読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その2】Cブロックは巨大な「キロ5」集団。ここにいたらつぶれるって!〜静岡マラソン2016レースレポ〜

 
Dブロックからスタートした去年のレポートを読み返すと、スタート直後の混雑に焦っていたようです(最初の1kmは6分越えたらしい)。
 
Cブロックスタートの今年は出足からスムーズでした。
混雑はしているけど流れが速いので序盤からペースを上げて行けます。

 

最初の1kmは5分15秒。

これなら目標の5'07/kmにすぐに乗せられそう。

ただそれを42km維持できるのか。
それが一番の不安でした。

 

静岡に向けた調整レースだったはずの青梅で、調子に乗ってキロ5で30kmを駆け抜けた結果、しばらく疲労が抜けずにクヨクヨしていたこの2週間。
レース3日前、最後の刺激入れでは6'07/kmでも猛烈にダルかったのです。
(あ、ご報告が遅れましたが私の子宮は持ちこたえてくれました! なんて良い子! さすが私の子宮!)
 脚が最後まで持ってくれるか自信がありませんでした。


静岡マラソンはスライド区間が多く、自分より速い選手を間近で見られるのも魅力の一つ。2kmより手前でまず先頭集団とすれ違いました。
f:id:shin_kuroiwa:20160306165045j:image
(白バイの先導は何度見てもアガる!)

 スライドが多いという事はそのぶん折り返しが多いわけで、静岡は特に序盤がぐねぐねしてやや走りにくいです(手抜きですみませんが昨年のレポートに画像があります)。

ただ、それを補って余りある高速コースなんです。

 
だって高低図、こんなですもん。

f:id:shin_kuroiwa:20160308104724p:plain

 
スタート地点よりゴール地点の方が20m低いのです。
まさに、記録を狙うためのコース。

 
第1折り返しを過ぎて、時計が刻んだ2kmのラップは5分00秒。
 
キロ5!? 速すぎる!!
 
飛ばしている自覚はありませんでした。流れに乗っているだけなのです。呼吸も乱れていません。感覚としては「ちょっと速めのジョグ」くらい。
 
落ち着こう、と、意識して周囲に合わせてみます。
 
ゆるい下りを含んだ3kmのラップは4分46秒。
 
あ、これはまずい。

下りとはいえ、こんなラップを続けたら確実につぶれる。
 

前のブロックからスタートする、ということは、考えてみれば当たり前なのですが「前に居る人が少ないから走りやすい」だけではなく「周りのペースが速い」のです。
Cブロックは大きなキロ5集団でした。
おそらくは、かなりの方がサブ3.5狙いの。
私のレベルより高い。
 
(前のブロックからスタートするためにタイムを虚偽で申告する人がいる、と聞いたことがあるのですが、今回の経験で「オーバーペースでつぶされるのが関の山では」と逆に心配になりました)

 

まずは写真を撮って呼吸を整えます。
f:id:shin_kuroiwa:20160306163921j:image

少し前傾していた上体を立てて意識的にペースを落とすと、その瞬間からびゅんびゅん抜かれ始めました。
もう、びゅんっびゅん。

面白いくらい。
 
いや。
 
面白いくらいって書きましたけど、面白いか面白くないかって言ったら、面白いわけないですよね。
序盤から抜かれまくるんですもん。
テンション下がる…。
 
レース中は完全に「戦闘モード」のスイッチが入っていますから、はやる気持ちをぐっと抑えつけ、「今は抜かせてやれば良い」と自分に言い聞かせました。
序盤から飛ばしたら後で絶対落ちる。35kmから抜き返してやればいい。今はがまん。
 (本当はもっと汚い言葉を使って心の中で悪態をついたんですけど本筋とは関係ないのでここには書きませ~ん♡♡♡)
 
 
とはいえ、ラップを見ているとあまり、がまんできてない…?
 
ラップタイム(手元の時計。最終的に400m程度の誤差)
 1~5km 5'15 / 5'00 / 4'46 / 5'04 / 5'01
6~10km 5'14 / 5'02 / 5'07 / 5'09 /4'59
 
6kmのラップがやや落ちているのは5.2km地点にある最初の給水所に立ち寄ったからです。
想定外の快晴でノドはカラカラ。視界に入るランナーの首の裏にも汗が浮かんでいました。
水のコップを2つ取り、ひと口飲んでから首の後ろと両ふともも、両腕にかけました。
とにかく体を冷やさねば。
 
身につけていたアームカバーは手首まで下ろしていましたが、それでも熱がこもる感じがしたので右だけ外してポケットに入れました(左のアームカバーは時計とリストバンドの下につけていたので外せなかったのです)。
 
8km過ぎ~10kmにかけて、スタート付近まで戻り駿府城公園をぐるっと一周します。
f:id:shin_kuroiwa:20160306165158j:image
 
道路を独占できるマラソン大会の醍醐味!

f:id:shin_kuroiwa:20160306165306j:plain

ふと気になってサングラスをはずしてみたら強い日差しが照りつけていて、

 

「(雨の)想定と違う…!」

 

と、改めて衝撃を受けました…。

晴れたのは嬉しい、でも、こんなに暑くならなくったって…。

 

ここまですべての給水所に立ち寄っていますが、15km過ぎの第5給水所では、本日1回目の補給を。
いままでのフルマラソンでは15kmでアミノバイタルプロの顆粒を摂っていたんですが、今回は少し思うところがあり、グリコのBCAAゼリードリンクを投入しました。
今更ですけど、顆粒、苦手なんです…。

 

グリコ パワープロダクション ワンセコンドBCAA ゼリードリンク グレープフルーツ風味 1個 (72g) 6個入り

グリコ パワープロダクション ワンセコンドBCAA ゼリードリンク グレープフルーツ風味 1個 (72g) 6個入り

 

液状タイプはやはり飲みやすい。


11~15km 5'05 / 4'54 / 4'53 / 4'59 / 5'01

 
抑えたつもりなのにペースが落ちないことに、この頃はひどく焦っていました。
周囲のキロ5ランナーの流れに完全に飲まれていたようです。
 
(フルマラソンでキロ5なんて最後まで持たないって…)

まだ序盤ですからキロ5でもリズムよく走れているし、息も苦しくない。ゆるやかな下りに助けられて、ついつい飛ばしすぎていたのだと思います。
(静岡マラソンの良いところでもあり、怖いところでもあります)

ただ、このままではレース後半にどんな目に合うか分からない…。
こわいよー!

 
17.2kmの第6給水所は最初の給食ポイント!!!
 
安倍川もち!
f:id:shin_kuroiwa:20160306165446j:image
(紙コップの散らばり方がひどいですね…)
 
静岡マラソンはこうした「ご当地給食」と、それをランナーにガンガン勧めつつ暖かい声援を送って下さるスタッフの方の明るさも、大変素晴らしいのです!
 
おいしかったです、ごちそうさま!
 
つづきます。
(次回から徐々に弱ってきます)。
 
 

?