働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その3】青梅の坂はランナーの味方! ツナ缶も踏めました!~第50回青梅マラソンレースレポ

 
前回のブログでは「イケイケ風」でしたけど(ほとばしる青梅愛)、実際は、結構、疲れていました。
 
青梅ってこんなにアップダウンあったけー!?
去年はこんなキツくなかったけど!!
 
というのも、去年の青梅は2週間後の静岡マラソン・初サブ4へ向けた完全な調整レースでありまして、何が何でもサブ4を決めたかった私は「5分30秒の目標ペースをトレースする」ことに注力していたし、ゴール後も余力が残っていたんですよね。
理想的な持久走でした。偉かった、去年の私。
 
今回みたいに、ギリギリで攻めると、
「アップダウンあるわー!!」
「きっついわー!」
 
と。
 
折り返し地点での状況は、
 
・上り坂で攻めたせいか、太腿の厚い皮下脂肪に疲労物質が満タンに詰まっているイメージの重い足
・5日のランオフで体の使い方を忘れたのか、肩から背中にかけてガチガチにこっている

しんどい! きっつー!

とはいえ、ここからは下り基調(前半で急な下り坂を駆け下りてきた記憶がうっすらあるけど気にしない)。
心肺にはまだ余裕があります。
きついけど、残りあと15km。絶望感はありません。
 
ゼエハアしてないなら怖くない。
足が終わるまで、ねばれるだけねばる。
5日も休息したんだから、これ以上ないってくらいの負荷をかけてやる。
 
(後半がどれだけしんどかったかと言うと、折り返してからフィニッシュまでは、写真を2枚しか撮っていませんでした。余裕なさすぎ)
 

ちなみに、気合が入りすぎたせいで、17km手前の給水所でカフェイン(ショッツのカプチーノ)を摂ろうと思っていたのをすっかり忘れてしまい、給水所を目にした瞬間思い出したのですが、タイムロスを避けたいのでここでは水だけの補給になりました...(ショッツは20kmの給水所手前で摂りました)。

 
折り返しからは知り合いを探して走っていたので気がまぎれたのですが、それも20km過ぎで途絶え...
f:id:shin_kuroiwa:20160223231124j:image
あとは気力で頑張るしかない...と覚悟を決めたところに、
 
「がんばってー!」
 
前方から明るい声。
ランナーが多くて見通しが悪いものの、吸い寄せられるように近づいていくと、やっぱり!
Qちゃんがいたー!!!
 
高橋尚子さんはコースの真ん中に立ち、両手を掲げてランナーとハイタッチ。私もお願いします!
右手を出すと、力強くハイタッチしてくれました。Qちゃーん! 好きだー!!(告白)
(2年連続で写真撮れなかった...)
 
辛くなるたびに、私は、さいたま国際マラソンのことを思い出していました。
「足は重いけど、あの浦和大学の坂よりは絶対に辛くない」「だから行ける」。
(ここまで思い出が美化されないマラソン大会は初めてかもしれません、さいたま国際マラソン。辛かった)
 
下りはできる限りの速度で、上りはさいたまを思い出しながらガマンして、あっという間にあと4kmの看板。
f:id:shin_kuroiwa:20160223231202j:image
上りは全部終わったはず、ここからスパートかける!
 
青梅のレポートでさいたま国際マラソンの話ばかりして申し訳ないんですが(そしてフルマラソンと30kmを比較するのがおかしいのも重々承知しておりますが、坂の印象という点で)、さいたまのアップダウンってひたすら足を削る「うねり」の連続で、攻略は「真正面から力でねじ伏せる」という印象でした。
 
でも青梅は違うんです! ちょっと見て!

f:id:shin_kuroiwa:20160224151216j:plain

残り4km、下ってるんですぅぅぅぅ!

(体感的にラスト3kmはフラットコースの印象でしたが)

 

終盤の坂は、フィニッシュゲートに向けて、背中を押してくれる坂なんです。味方になってくれる坂。一番しんどい局面で、すいすい足が前に出るんです。

ランナーにとってこんな気持ち良いことって、そうそうあります!?(すみません、興奮しております)

 

正念場は、体感的に下りが終わってから。

正直なところ、足が残っているかどうかはよく分かりませんでした。

でも、新宿シティでは踏めなかったツナ缶。今日は踏みたい。

残りは3km。新宿でやり残した、3kmTT、リベンジ!

 

体の真下にツナ缶をイメージして、ぐっと踏み込むと、体が前に出る感覚がありました。

 

ツナ缶、踏めたー!!!

足、残ってた!
 
スピードを上げたので、息も少しずつ苦しくなってきます。
 
(でもこの3kmを頑張れなかったら、次のフルマラソンで粘れるわけがない!)
 
堪えて走っていると、何だか、右のみぞおちが痛くなってきた…。
 
(スピード落としたほうがいいの...?)
 
葛藤していると、みぞおちの痛みが横に広がって、これって横隔膜!? と思い至ると、とたんに呼吸が苦しくなってきました。
息を吐くために「はあ、はあ」と声に出しながら、あと2km。
 
今度は右足の土踏まずに、尖った小石がチクチク刺さるような痛みがあることに気付きました。踏み込むたびに痛みは増し、残り1kmの時点では皮膚に食い込むような感覚に。
一度立ち止まって小石を取り出すか悩みましたが、そんなことしてる間にゴールできる、突っ切る、と決めました。

ひとり、またひとり、とターゲットを決めて抜いて行きます。
 
残り1kmを切ったところで、向かい風が吹いてきました。
負けるか!
青い計測マットの10m先がゴールだと思って、最後まで全力で!
 
 f:id:shin_kuroiwa:20160224164323j:image
 
肩で息をしながら時計を止めると、タイムは2時間30分45秒。
練習内容に対しては出来過ぎの結果でした。
 
16~20km 4'48 / 4'40 / 4'55 / 4'37 / 5'04
21~25km 4’53 / 5'16 / 4'49 / 4'51 / 4'56
26km~ 5'09 / 4'38 / 4'37 / 4'38 / 4'40 /1'24(310m、4'28/kmペース )
 
(どこに上り坂があるのか、分かりやすすぎるラップに仕上がっておりますね、22kmと26km)。
最後300mを諦めずにダッシュできたのが一番嬉しい!
 
5kmごとの公式タイムは、
  5km 26'40(5'20/km)
10km 25'02(5'01/km)
15km 25'35(5'07/km)
20km 24'32(4'55/km)
25km 25'20(5'04/km)
30km 23'36(4'33/km)
タイム 2時間30分45秒(5'01/km)
 
何はともあれ、出し切った!
 
もー!!
青梅マラソン、大好きー!!

 

?