働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その4・まとめ】ヤビツ峠、峠走 往復26km~富士山を観に行く価値はある 編~

前回まで→【その3】ヤビツ峠、峠走 往復26km〜下りは下りでしんどい編〜 - 働くお母さんが走るブログ

 

お山でインターバル

今回は「走れる坂」だったことがアダ(?)になって、休憩を挟みつつも移動中は歩かず走ったのですが、心肺は常に追い込まれており、「インターバル走ってこんな感じ!?」というくらいの苦しさが、ヤビツ峠までの1時間半、ずーーーっと続いておりました。

(ちなみに、くろいわはインターバル走の経験がありませんので、想像です、すみません)

 

誤解のないように申し上げると、「修行」以外の何物でもなく、ぜんっぜん楽しくなかったです。

 

そう。

楽しくなかった。

少しも、楽しくなかった。

楽しくなかった!!!(4回も言った!)

つらかった!

 

それでも、走り終わって電車に乗っていると、尻筋のダメージを感じて、

 

(やだ…効いてる♡)

(また行こう♡)

 

とウキウキしたので、もう、そういう病気なんだと思います。

ビョーキ。

 

「しょせん道路でしょ?」って舐めたらだめ

私は中途半端にトレランをかじっているので、

「峠って言ったってアスファルトの上を走るんでしょ? ロードの坂と変わんないし(ふふん)」

みたいな舐めた準備で出かけたんですが、謝ります、ごめんなさい。

 

【足りなかったもの】

・上り坂で励ましあえる相手(追い込むために走力が近い人が望ましい)

・(4月上旬の気温の場合)水は最低でも1リットル背負う、ボトルポーチの場合は蓑毛までに計画的な給水でボトルを空けて蓑毛で次の水を買うこと

・ヤビツ峠に着いたら食べるお菓子等の「ご褒美」を用意してモチベーションを保つ

・熊鈴を持っていく(山道をひとり走っている時に藪の中がガサガサいってるの本気で怖い)

 

(ずーっと道路ですから、大枚をはたく覚悟さえあればタクシーは呼べます)

 

路面が単調な分、精神的にはトレランよりつらいので、相当の覚悟を持って臨むべきだと思いました。修行。

 

ヤビツ峠走、変形のご提案

次に行くなら春以降だし、大山トレランを絡めて山道を通りたい。単調な坂道がつらい。

山道は坂と違って垂直方向の移動なので歩いていても心肺を追い込めるし、尻筋も鍛えられるし、何よりトレイルのどこに足を置くか常に考えながら走るから楽しいし飽きないのです。私は山が好きです。

山頂まで上がったら、下りはヤビツ峠に出てロードを駆け下りれば、峠走下りの目的である「着地筋」「速い動き」も鍛えられるし。あら。いいじゃない。

 

具体的にコースを考えてみました。

駅から比較的すぐ山道に入れるから鶴巻温泉駅スタートにして、大山まで12kmほど。

(ご参考→鶴巻温泉駅から大山山頂 [山行記録] - ヤマレコ

大山山頂からヤビツ峠まで2kmほど。

(ご参考→秦野市観光協会-表丹沢登山ガイド:大山への道

今回の計測だとヤビツ峠-秦野駅間は片道13kmほど。

(ご参考→【その1】ヤビツ峠、峠走 往復26km〜準備編〜 - 働くお母さんが走るブログ

鶴巻温泉駅のロッカーに荷物を預けて、ゴールの秦野駅から電車で鶴巻温泉駅に戻ってお風呂に入る、という流れで。

 

大雑把に、このピンクのルートです。

 f:id:shin_kuroiwa:20160106170713j:image

ロード混じりの30km弱。私の苦手な「山の下り」もあまり走らなくて済むし、次回はこれだな…。

(途中、力尽きて蓑毛からバスに乗る可能性あり)

 

 富士山を見るために行く価値はある

今回の峠走は「むり」「しぬ」「なんなの」「あほか」と思いながらひとりで走っていたのですが、雄大な富士山の佇まいだけは、私の心を明るくしてくれました。

富士山大好き。富士山最高。富士山のおかげでヤビツ峠まで走れたといっても過言ではありません。

 

一度目は、薄暗い林道がパッと開けた瞬間に見えた富士山。

二度目は、菜の花台園地の展望台に駆け上がって見た富士山。

忘れられない素敵な思い出になりました。

f:id:shin_kuroiwa:20160106171221j:image

(あ、クルマで行っても見られますけどね! 道路なので!!)

(いや、自分の足でここまで上ったという思い入れがですね)

 

ヤビツ峠までの道はクルマも多くないし、バスもほとんどないし、自転車の集団に何度か抜かれたりすれ違ったりはしましたが、ランナーは私の他は3人しか見かけなかったし、静かで走りやすいコースでした。

あんなに苦しかった割に筋肉痛はさほどではありません。ちょっと物足りない…。

 

とにかく、峠走、想像よりすごかったです。

 私はこれまで「坂好き」を自称してきましたし、今でもその思いに変わりはありません。

ただ、ひとつだけ言わせて欲しい。

 

モノには限度がある。

 

(あ、達成感は間違いなくあります!)

 

 

?