読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その1】確実に、105を取るか。102へ攻めるか~第14回新宿シティハーフマラソン~

神宮の人工芝の上を歩けるとはー!(野球好きなのでちょっと嬉しい)

f:id:shin_kuroiwa:20160201123407j:plain

 2年7ヶ月ぶりのハーフ、第14回新宿シティハーフマラソンを走ってきました。

都会のど真ん中を走る陸連公認大会です。地方出身者にはテンションの上がるロケーション!!

 

www.shinjukucity-halfmarathon.jp

 

コースはこんな感じ。

f:id:shin_kuroiwa:20160201122224j:plain

1周目は明治神宮外苑と国立競技場(改築中)の周囲を小さく回り、2週目は四谷~新宿をぐるっと大回りして、3周目は外苑東通りを新宿側に折れて御苑トンネルをくぐってゴールへ向かいます。

複雑な周回コースなので間違えたらどうしよう…と心配していましたが、看板での誘導があったので迷うことはありませんでした。

 

メイン会場は明治神宮球場。

7時30分頃に東京メトロ銀座線・外苑前駅に到着。2番出口から地上に上がり、流れに乗って歩いていれば、程なく明治神宮球場です。

f:id:shin_kuroiwa:20160201123238j:image

 

いや、神宮球場だから売ってるのは分かるんだけど。

買うのか、ランナーが。

 

球場内には荷物置き場のテントが設営されていて、ゼッケンの末尾1ケタの数字によって置く場所が指定されています。

f:id:shin_kuroiwa:20160201123329j:plain

 

こういう感じで荷物を入れるポリ袋が無造作に置いてある。

f:id:shin_kuroiwa:20160201123313j:image

この近くに折りたたみ机が設置され、机上に紙とマジックが置いていました。紙に自分のゼッケン番号を書いて、荷物を入れた袋の見えやすい位置に入れ、袋の口をしばって、所定のテントに自分で置き、荷物預けは完了です。

完全セルフサービス。待たされるより断然ラクだわ!(防犯上若干の不安はある)

 

更衣室も設置されていましたが、私は自宅からランニングウエアを着てゼッケンもつけてきたので(その上からコートを着たらゼッケンがややヨレっとしていた)、球場の滞在時間は10分未満でした。球場内のトイレは女性なら待ちなしだったようです。

 

球場の中から待機列までは、ゆっくり歩いて10分弱かかりました。

f:id:shin_kuroiwa:20160201123434j:plain

信号が全部覆われているのはレース用? 工事してるから?

 

(ここは男子トイレも比較的空いているようでした)

 

スタート時刻は8時30分ですが、スタートブロックへの招集時間は7時40分から8時10分までとやや早め。私は8時ごろから待機していたのですが、8時10分を過ぎ、8時20分を過ぎても、ブロックを区切るポールを横から飛び越えて前方に割り込んで行く人が何人もいたので、招集時間、あんまり意味ないのかなと思いました…。

 (横入りの多さは、今まで出たレースの中でダントツでした。都会怖い。東京砂漠)

f:id:shin_kuroiwa:20160201123513j:image

レース前日には「前半4'54/km、後半上げられそうなら4'50/kmまで上げていく、というプランで走り切りたい」と、ブログを書いたのですが、正直に申し上げますと、スタート前から、

 

「105分は堅いな」

 

と、思っていました。

 

105分、つまりハーフマラソンを1時間45分を切って走るための平均ペースは1km当たり4分58秒。

新横ぐるぐるで12kmをキロ5で走れたので、持っている力をきちんと出せば、105分はクリアできるであろうと。

 

あとは手堅くキロ5(をちょっとだけ切るくらい)で行くか、もうちょっと、突っ込んでみるか。

 

私は基本的に石橋を叩いて渡るタイプなので、フルマラソン前の30km走では絶対にレースペースで走りたいし(走れなかったら目標タイムを下げると思う)、フルマラソンの序盤は意識してゆっくり入ります。ウルトラマラソンを走る前だって、50km走、60km走を重ねて、完走に向けた準備をしっかりしてからスタート地点に立ちました。

一か八かの勝負はしない方です。

 

でも、レース前日のブログで書いた、第2目標。

 

102分を切れたら、何か美味しいもの食べる!!!(新宿のデパ地下で買って帰る!)

 

102分、つまり1時間42分を切るための平均ペースは 1km当たり4分50秒。

105分とのペース差、この8秒を、攻めて攻めて詰めていければ、「キロ5への恐怖心」みたいなものを拭い去り、今後の自信につながるのではないかという思いはありました。

 

(とはいえ撃沈はしたくないし…)

(102を狙って105まで逃したら目も当てられない…)

(まあ、後半、出たとこ勝負だな…)

 

この日のウエアは(スポブラとパンツを除いて)、

・帽子

・手袋

・長袖シャツ

・タイツ

・ランパン

・5本指ソックス

・勝負シューズのスカイセンサー

 

携行品は、

・ミニカイロ(待機列用)

・スマホ

・ショッツ カプチーノ味

先日購入したアミノバイタルのタブレットは私の口には合いませんでした…)

 

 

今回は補給なしで行きます。ショッツはお守り。

 

あと、コンビニで買った「即攻元気」をスタート30分前に待機列で飲みました。

パーフェクトプラス 即攻元気ゼリー 180g×6個

パーフェクトプラス 即攻元気ゼリー 180g×6個

 

 (おまじないみたいなものですね)

 

8時からは開会式が始まっていたようですが、私がいたFブロックだと「何か喋ってるのは分かるけど何を言ってるか全然聞こえない」というレベルでした。

風はないもののとにかく気温が低く、持参したカイロを振りながら待機列で震えていました。

気を紛らわすために他の参加者のゼッケンを見ながら「なるほど、奇数ゼッケンのスポンサーが『丸正食品』で偶数ゼッケンのスポンサーが『レガス新宿』なんだな」などとどうでも良いことを考えているうちに、時刻はスタートの8時30分目前。

GPSの補足を心配していましたが、すんなりキャッチしてくれました。

 

8時30分、定刻通りに号砲。

記録証によると、スタートロスは56秒。

計測マットを跨ぎながら計測をスタートし、「さあ! 走るぞ!」と踏み出したら、

 f:id:shin_kuroiwa:20160201165434j:image

いきなり、詰まる。

 

道、狭っ!!!!!!!

 

つづきます。

 

 

 

?