働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その2】調整レースだってことはすっかり忘れてました~第50回青梅マラソンレースレポ

(前回まで→【その1】とにかく、また青梅を走れることが何より嬉しい~第50回青梅マラソンレースレポ - 働くお母さんが走るブログ

 

スタートして100mほど走っても、コース沿いにあるスピーカーを通して瀬古さんの声が聞こえてきました。

 

瀬古さん「あ、阪神だ! DeNAに負けろ!」

(阪神タイガースのユニフォームを着たランナーが居たと思われる。瀬古さんはDeNAランニングクラブの総監督なので、親会社を思っての発言だと思われる)

 

私は、(誰も瀬古さんを止められない...!)と、思いました。

 

青梅マラソンのコースは片道約15kmの完全折り返しコース(正確には折り返しの少し先に15km地点があります)。

下記は青梅マラソン公式サイトより引用したコースマップと高低図です。

f:id:shin_kuroiwa:20160223151831j:plain

下の高低図を見ると(左端が折り返し地点)アップダウンはありつつも、往路が上り基調、復路は下り基調なのが分かると思います。

これが、いいんですよ!

有無を言わさず後半型で走らされるんです。終盤、下りだから。

 

スタート直後はこの混雑。

f:id:shin_kuroiwa:20160223123550j:image

序盤はアップだと思って、慌てず、流れに乗っていきます。

 

2kmまでは約5分30秒ぺース。

2kmを過ぎると、わずかですが、前に出られる隙間が開いてきました。目標の5分10秒ペースに乗せるべく、少しスピードを上げます。

(後方スタートの方だと、折り返しを過ぎても混雑で思うように走れなかったようです)

 

さほど日差しは強くないものの湿度が高く、汗をかいてノドが乾いてきました。

上記の地図だと公式の給水所は10kmからしかありません。

でも青梅には、あるんです。公式レベルの規模の、私設の給水所が。(給水所で私設って!)

こういう所に、50年の伝統を感じていちいち感激してしまいます。

 

最初の給水所は3km前後、青梅青年会議所さんの私設給水所。

f:id:shin_kuroiwa:20160223123534j:image

お水を頂きました。

 

こうした私設給水所が、10kmの公式給水所までに2カ所(3カ所でしたっけ?)ありました。

バナナ等の給食も何箇所かあったのですが、私は摂ってないのと、あれが私設なのか公式なのかも分からないから紹介できない…! とにかく、後半は数百メートル置きに誰かが食べ物を差し出してくれるという大盤振る舞いな状態でしたので、お腹が空いても大丈夫です。田舎のおばあちゃんちに行ったらおやつがどんどん出てくる感じです。

私設エイドは、氷砂糖から、飴、チョコ、レモン、揚げ物、コーラ、蕎麦まで、バリエーション豊かでした。いつかゆっくり走るときに食べたい…!

 

3kmのラップは5'10 。ここまではフラット。ここからゆるい上りが始まります。

4kmは5'12。上り坂に入った割にはまずまず。

ちょっと貯金が欲しいから、4kmすぎの短い下りは、抑えず勢いに任せて走ります。

 

5kmのラップは4'56。

ちょっと速かったか。

とはいえ下りの勢いでそのまま坂を駆け上がったほうがラクなのは分かるから、勢いは殺さず押して行って、6kmは5'02。

(記憶とGPSウォッチの標高データに基づいて書いているのでズレがあるかもしれません)

 

想定より速いペースですが、体感では5'10/kmで走っているくらいの負荷でした。

レースの高揚感と、5日のランオフで軽くなった足、みなぎっている私のやる気。せっかくだし、このまま押してみようかな。

 

前半で潰れたって後半は下り基調だし、42.195kmじゃなくて30kmだし。

何より、ここは青梅だし!

 

よし、下りは抑えない! 上りも頑張る! 今日は攻める!

 

そこからは時計を観ずにノリノリで走ってたんですが、8km過ぎに大きな下りがあって、

「こんな急坂あったっけ!? 帰りにこれ上がるの!? うそ! コース変わってない!?(変わっていません)」

とテンションが下がってしまい、オーバーペース気味で走ってきたふとももが、ややじーんとしたと痺れのような重さを帯びてきて、

「あれ!? まだ20kmあるけど!?」

と思いました。

 

下り坂、往復コースだと「行きはよいよい 帰りはこわい」ですね。

 f:id:shin_kuroiwa:20160223123623j:image

 

この時に思い出していたのが、昨年11月に走ったさいたま国際マラソン。

さいたまでは中間点を前に足が終わったのです。フルマラソンなのに。あの時よりしんどいか、と聞かれたら、絶対に今の方がしんどくない。

大丈夫、攻めて行こう。

 

10kmくらいで、来た!

先導のパトカー!

f:id:shin_kuroiwa:20160223123643j:image

 

第50回青梅マラソンは、ゲストランナーで市民ランナーの星・川内優輝選手とさいたま国際マラソンで日本人トップの吉田香織選手が走るんですー! かわうちさーん!

 

先頭の2人が過ぎ、

f:id:shin_kuroiwa:20160223123700j:image

 

3番手の選手が過ぎ、

f:id:shin_kuroiwa:20160223123715j:image

 

前方から「川内さーん!」「かわうちー!」と声援がこちら側に近づいてきて、

 

4番手で来た!

f:id:shin_kuroiwa:20160223123740j:image

音速!

(吉田選手は棄権だったそうです、残念)

 

スライドで速い選手の美しいフォームを眺めながら走っていると、足の重さを忘れて楽しく走れました。

あっという間に折り返し! 

 

f:id:shin_kuroiwa:20160223123757j:plain

 

ここまでのラップ(手元の時計)は、

 

1~5km 5'32 / 5'30 / 5'10 / 5'12 / 4'56
6~10km 5'02 / 5'06 / 5'03 / 4'43 / 4'57
11~15km 5'08 / 5'07 /5'00 / 5'02 / 5'00

 

ここまでの平均ペースは手元の時計で5’06/km。

もっと行けるでしょ。

 

残り半分は下り。ガンガン押していく!

 

(調整レースだという事はすっかり忘れておりました)

 

?