働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その1】日本酒を注文したのは私じゃない(と思いたい)~新横6耐レポ~

4月29日金曜日、祝日。

 

ふと目が覚めて、枕もとの携帯を観ると、時刻はまだ6時半。

深酒の翌朝はたいてい早起きだ。眠りがとても浅いから。

 

視界がぼやけているから、コンタクトレンズは外しているようだった。

顔を触る。化粧も落として寝たらしい。

ホッとした。昨夜の私は意識が高かった。

 

 

なぜ私は昨晩日本酒を飲んでいたのか。

どうしても思い出せなかった。

2件目も中盤を過ぎたあたりだったと思う。

 

ぐい飲みは白で、底に紺色のわっかが描かれていた。

たぶん、辛口だった。

 

誰が注文したんだっけ。

日本酒は人数分注がれた。

注文したのは私じゃない。

私じゃない。

と、思う。

思いたい。

 

 

だって昨夜の私は、とても善良な酒飲みだった。

その証拠に、一件目の最後、飲み放題のラストオーダーではウーロン茶を頼んだ。

お茶を飲むのか、とブーイングを受けても、私は毅然として答えた。

 

「明日の朝、私、走るんスよ!!(6時間)」

 

何言ってんのー、うけるー、みたいな扱いだった気がする。

 

そう、善良な酒飲みだったんだ。

21時くらいまで。

 

 

気が付いたら2件目で、ほたるいかのお刺身を食べながら日本酒を飲んでいた。

 

ふと時計を見たら終電近くになっていて、駅に走った。

走ったのに。

そこにあるはずの新宿三丁目駅が、なかった。

 

 

 

 

(神隠しだ!!)

 

本気で思った。

いまなら分かる。

通りを間違えていたんだと思う。

酔っ払っていたから。

 

酒は悪くない。

酒飲みも悪くない。

ただ、酔っ払いは間違いなく「悪」であると、つい4~5時間前まで酔っ払いだった私は断言できる…。

 

以上、33歳の反省文でした。 

 

~Fin~

 

(あとタクシーを手前で降りすぎてしまいコンビニに吸い込まれてサンドイッチ歩き食べしながら帰ったとかいろいろあるけどもうやめておきます)

 

 

布団にくるまったまま、

 

(今日、どうしよう…走れるのかな…)

 

うとうとしていると、夫がごそごそと起き出したようでした。

 

洗面所から身支度をしている音が聞こえてきたので、私もそっと体を起こしてみました。

 

(気持ち悪くないし、頭も痛くない…)

 

奇跡的に、二日酔いの症状はありませんでした。


私は私を裏切ったけど(酒量で)マラソンの神様は私をお見捨てにならなかった…!!

 

今日は夫と娘がふたりで出かける絶好の機会。

これを逃したら次にいつ「完全に自由な6時間」を確保できるか分かりません。

(じゃあ飲みすぎるなって? 飲み会の回数が夫の15分の1くらいなんで、1回1回が全力投球なんですぅぅぅ!!!!)

 

6時間はムリかもしれないけど、行けるところまで行くか…。

 

布団の上で立ち上がろうとしたとたん、玄関のドアが閉まる音が聞こえました。

 

 

先を越された!!

(終電の時間に帰ってきた妻が朝から走りに行くとは思わないですよね、常識で考えて)

 

夫は長くは走らないだろうから、とりあえず準備をしようと顔を洗ってランニングウェアに着替えて食パンにハムとチーズをのせて焼いていたら、娘が起きてきたので一緒に朝ごはんを食べて、娘の折り紙にお付き合い。

 

 

そうこうしているうちに夫が戻ってきたので、バトンタッチ!

 

私「パパと娘ちゃんはあと1時間くらいで出ちゃうよね。今日はちょっと長めに走るから、鍵持って行くね」

 

ちょっと長め=6時間の予定です。


6時間走る予定でしたから、なるべく余分な荷物は持ちたくありませんでした。

持ち物は6ポケットのパンツに、カギ、カードケースに千円札3枚といざというときのためのクレジットカード、あめ玉を3つほど詰めて、ポーチはつけませんでした。

 

長丁場ですから、歩くのと変わらないようなペースで、ゆーっくり、ゆーっくりと走ります。

 

 

向かったのは新横浜公園。

新横ぐるぐるで走った1800mのランニングコースを、ひたすらぐるぐるします。

 

新横ぐるぐるコースの良いところ

・トイレと自販機に困らずストレスフリー。

・店舗はないけどワゴン販売で食事が取れる。

・公園に遊びに来ている人がたくさんいてにぎやかなので孤独感がない

・ブルーに塗られたランニングコースをひたすらぐるぐるぐるぐる走るだけなので「無」の境地にたどり着ける

・ランニングコースの内側に入ると芝生。膝に優しい。

 

こんな感じで、

 f:id:shin_kuroiwa:20160502171151j:image

ぐるぐる

 f:id:shin_kuroiwa:20160502171209j:image

ぐるぐる。

f:id:shin_kuroiwa:20160502171230j:image 


 

特にコースの北側は強風が吹き荒れて、帽子が飛ばされまくりました。

心がバッキバキに折れる…。

 

キロ7分半くらいでゆっくり走ろうと思っていたのですが、キロ7分半が分からず、ちょっと走ったら歩いてペースをあわせて、の繰り返し。

途中でペットボトルのアクエリアスを買い、手に持って走ります。

(ボトルポーチは重いし、擦れるのも怖かったので)

 

ラップ、出すほどのものじゃないですが…。

 

1~5km  7'56 / 7'38 / 7'33 / 7'33 /6'33

6~10km  7'54 / 6'50 / 7'22 / 7'33 / 7'14

 

10kmのタイムは1時間14分11秒。

あと4時間45分…長いな…。

 

それでも私には希望がありました。

 

これ。

 

11時15分まで耐えれば、トレラン仲間で働く母仲間のわたなべさん(通称・わた美)が来てくれるって言ってた…!

 

 

11~15km 7’02 / 6'48 / 6'59 /7'07 / 6'19

16~20km 17’50 / 7'07 / 10'34 / 7'34 / 15'50

 

今回はエア柴又100Kの正式ルールに則って休憩中も時計を止めていません。

15kmのラップが大エイド。食事とトイレも含めた時間です。

(18kmがわたなべさんとの合流。これはまた次回に)

 

 

 

大エイドのタコライス、見た目よりご飯の量が多かったのにその直後から普通に走れてて、ムダに胃腸が強いな、と思いました。

 

(痩せる要素がない)

 

 

 

?