働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

今季まとめ【前編・2015秋編】

今季のフルマラソンは、

 

2015年11月15日 さいたま国際マラソン

2016年3月6日 静岡マラソン

 

の2本でした。

いずれのレースでも何とかPBを更新することができ「まだ頭打ちじゃなかった!」と嬉しく思っています。

来季、サブ3.5を取りに行きます。

 

私の今シーズンは終わってしまいましたので、それぞれのレースに向けた月間走行距離や出場レース、できごとなどを、

 

今季まとめ【前編・2015秋編】

今季まとめ【後編・2016春編】

 

の2回に分けて振り返ります。

 

*****************************

 

今季もお世話になりました、練習メニューは我らが金哲彦コーチ!

shin-kuroiwa.hateblo.jp

(サトミにイラっとしていたあの日...)

 

8月 137km

今季の勝負シューズだった「スカイセンサー」を買ってもらったり、柴又100KのフィニッシャーTシャツに「…...」ってなったりしていた8月。

11月のさいたま国際マラソンへ向けたトレーニングは、8月9日、お盆の帰省先からスタートしました。ちなみに7月26日~8月8日までまさかのランオフ。我ながらメリハリがありすぎだな、と思いました(メニューがないと走れない系ぐうたらランナー)

練習サボっていたのと夏の暑さとで、当初は大好きなLSD120分すらこなせないというひどい有様でした。夏場、つらかった...。

 

9月 217km(高尾山外周トレイルラン22km含む)

8月末の飲み会で酔っ払って階段で滑って尾てい骨を痛打し、走るのには支障がないけど自転車に乗ったら痛いから保育園への送迎が苦行、という状況でスタートした9月の走り込み期。鏑木さんの新刊(文庫化)が出てキャーキャー騒いだり、EPSONさんが鏑木さんのスポンサーになってキャーキャー騒いだりしていました。

娘をワイナイナさんに弟子入りさせたり、ラン仲間と高尾山に走りに行ったり、と、トレーニング以外では楽しい1カ月でした。

そう。トレーニングは撃沈続き。

この頃は身の程知らずに「3時間40分切りのRPは5分12秒だからぁ~、10秒余裕を持たせて5分2秒ペースで走っちゃお~♪」みたいなノリでした。ほら、前季、サブ4ねらいのレースで3時間46分出したから、調子こいてたんですよね。

当然そんなペースで走れるわけもなく、20km持久走を(暑かったとはいえ)5'05/kmでふらっふらになりヘコみまくっておりました。タイムだけみるとそんなに悪くないけど、休憩もいっぱい取ったし、本当にフラッフラだったんですよね...ボロボロといった方が近いかもしれません。

ひとしきり意気消沈した後、「閾値走やる!」と意気込んだものの、結局さいたままで1回も閾値走をしませんでした...。

が、がんばろう、スピード練習!

 

10月 204km(富士山麓トレイルラン16.8km含む)

スポーツブラから異臭がする・・・と打ち明けたところ、複数の方から「オスバンSがいい」と勧められてさっそく買いに行った10月。これ以降「オスバンなしでは生きていけない!!」ってくらい助けられております。劇的にニオイが取れる!! 私は400倍に薄めて使っています。

この月は初めてのトレイルランニングレース、富士山麓トレイルランのロングコースを走ってきました。福田六花先生も富士山も樹海も最高でこれ以上ないくらい幸せなトレランデビューになりました。

フルに向けたトレーニングの方はまったく良いところがなく、1回目の30km走翌日の2km×5本のRP走が1本しかこなせず、20km持久走の予定を15kmに下方修正したにもかかわらず12kmまでしか走れず、メニューからこぼれまくりの日々...。

 

切羽詰って、2回目の30km走前には、こんな悲壮感のある記事までアップしました。

週末の30km走をひとりで最後まで追い込める方法を教えて下さい - 働くお母さんが走るブログ

(追い詰められすぎ)

レースかよ、というレベルの気合と調整により、ひとりで何とか5'08/kmでMペースの30km走を成功させ「首の皮一枚繋がった」という感覚でした。

 

11月 132km(さいたま国際マラソン42.195km、上州八王子八王子丘陵ファントレイル24km含む)

今季1本目のフルマラソン、さいたま国際マラソンのレース月。撃沈続きの練習でさんざんヘコまされた分、前日のブログでは「とにかく慎重に行く」というような決意を綴っていました。

結果はネットタイムで3時間37分28秒、目標の3時間40分切りをもぎ取ることができました(ネットだけですが)。「タイムをもぎ取った」と言いたくなるほど過酷なレースで、ゴール後はぼろ雑巾にようになりました。思い出すのもつらい...。PBを出したレースだし、思い出補正で美化されそうなものですが、ゴール直後の「来年は、出ない」という確固たる決意が揺らいだことは1度たりともありません。ほんと、ムリ(あっ、挑戦しがいのあるコースだということですよー! ぜひ ^ ^)

さいたま国際マラソンから中5日のランオフを経て、その翌週、21日土曜日にはまさかの2週連続レース「上州八王子丘陵ファントレイル」へ。

鏑木さん会いたさに夫に頭を下げまくりました。尊い。ブログ村がつくばマラソン速報&レースレポ祭りのなか一切空気を読まず、鏑木さんに興奮しまくった私が愛を語れば語るほど読者の方が引いてINポイントが下がっていく、というミラクルな現象に見舞われた1週間でした。どうして...?(やりすぎたか)。

ちなみに21日の「八王子丘陵~」以降は11月4日まで2週間のランオフでした(ひどい)

 

さいたまで出し切って、鏑木さんに会えて夢心地で、完全に、燃え尽きていました。

 

しかも、次のフルマラソンは、あの、静岡。

さいたま国際では暑さとアップダウンにやられながら、厳しい条件でも3時間37分台を出せました。

雨で涼しく(予定)どフラットの静岡なら、秋と同じだけの練習をすれば、少なくともPBは狙えるだろう、と。

なんというか、こう、先が見えて目標を見失っていたというか、「面白みがない」と思ってた時期で、ものすごく生意気ですが、「中だるみ」のような気持ちで過ごしていました。

 

スピード練習なんて続けられないし。

サブ3.5なんて一生ムリだし。

静岡でPB更新したら、来シーズンからトレラン頑張ろうかなあ。

 

転機になったのは、1月の新宿シティハーフでした。

 

後編へつづきます。

 

?