読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

追い込んだ翌日は疲労抜き、娘エスコート1km+ジョグ9km

1月24日日曜日、静岡マラソンまであと42日(を振り返る)。

 

私が取り組んでいる金哲彦さんのメニューでは、6週前のこの週末のセット練習は、

 ジョグ90分+WS5本

 ジョグ60分

の2本立てでした。

リカバリー期なので控えめです(鬼シゴキはこれから…)。

 

土曜日ジョグ90分は、新横ぐるぐる+ジョグで19kmくらい走り、問題なくクリア。

そして翌日、日曜日。

自宅で家事をしている間は気付かなかったのですが、娘と散歩に出たら、明らかに右のハムストリングスにハリが。

そりゃ今まで走った事のないペースで12km頑張ったんだから、ハムくらい、張るよなあ…。

 

 帰宅してストレッチして(今日はゆっくり走ろう…)と15時ごろに着替え、ふと思い出しました。

そういえば娘が以前から「一緒に走りに行きたい!」って言ってた…。

 

超が付くほどインドアな、年長の娘。

「運動神経」はともかく、持久力は訓練で身につくから、走るのを習慣化できれば運動への自信に繋がるかもしれない。

 

こたつに潜って「まんが日本昔ばなし」を観ていた娘に、「耳なし芳一」が終わったタイミングで声をかけてみました。

 

私「ママ走りに行くけど、娘ちゃんも来る?」

娘「いいの!? うん、走る!!」

 

ジョギングの最初の1kmを娘と一緒に走り、自宅に送り届けて、その後、5~9kmを足の様子を見ながらひとりで走る、というプランです。

 

夫に「1kmくらい走ったらつれて帰ってくるわ」と説明していたら、

娘「娘ちゃん、10周走るよ!」

10周。威勢がいいな。

私「どこを10周?」

娘「前、ままと走ったことあったでしょ? コンビニに行く道」

 

ああ、1周700mくらいのコースね。

10周したら7kmですね。

ムリだね。

 

しかしやる気を失わせるわけにはいかない…。

 

私「あそこ長いから10周してたら夜になっちゃうよ。黄色いブランコのある公園を10周しようよ。公園10周も長いよ~」

娘「分かった。娘ちゃん、めっちゃいっぱい走れるよ!」

おお! やる気に満ち溢れている!

 

家の前でストレッチの真似事をして、走り出します。

止める間もなくダッシュで飛び出す娘。

ちょ…。

案の定50mで立ち止まり、

 

娘「ハァハァ…疲れた…」

私「……もう帰る?」

娘「まだ走りたい!」

私「ゆっくり走ろうよ。ママの時計貸してあげる。これがブーって震えたら1km。ゴールだよ」

娘「ブーってなるの!? うん!」

腕に時計を巻いてあげると、娘はニコニコと画面を見つめながら走り出しました。

 

とりあえず、キロ8くらいで並走します。

ゆっくり走る方法がよく分からないのか、ジャンプをするようにぴょんぴょん走り出した娘でしたが、100mほどですぐに疲れ、腰も落ち、下半身を引きずるようなフォームで前に進んで行きます。

夏にちびっこマラソンに出て、1.7kmをキロ8分ちょいで走っていたのはレースマジックだったのか…?

 

「いいフォーム!」「しっかり走れてるよ!」「さすが娘ちゃん!」「娘ちゃんならできる!」

松岡修造になりきって励ます母。200mほどで公園に到着しました。

 

娘「ブランコしたーい!」

私「え…ママ、薄着だから寒いんだけど…」

娘「10回でいいよ」

私「(で、いいよ…?)じゃあ、とりあえず、このボタン押して時計を止めr…」

娘「娘ちゃんが押す!」

私「はいはい…」

 

ブランコ10往復した後に「おまけの おまけの きしゃぽっぽー」まで満喫してブランコから下りた娘。

 

娘「ね、ブランコ10回で止められたでしょ(ドヤァ)」

私「あ、うん…」

娘「滑り台もすべる~」

私(1km走るまえに、私が風邪をひいてしまう…)

 

滑り台から下りてきた娘を捕まえ「公園ぐるぐるだと時計が狂ってうまく距離を測れない」と言いくるめて路上に出ました。

 

公園から出たことで、娘のテンションはダダ下がり。

50歩走ったら立ち止まって、また走り出し、30歩で立ち止まって、また走り出し、最後は完全にアゴが上がって、すぐに立ち止まってしまいました。 ぷっくぷくのほっぺが真っ赤…。

 

娘「もう…ダメ…歩きたい…」

私「すごく頑張ったね。もう600mだよ。半分以上走ったよ。あと400mでブーってするから、いま止めたらもったいないよ」

娘「ブーってしなくていい…おうち帰りたい…」

私「そっか…疲れちゃったんだね。じゃあまっすぐ帰るからさ、おうちに帰るまでは頑張って走れる?」

娘「うん…頑張る…」

 

娘へ。

ここから自宅まで、ちょうど400mくらいです。

(騙してはいない)

 

ヘロヘロの娘の手を引いてゆっくり走ったら、自宅の目前でGPSウォッチが震えました。

 

娘「ブーっていった!」

私「やったあ! すごい!! 1kmも頑張ったねえ、すごいよ、さすが娘ちゃん! 諦めないで最後まで走ったね」

絶賛されて嬉しそうにニヤニヤしていた娘でしたが、ふと我に返った表情になって、

 

娘「もう走りたくない!」

 

とキレながら、玄関に向かって歩いていきました。

誤魔化せなかったか。

いきなり1kmはやりすぎだったな…。

 

ちなみにラップは10分22秒でした。

 

 

グラフはこんな感じ。

f:id:shin_kuroiwa:20160128162245j:plain

帰ったら娘はこたつで爆睡していました…。

 

娘ちゃん、また走ろうね!!

(すぐはムリだと思うから、ほとぼりが冷めたら)

 

 

?