働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

横浜マラソンの応援に行ってきました

横浜市民の義務として、横浜マラソンの応援に行ってきました。

f:id:shin_kuroiwa:20160313151052j:image 

静岡マラソンでは沿道の応援にずいぶん助けてもらったので、恩返しの気持ちで声を張り上げてきました。

 

一ヶ所目は20km過ぎ、首都高に上がる手前の私設エイド。

 「女子がんばれーーーーーー!! 」「コマさんがんばれーーーー!!」「えっ、何かわかんないけど(仮装)がんばれーーーー!!」と応援しながらコーラとかチョコとか配ってきました(みんな名古屋に行ってるからまあ女子が少ないこと!)

黒岩祐治神奈川県知事が走っていて、「知事がんばれーーー!!」と声をかけたら20km過ぎてるのに笑顔で答えてくれて、政治家すごい!


お昼は新杉田の「バーグ」でスタミナカレー生卵入り♡

f:id:shin_kuroiwa:20160313151440j:image

(私は1メートルも走っていないのにハイカロリー食)


二ヶ所目は40km手前、山下公園。

f:id:shin_kuroiwa:20160313151620j:image

ここ、2車線の道路を片側ずつ使ってるので不思議に思っていたのですが、歩行者横断用なんですね。

A車線にランナーを走らせ、B車線を封鎖して歩行者を中央分離帯的な場所まで渡し、待機させる。次にA車線を閉鎖してB車線にランナーを誘導、中央分離帯にいた歩行者を渡す、という(分かりますか?)
片側ずつ交互に通すことでランナーを止めずに歩行者を横断させることができる仕組みになってて、他の大会でも採用すればいいのになあと思いました。
f:id:shin_kuroiwa:20160313151758j:image
(ただしこの方式だと、上の写真のように、応援したいランナーが自分の立っている沿道側を走らない確率が2分の1なので、このエリアでの応援は避けたほうが良さそうです…)

f:id:shin_kuroiwa:20160313154503j:image
娘も頑張った!
沿道の応援に連れて行ったのは3回目ですが、私設エイドを出すの好きみたいです。あなた見込みあるわね。


マラソンって自分が走るのももちろん楽しいんですけど、沿道で友達を応援したり知らないランナーさんに檄を飛ばしたり、走らなくても楽しめる懐の深いスポーツだなと改めて感じました。
まだマラソンポイントがそこまで回らないけど、もう少し娘が大きくなったらボランティアやりたい!

本日は気温も上がらず日差しもさほど強くない絶好のレース日和でしたね。みなさんお疲れ様でした!!
今日から飲んだくれましょう! 

(昨日の夜、夫が寝落ちした後に買い足してきた)



?