読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その3】体の真下にツナ缶がなかった…!(レースレポのはずが反省文)~第14回新宿シティハーフマラソンレポ~

(前回まで→【その2】大渋滞で借金は30秒(攻めたつもりだったけど攻めてなかったです…)〜第14回新宿シティハーフマラソン〜 - 働くお母さんが走るブログ

 

10km前後、靖国通りの長い直線は、やや上り基調(コースマップは【その1】に)。

 

後半だから上げたい、という気持ちはあったものの、ひとりで頑張って走るのはしんどいので、ぺーサーを見つけることにしました。

10mほど先に同じようなペースで走っているピンクのアームカバーの女性ランナーを発見。引っ張ってもらうことにしました(以下、ピンクさん)。

 

ピンクさんぐいぐい引いてくれるからラクだわー! と走っていたら、ピンクさんとの間に黄緑のTシャツの男性ランナー(以下、黄緑さん)割り込んできました。

黄緑さんもピンクさんをぺーサーと決めたようで、しばらく3人旅が続きます。

 

明治通りへ入ると沿道の応援もぐっと増えました。

すでに「脚がキツイな」と感じていたので、沿道に近づいてハイタッチ! 背筋が伸びた気がします。

 

このレースは新宿の大通りを封鎖して開催しています。

地下道がない場所は横断歩道で歩行者を通過させるために、警備員の誘導でコースが閉鎖される事がありました。

私は2周目では引っかからなかったんです。この、2周目では(1周目は明治通りを通過しないので、明治通りの通過はこれが1回目です)。

 

ピンクさんが疲れてきたのか、3人の距離がじりじりと詰まり、明治通りから神宮外苑へ折れるあたりで、黄緑さんは前へ出て、ペースアップしました。

(この辺りだったと思うんだけど沿道で「自分に負けんなぁぁぁぁあーーー!」って絶叫してたおじさんがいた)

私はどうしようか迷ってピンクさんの横に並び、しばらく並走した後、思い切って前に出ました。

ピンクさんありがとう、つらいところを引っ張ってもらって助かりました!

 

14km手前の千駄ヶ谷給水所で2度目の給水。

また走りながら水をひと口飲み、残りを首の後ろにかけます。

 

3周目。見慣れた3度目の折り返しポールを回りました。スライド区間で姿を探すと、ピンクさんは50mほど後方になっていました。

(お互い苦しいよね…頑張ろうね!!)と、心の中で一方的にエールを送り、さあ、あと1周。

残りは6km。気合入れなおし! 神宮外苑の給水所でまた水を口に含んで首の裏にかけました。とにかく暑かった。

 

3周目は四谷方面へ向かわず、四谷三丁目の交差点を左折します。そこには、

 

御苑トンネル!

f:id:shin_kuroiwa:20160202173416j:image 

普段は車両しか通れないトンネルです!! おおっ!!!

 

トンネルの中は半分くらいまで下り。

ラクできる分、気を抜くとペースが落ちそうになるので、「あのジャージを抜く」「あのピンクTシャツを抜く」とターゲットを定めて、ひとりずつ抜いていきました。

トンネルの後半は上り。「あの星柄の人だけは絶対抜く!」と決め、追い抜き、御苑トンネルを抜けました。

 

トンネルを出ると18kmの表示。あと3km。

表示の100mくらい手前で18kmのラップが出ました。

スタートからの経過時間は1時間27分18秒。

 

キロ5だと102分に微妙に間に合わないことは分かるけど、じゃあ何秒だったら間に合うのかは、計算できませんでした。

走れる全力で走るしかない。

3kmTTの気持ちで!

 

とはいえ、ここで「105は安全圏」とホッとした気持ちがあったのも事実です。

 

2度目の明治通り。

さっきは引っかからなかったのに、この大一番で、引っかかった。

 

「通過しまーす!」

 

コースの歩行者横断、そしてランナーストップぅぅぅう!

 

歩行者が通過したらダッシュ!

したのに!

すぐ先の横断歩道でまた!

 

「通過しまーす!」

 

連続で!? マジかよ!!!!!

(公道をお借りして走らせて頂いていることは重々承知しております、ありがたく思っております、だからルールも守っております、マジかよ! と思っただけです、マジかよ!!)

 

残り1kmの看板を目にし、手元の時計を見ると、スタートからの平均ペースは4'50/km。

450は、102分がギリギリ切れるペースです。

 

(GPSウォッチのオートラップだとコース表示より100mくらい手前で計測してるから…もうちょっと上げないと、ダメだ)

 

ただこの重い足を、くるくるくるくるハツカネズミのように回す作業は限界に近く、これ以上どうやってスピードを上げたらいいか分からない…(後でデータを見たら後半のピッチ数は203~206でした)。

推進力、推進力を!!

そうだ。「体の真下のツナ缶を踏む」ように走れば良いってどっかで見た!!

 

体の真下。

ツナ缶をイメージして…。

踏む!

 

あっ…

 

踏めない!

 

踏み込みにまったく力が入りませんでした。

「パン、パン、パン」と力強く地面を踏みつけて前に進む力を得たいのに、実際には「ぽんぽんぽんぽん」と地面に軽く足を当ててぐるぐる回すことしかできません。

 

死んだ。私の足の筋肉が死んだ。たかがハーフで。

 

球場に入る手前に短い急坂。駆け上がって、スタジアムに入る直前で、手元の時計は102分を回りました。

 

スタジアムに入るとゴールゲートは目の前にありました。

最後はダッシュする気力もなく、俯きがちにゴールマットを踏んで、時計を止めました。

 f:id:shin_kuroiwa:20160203172020j:image

  

11km~フィニッシュまでのラップ

11~15km 4'56 / 4'34  / 4'47 / 4'50 / 4'52

16~20km 4'44 / 4'45 / 4'53 / 4'52 / 4'44

21km~ 4'47 / 00'53(180m、4'52/kmペース)

 

最後の180m、ダッシュどころかペース落としてるし…気持ちが完全に切れている…。

 

【公式の結果】

グロスタイム 1時間43分33秒

ネットタイム 1時間42分37秒

順位(一般女子) 12位

総合順位 959位

 

 

まぼろしの、平均ペース4'50/km…

f:id:shin_kuroiwa:20160202182138j:image

(ストライドのびてない…)

 

目と鼻の先だったのに…。

 

レース前、私より速い人から「苦しくなったら声を出せ」と教えてもらいました。

声を出せば呼吸ができるから。

でも呼吸ができなくなるほどスパートをかけられなかった。

フルの半分の距離なのに、集中力が切れて惰性で走っているような区間もあった気がします。

 

その時はこれが「無念さ」なのか「後悔」なのかよく分からなかったのですが、いま振り返ると、「納得できていなかった」のだと思います。もっと、何かできたのではないか。

「負け」を認めたくなかっただけかもしれません。

 

納得できようができまいが、レースの結果は、記録証に印字された数値が全てです。一回きりのレースをやり直すことはできません。

私は自分を息ができなくなるまで追い込むこともできず、攻めたつもりがさほど攻めきれておらず、その結果、102分を切ることができませんでした。
 (レースレポの予定が反省文に)

 

 

?