働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【サブ3.5への道】春はロング中心に走り込みを。インターバルは、しません!(秋までは)

まずは秋のサブ3.5を目指し(いや! 「まず」とかない! 秋で決める!)、ざっくりしとしたトレーニングの方向性を…。

 

(1)4~6月はロング中心に月間200km程度

(2)7~8月中旬は、耐える

(3)8月後半から金コーチの3カ月トレーニングを再開

(4)まずは坂ダッシュでサブ3.5を狙う

 

(1)4~6月はロング中心に月間200km程度

昨シーズンは「地獄が見たい」とか血迷ったことを言いながらエントリーした柴又100Kを完走するため、3~5月にかけて毎月月間200km走り、6月のレースでは初ウルトラを12時間で何とか完走できました。

この時期の走り込みと、「100kmに比べたらフルは辛くない!」という刷り込みが、秋以降のフルで生きたのではないかと思っております(ちなみにさいたまを走った後に「ウルトラとフルじゃ辛さの『質』が違う」という事に気付きました。どちらも過酷でした。かしこ)。

夏前にロング走中心にスタミナを付ける!

あと、(2)で書きますが、夏にできないから。ロング走。ムリ。

 

(2)7~8月中旬までは、耐える

昨年気付いたんですが(一昨年までは夏にまったく走ってなかったので…)、夏にロングとか、ムリですよ。

 

夜も暑いし→夜ランが蒸し風呂すぎる - 働くお母さんが走るブログ

昼はもっとヒドいし→真昼の90分LSD(もどき)! - 働くお母さんが走るブログ

 

8月の帰宅ランレポートでも書いてました。

夕方だろうが夜だろうが、夏のロング走はやはり命に関わる気がする。

早朝ならば多少は違うのかもしれませんが、ほらぁ~、うち~、夫もジョギングするからぁ~、朝走れないじゃない?(早起きできない私にとって絶好の言い訳ができて嬉しい)

 

この時期は、あまり頑張りすぎず、かといって走力も落とさないよう、やり過ごしたいと思います…。

 

(3)8月後半、レース3カ月前から金コーチの3カ月トレーニングを再開!

今季も金コーチにお世話になります!!!

金哲彦さんのマラソン練習が分かる本に基づいたトレーニング、略して金トレ!

 

金哲彦のマラソン練習法がわかる本 (じっぴコンパクト文庫)

金哲彦のマラソン練習法がわかる本 (じっぴコンパクト文庫)

 

(文庫化されてお求めやすく! 携帯にも便利です!!←営業)

 

去年のさいたまもこのトレーニングで走って目標達成できました。

shin-kuroiwa.hateblo.jp

(今年3月の静岡もそうするつもりだったけど引越しでボロボロになって、全然できなかった…)

 

私は常々金コーチを称え、崇め、ブログを通じてこの本を熱烈に推薦しておりますが、この本だけが正解、とは思っていません。世の中には記録伸ばすためのさまざまなアプローチがあって、そのどれを選んでも、続けていれば確実に力は付くと思われます。

ただ私にはこの本のメニューが合っていて、練習で撃沈を繰り返しつつも嫌にならないギリギリのところで続けられるし、このメニューで自己ベストも伸びているし、また1シーズン、金コーチ門下で頑張ります!

(一昨年11月、初めて金メソッドでサブ4トレーニングを始める前、無料だからとM○ A○ICSでもメニューを組んでみたのですが「どう頑張ってもサブ4ムリだよ」っていう予測で、「見放された!」と悲しくなったのを良く覚えています…。金コーチありがとう!)

 

(4)まずは坂ダッシュでサブ3.5を狙う

私が金トレで一番好きなところは!

何と言っても!!

インターバル走がないところです!!!!!

 

 

もう、ほんと、ゼエハアしたくない…。


スピード練習やるやる詐欺を続けてほぼやらずに1年…。

そんな私でも3時間35分カット(ネットでギリギリだけど)できたのは、ひとえに坂ダッシュのおかげだと思っています。

shin-kuroiwa.hateblo.jp

(平地のゼエハアはつらいけど、坂のゼエハアなら許容できる不思議)

 

金コーチは「サブ3.5を狙うなら100mの坂ダッシュ×10本を1週間に一度」と仰っているので、4月から毎週やります。インターバルしなくても3.5が取れるということを証明したい…。

 

あと去年の9月に「閾値走やります」って宣言して以降ほぼやってないので、

 

・セット練の1日目がジョグの場合で、

・信号のない河川敷を走れる明るい時間に家を出られたら、

 

という2点の条件を満たしたら、やる!!

(普段は幹線道路沿いの夜ランで信号も多いんです。スピードが乗ってきたとたんに赤信号で止められるんです。「ストップ&ゴー」で閾値走やる根性はないんです(;;))

坂ダッシュだけじゃムリだな、と悟ったら冬のレースはアプローチを変えてみます。

(……が、坂ダッシュだけでスピードを鍛えたい…!)

(どうしてもインターバルやりたくない…!)

 

秋のレース後は、どんな気持ちでこれを読み返しているか楽しみでもあり、怖くもありますが、とにかく故障のないように気を付けつつ、自信が持てるくらいの練習をしっかり積んで、次のフルを迎えたいです。

 

どれだけ万全に準備をしても、レースはナマモノですから、最後は「運」の要素を排除できないところが、フルマラソンの怖いところであり、面白いところでもあると私は思っています。

ただ、すべてはサブ3.5のために、やれることはすべてやって、スタートに立つ!(注・インターバル以外)


11月の私に怒られないよう4月からしっかり頑張ります!


4月…から…。

 

※昨日今日と「熱血くろいわでお送りしておりましたが、明日はデレいわ(デレデレしているくろいわ)でお送りします。

 


?