働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その1】とにかく、また青梅を走れることが何より嬉しい~第50回青梅マラソンレースレポ

青梅マラソン前日のブログでナンバーカードの引換証が見当たらないと騒いでおりましたが、その日の夜。

 

 

「雑貨」って書いたダンボールの中に入ってたー!! 良かったー!!

 

というわけで、青梅マラソンのレースプラン!

あくまで2週間後のフルマラソンに向けた30km走の位置づけですからね。

ランオフも続いているんだから、できなくても過度に落ち込まない。反省はするけれど。

序盤は混雑するからそれなりの借金を背負うし、それをどう返済するか、できるかは、「出たとこ勝負」で!

 

繰り返し申し上げているように、青梅マラソンはこれまで出たレースの中で、一番大好きな大会です。

町を挙げての歓待ムード、適度なアップダウンで飽きさせないコース、そして30kmという距離が絶妙! ハーフほどスピード出さないしフルほど消耗もしないし、ちょうど気持ち良く終われるんです。30kmレース。

 

今年もまた、その大好きな青梅を走れる!

とにかくレースを楽しもう。現状をしっかり把握して、納得ができるように走れればそれでいい…。

 

タイムスケジュールは昨年のレポで書いたので割愛しますが、

青梅マラソンの日はホリデー快速おくたまが河辺に停車するんですよー! 便利!

 

ちなみに9時17分、河辺駅のようす。

f:id:shin_kuroiwa:20160222091717j:image

混雑しております。

 

駅を出ると「歓迎」の看板が!

f:id:shin_kuroiwa:20160222091739j:image

ただいまー! 今年も帰ってきたよー!!

 

人の流れに乗って、ナンバーカード引換所の河辺小学校へ向かいます。

 f:id:shin_kuroiwa:20160222151406j:image

場内は動線がしっかり確保されていて、まずはビニール袋(青梅マラソンのロゴ等が印字されたひも付きの袋)を受け取り、参加賞を受け取り、ナンバーカードを受け取り、メディカルチェックへ、という流れ。

引換証を取り出すために荷物をドカッと運動場の上に置いたら、係員の方が駆け寄ってきて「汚れちゃうでしょ、あそこに段ボール置いてありますから、良かったら使って下さい!」と勧めてくれました。

青梅の人超優しいーーーー!!!(ガサツですみません!)

 

去年はMサイズのTシャツ受け取り場所が長蛇の列になっていましたが、今年はきちんと改善されていました。さすが!

f:id:shin_kuroiwa:20160222091833j:image

 

「メディカルチェック」は今年初(ですよね?)。 

青梅では前と後ろにナンバーカードを付けるのですが、背中側のナンバーカードの内側に、氏名や住所や緊急連絡先などを書く方式になっていました。

ここが結構な列に。

f:id:shin_kuroiwa:20160222151458j:image

「メディカルチェック」のテントには机と筆記用具が並んでいるだけなので、次回は筆記用具を持参して、後から更衣室等で書くようにしたいです。

 

あ、ちなみに「再発行」のテントは入ってすぐの場所にありました。
f:id:shin_kuroiwa:20160222091900j:image
お世話にならずに済んで良かった!
(もし紛失したときはお願いします!)
 
河辺駅に着いた直後はポツポツと雨が降っていましたが、更衣室の「青梅市総合体育館」を出る頃にはすっかり青空。
f:id:shin_kuroiwa:20160222092039j:image

体育館の正面にはフィニッシュ地点。

f:id:shin_kuroiwa:20160222091925j:plain

元気に帰ってくるからねー!
 
スタートブロックに向かう途中の歩道には、縁日のような屋台が並んでいます。
この「お祭り」ムードがたまらない。
f:id:shin_kuroiwa:20160222151532j:image
 
スタート10分前。待機ブロックまで向かう歩道が混雑していて、体育館を出てから10分ほどかかってしまいました。
スタートブロックはこのエリア。
f:id:shin_kuroiwa:20160222151557j:image
 
スターターは我らがQちゃん!
 
と、瀬古さんです。
瀬古さんは「酔っ払いがテレビに向かって話しかけてるのかな?」と思わせるタイプのマイクパフォーマンスでした。あと「瀬古さんが一般企業の管理職だったら、これコンプライアンス上、完全にアウトじゃね?」って発言がいくつかあったような気がしました☆
 
Qちゃーん! 行って来るねー!(瀬古さんにマイク渡さないでー!!)
f:id:shin_kuroiwa:20160222092012j:image
 
スタートロスは約2分。
さあ、出たとこ勝負の30km走! 行ってきまーす!
 
 

?