読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その2】シューズ円陣が思ってたのと違った、そしてキロ5走スタート!〜新横ぐるぐる体験レポート〜

(前回まで→【その1】「ハーフの前週ってどう走ったらいいんですか?」と練習プランから丸投げ~新横ぐるぐる体験レポート~ - 働くお母さんが走るブログ

 
(やべえめっちゃ緊張する…)
 
と固まっているうちに、
 
「写真、写真」
「左? 右?」
 
何だ…? 何が始まるんだ…?
 
様子を伺っていたら、皆さんが輪の中心に向かって片足を出しました。
 
こ…これは…。
 
シューズ円陣だ!!!

f:id:shin_kuroiwa:20160123140821j:plain

明らかにひとりだけ腰が引けているドムが、くろいわです。
 
私は、
 
(この流れで、「私、シューズ円陣ムリです」とか言えない…)
 
と、
 
(半年くらい前に色々思うところがあって、Twitterで「私はシューズ円陣に関心がないし今後もやらない」って、きっぱり宣言してた事とか、このタイミングで言えるわけがない…!!)
 
と、思いました。
 
でも、なんか、シューズ円陣、イメージと違った…。
 
〜くろいわが抱いてた偏見に満ちたシューズ円陣のイメージ〜
A「はじめまして〜、Aです♪」→出会い頭から旧知の仲のように明るく接することができる高いコミュ力
B「キャー! Aさん! 超会いたかった〜♡」→初対面にも係わらずハグ等のスキンシップができる高いコミュ力
C「じゃあシューズ円陣やるよー!」→初対面の集団でリーダーシップを発揮できる高いコミュ力
みんな「はーい! どっちの足にする~(キャッキャ)」→その場の空気を盛り上げるコミュ強たち
D「Cさんのシューズかっこいですねー♡」→息をするようにリーダー格の人を持ち上げる高いコミュ力
C「みんな撮った〜? じゃあ今日の練習もしまってこー!」
みんな「おー!(キャッキャ)」
 
明るい! まぶしい! しにたい!
みたいな。
シューズ円陣、超こわい!! って。
(すみません、伝わってますか…?)
 
リア充の黒ミサっていうか…
「コミュ障がここに浸されたら死ぬぞ! 逃げろ!!」
みたいな…
そんな、キャッキャした雰囲気だとばかり思い込んでいたけれど…
 
意外と…
流れ作業的な…
 「天井のシミを数えている間に終わってた」というか…
 
(ああシューズ円陣してしまったシューズ円陣してしまったシューズ円陣)
 
円陣で頭がいっぱいになっていたら「まずはみんなでアップ」という話になっていたらしく、10人そろってジョギングからスタート。
私がぼやぼやしていたら「キロ5で走る」と言っていたメンバーが100mくらい先行していて、私はサブスリー集団の中にいて、もちろんアップだからキロ6くらいのジョグなんですけど、とっさに、
 
「ここにいたら、殺される」
 
と思いました。
(サブスリーの最低ペース4分15秒/km)
(この時点でのくろいわの1kmPB 4分27秒/km)
 
 置いていかないで! とキロ5グループにダッシュで追いすがり、1.8kmのコースを一周したら、一旦陣地に戻っての給水タイム。
ああ、無理してダッシュしなくて良かったのね…。
(空回ってる…空回ってるぞ…)
 
グループは3つ。
 
キロ410の30km走グループ(ユキさん曰く「速いコ軍団」)
たのくるさん、ハロさん、ふらっとさん、ぬまっちさん(翌日レースのため途中からキロ5グループ)
 
キロ5の20km走グループ
ユキさん(翌日レースのため4km)、コッコさん、プロシードさん、くろいわ(翌週レースのため12km)
 
キロ6のジョギンググループ
Sugiさん、あやたさん
 
 
以前から繰り返し申し上げているように、私は「キロ5」というものに異常なまでに恐怖感を抱いていて、「とりあえずキロ5で走ってどんな感じになるか確かめよう」というのが今回のテーマでした(ハーフのレースを翌週に控えて「キロ5のペース走を一度もやったことがない」という実にアレな状況)。
 
キロ5グループのぺーサーはプロシードさん。
最初の1kmのラップは、私の手元の時計で5’01/km。
ほぼぴったり! 神…!!
 
スタート直後は急激に心拍数が上がったせいか「キロ5、きっつー!!」という印象でしたが、2~3km辺りから「慣れた」というか「このまま行けるかも!」と手ごたえを感じました。
体が『巡航モード』のスイッチを入れた感覚。

 

ただ、前回書いた通り、新横浜公園まで走って来たのと先ほどのアップジョグとで、スタート前に6kmくらい走ってたし、前日も22時半過ぎに(7kmですけど)走ってて、ちょっと腿の裏の辺りがじんわり重くて、「電車で来ればよかった」と心から後悔しておりました。
 
   ペース/ピッチ/ストライド
1km  5'01/km  190spm  98cm
2km  4'54/km  195spm  102cm
3km  4'58/km  195spm  102cm
4km  4'56/km  197spm  102cm
5km  5'01/km  197spm   102cm
 
ペースを人任せにできるのはラク!!
体感も時計も関係なく、ただ離されないように着いていけば良いだけですから。
ちょっとキツイなと思っても、我慢して走っていれば意外とイケる。 自分に甘いタイプの人間でも追い込めるのが集団走のメリットですね。
 
2周目の途中だったでしょうか。
後方から「ダッ、ダッ、ダッ、ダッ」と複数の力強い蹴り音が迫ってきました。
近づいてくるにつれて、話し声も。
チラッと振り返ると、キロ410グループ(速いコ軍団)だ!
 
キロ410で談笑してるの!?
あの人たち、何なの!?
 
速いコ軍団はあっという間に横に並び、追い抜きざまに、
 
「ナイスファイトー!」
 
と声までかけてくれました。
 
キロ410であの余裕。
あの人たち、何なの…。
 
 遠ざかる「速いコ軍団」の後姿を見ていると、不思議なことに、あまり速く走っているようには見えないんです。
フォームが大きくてストライドが広いから、一見、悠々と走っているように見えるんです。
でも、どんどん遠ざかって行く。
 
時空が歪んでるのかな…と思うくらいの衝撃でした。
 
つづきます。
 

 

?