働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その3】このレースを「もの」にしたい。走らせてくれた応援の力~静岡マラソン2016レースレポ~

 
フルマラソンは30kmから。
30kmまでは「移動」するだけ。
 
心の中で繰り返し呟きながら走っていましたが、ただ呟いていただけで、タイムには一向に反映されませんでした…。
 
16~20km 5'11 / 4'49 / 5'14 / 4'56 / 4'52
 
静岡マラソン、恐怖の暴走高速コース…。
 
16kmは給水ロスで、18kmはエイドで安倍川もちを食べたのと「17kmのラップ速すぎたやばい」と意識して落としました。18kmで落としすぎた、と動揺して19kmのラップはまた5分切っちゃって、もうどうにもならない感じなので、半ば覚悟を決めました。
 
オーバーペース気味でしんどいけどまだバテてはいない。呼吸は少し弾んでいるけど苦しくはない。足は重いけどペースは落ちてない。
 
とにかくハーフまで行こう。そこからこのペースでもう1本ハーフができるか考えよう。
 

 

中間点の少し手前、21kmには給水・給食の大きなエイドがあります。
ここで食べられるのが、静岡おでん! 専用の屋台がお出迎え!

f:id:shin_kuroiwa:20160306165727j:image

 

ただし、静岡おでんだけは沿道になくて、コース脇の駐車場敷地内で提供しているのです。

食べたい。けど今年もタイム狙いだから食べられない( ;  ; )

スタッフの方が一生懸命呼び込みをしていましたが、後ろ髪を引かれつつ先を急ぎます。

 
中間点の看板を見つけ、計測マットをまたぎながらGPSウォッチでラップを取りました。
 
中間点 1時間47分42秒(5'06/km)
 
GPSはこの時点ですでに200mほど長く計測されていて(折り返しやカーブの多さのためと思われる)、手元の時計では平均ペースが5'02/kmでした。
5'02/kmだとオーバーペースですが、5'06/kmであれば妥当なペースだなと今なら思います。
が、暗算のできない私は手元の「5'02/km」にひどく動揺していました。
 
(このペースでもう1本ハーフ…いけるかな?)
 
自問してみましたが、
 
(……まったく分からない)
 
ただ体感的な「しんどさ」に対し、脚が「終わった」感じはありませんでした。
それに天気は午後から雨の予報でしたから、雲が出て日が陰り、水を浴びてこの暑さがしのげればもっとラクに走れるはず、という希望は持っていました。
 
(鏑木さんは言っていた…)
 
思い出していたのはまたあのDVD
 
(こういうレースを「もの」にしないと強くなれない…)
 
練習不足、想定外の暑さ、フルなのに最初から飛ばし気味。これでも後半粘れれば、来季のサブ3.5へ「繋がる」レースにできるはず。
このまま押していく以外の選択肢はありませんでした。
 
とはいえ、体がつらい…。
 
 
この中間点前後は、沿道の応援に大きな力をもらった区間でした。
 
ボランティアの方はもちろん、年配の方から小さな子どもまで、多くの方がいらっしゃいました。今年はまだ雨が降っていなかったので。
 
ハイタッチをするために腕を上げると、丸まっていた背中がシャキッと伸びるのが分かります。
声援に「ありがとう!」と返すと、さらに大きな「がんばれー!!」を返して貰えることが何度もありました。
「あのランナーは返事をするタイプだ!」と沿道から認識されると、次々に声援を貰えます。これは、がんばれる!
 
沿道の方「がんばれー!」
私「ありがとうございます!」
その隣の沿道の方「女子がんばれー!」
私「ありがとう!」(ハイタッチ)
さらにその隣の沿道の方「がんばれ!」
私「ありっ…ふっ!」
 
連続すると、息が続かなくなるので、お返事ができなくて申し訳ありませんでした…。
(調子に乗ると良くないという例)
 
適度にね…。
 
24.6kmのエイドで、
 
いちご来たー!!!
f:id:shin_kuroiwa:20160306170050j:image
 
石垣いちごをふたつ!
f:id:shin_kuroiwa:20160306170103j:image
甘酸っぱい…最高だ…。
 
エイドを過ぎると人もまばらになってきて、28kmより少し手前、遠くに小さな上り坂が見えてきました。
f:id:shin_kuroiwa:20160306170302j:image
あの程度の上りですら(本当に上るの…?)と気持ちが落ち込むんですが、それ以上に、あの先、応援がまったくない海岸線のつづら折りコースなんですよね...。
 
ここまでは応援に背中を押されて走ったけど、ここからは自分ひとりの力で頑張るしかない。
がまん、がまん、と呟きながら坂を上っていると、ぱらぱらと雨粒が落ちてきました。
 
 
やっと来た!
恵みの雨...!!!
 
21~25km 5'05 / 5’01 / 4'59 / 4'59 / 5'07
 
 つづきます。
 
 

?