攻めの歩き!
 
歩き5歩+走り10歩を繰り返していると、ゆっくり走り続けてるのとそんなにスピード変わらないんですよね。使う筋肉が使うからちょっと休めるし。
f:id:shin_kuroiwa:20160508220630j:image
攻めの歩きをしつつ写真を撮る。
(気を紛らわせたいので)
 
 
大平台の駅で合流しました。
f:id:shin_kuroiwa:20160508215915j:image
 加古川婦人は一仕事終えた顔で、自動販売機で水を買い足していました。
 

大平台の駅のイスに腰掛けて、うなだれていたのは板橋婦人。

くろいわが「まだ半分も来てないんですね…」とやる気を削ぐようなことを言うと、板橋婦人は「(5区を走ることについて)もう後悔してる」と遠い目をしていました。
 
 
くろいわ「でも板橋婦人、山に入ってすぐ独走してたじゃないですか…」
板橋婦人「先頭にいると、後ろからのプレッシャーを感じるのよ…」
 
 
わかる。
湘南婦人も滝で休憩しているときに、同じようなことを言っていたし。
 
板橋婦人「それと、先頭を走ってると『自分が最初に脱落するわけにはいかない』って、思う…」
 
 
ですよね。
 
これくらいの気合いがないと、女子でサブ4なんて、取れないですよね。
 
 
今回の坂練をサブ4女子に限定した時点で、私はこの結果を予測するべきだったんだ…(絶望感)
 
 
トイレに行っていた婦人たちが戻ってきて、誰が先頭を走るか、ふたたび話し合いの場が持たれました。
 
板橋婦人は言いました。
 
板橋婦人「ジャンケンで勝った人が先頭になりましょう」
くろいわ「勝った人…?」
 
板橋婦人は続けます。
「だって先頭って自分でペースを決められるんですよ? 歩いたって良いんだし!」
 
 
詭弁だ、と、誰もが思った(と思う)。
 
 
誰も先頭になんてなりたくない。
後続からのプレッシャーはキツい(気がする)し、先頭に立った以上、脱落する(歩く)ことは許されない(気がする)。
集団を引っ張る責任が重過ぎる(気がする)…!
 
 
実際はみんな付いて行くのに必死だし、別にゆっくり進んだって構わないんですけど、全員が自分で自分に、謎のプレッシャーをかけている状態でしたよね。
 
 
先頭を決める決死のじゃんけん。
要は「男気じゃんけん」ですよ。
婦人だけど。
婦人なのに。
 
 
最初はグー、でジャンケンが始まった。
 
「やっ…じゃなくて負けちゃって残念ー!」
 
「うわぁぁぁ勝っちゃった…じゃなくて、やったー!!(ヤケクソ)」
 
次に先頭になったのは、また、加古川婦人でした。
ここから加古川婦人が再び独走するわけですが、この時、加古川婦人には「ツヨシ」が見えていたそうです。
 
 
 
つづきます。
 
 
 
 
 

?