読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その2】ヤビツ峠、峠走 往復26km〜『蓑毛、峠走 往復10km』でブログ成立するじゃん!編〜

前夜の深酒のために、平地のキロ6ジョグですでに息が上がっているくろいわ。
峠に入る前の街中で急に下り坂があらわれて、
 
(これ…帰りに登るんでしょ…?)
 
と、絶望したりしつつ、上りを求めて脚を進めます。
f:id:shin_kuroiwa:20160104072137j:image
距離は短いけど、峠走終盤には泣いちゃいそうな傾斜…。
 
秦野駅から約1.5kmの「名古木交差点」。
f:id:shin_kuroiwa:20160104072418j:image
この名古木交差点にセブンイレブンがあります。
ちなみにここから1.5km先、藤棚のデイリーヤマザキがヤビツまで最後のコンビニです。
(ヤビツ峠まで飲み物の自販機が数カ所。ヤビツ峠の売店では飲み物のほかにちょっとした焼き菓子が売っているだけでした)
 
写真の通りの好天ですから、名古木の交差点で立ち止まってウィンドブレーカーを脱ぎ、水を飲んで早くも休憩。
交差点を過ぎると見通しの悪いぐねぐね道を走ります。
 
ゆるやかな上りと、
f:id:shin_kuroiwa:20160104072601j:image
 
フラットな道が交互に続きます。
f:id:shin_kuroiwa:20160104072632j:image
 
さほどきつい傾斜ではないのですが(いつも坂ダッシュしてる傾斜の方がよっぽど急)、だらだら坂を上っていると、足は重いし息もすぐ上がります。
前回も書いたように「4月上旬の陽気」のなか、日差しを遮るものがない道路を淡々と走っていると『修行』の二文字が思い浮かびます。
ハァハァしながら坂を上り切って、「しぬ」と思い、息を整えるために立ち止まると、噴き出す汗…。
 
あの…1月って…もっと寒くて走りやすいはずでは...。
 
それでも、この丹沢山系の大パノラマを一望できるロケーション! ときめく!!

f:id:shin_kuroiwa:20160104072658j:plain

けど、やっぱり暑い…。
 
アームカバーを手首まで下げても暑い。体に熱がこもっている感覚でした。
へろへろになりながらヨロヨロと坂を走り、息が苦しくて歩きたくなったら「あの橋までがんばろう!」と「あの橋」まで走ることはできるのですが、一度立ち止まったら最後。呼吸が落ち着いても「もう走りたくない…」「むり...」と、その場で5分くらいグズグズしてしまいます。
延々と、だらだら続く上り坂が、すっげえ、つらい。
 
(峠走、ひとりでやるの、無謀だった…)
 
と、痛感致しました。

 

休み休み走っているため、時間の経過に対してヤビツへの距離が縮まらず、「これいつ終われるの」「でも休まなきゃ走れないし」「もう帰りたい」と精神的にもどんどん辛くなってきます。
 
秦野駅から手元の時計で5.8km、蓑毛バス停。
f:id:shin_kuroiwa:20160104072801j:image
公衆トイレ(トイレットペーパーありました)と自動販売機があります。
次にいつトイレがあるか分からないのでここで一旦済ませておきましょう。
 
便座に腰かけると、二度と立ち上がれる気がしない…。
心が折れてしまい、薄暗い個室で背中を丸めながら、考えました。
 
(「蓑毛、峠走 往復10km」でブログ成立するじゃん...)
(「峠走の聖地といえば足柄峠ですが、神奈川県内にはもう一カ所、「ヤビツ峠」という有名なコースがあります。秦野駅から往復すると25kmくらいになるようですが、今回は初の峠走、さらにひとりで行くということもあり、慎重を期して途中の蓑毛まで往復10kmの峠走にチャレンジしてきました! 10kmでもボロボロ!!」)
(完璧だ…)
(いや、ブログはともかく、次にいつ峠まで来られるか分からないし、やっぱりヤビツまで頑張った方が…)
(疲れてるって言ったって、脚が痛いとかお腹が痛いとかじゃなくて、「きつい」だけなんだよね…6日連続ランの蓄積疲労が…)
(いや…正月の不摂生か…)
(日本酒、半分でやめておけば良かった…)
(そもそも、何で今日、こんなに暑いんだよ!!)←逆ギレ
 
トイレから出てもルート案内の看板を意味もなく眺めて、水を飲み、グズグズしていました。
f:id:shin_kuroiwa:20160104072825j:image
とりあえず、行けるところまで行ってみようか…。
 
のろのろ走り出したら、
f:id:shin_kuroiwa:20160104072918j:image
蓑毛バス停から先は林道だったーーーー!!
やったーーーーーーーーーーーー!!!!
日影------------!!!
すずしいーーーーーー!!!!
 
瞬時に復活!
 
ただ、ここから先は山の中の静かな一本道を走るので、もちろん「森林浴でリフレッシュ!」的な効果もあるわけですが、誰もいない森って、不気味と言えば不気味。
 
唐突に人形が不法投棄されていたり(こっちを見ている気がする…)、不審車両が止まっていたり(追いはぎだったらどうしよう…)、草むらからガサガサと音がしたり(クマ!!???)、ガサガサしてるのがクマだったらどう戦えばいいの!?と草むらに気を取られていたら右から至近距離で自転車に追い抜かれて「うわあ!!」って声に出してびっくりしたり(すみません、だってクマかと思ったんです…)、峠走のはずが、(私の内心だけでは)ちょっとした冒険でした。
しかも途中から携帯電話が圏外になり、スマホアプリのラジオも入らなくなって、心細さと息苦しさ(上り坂だから)で「帰りたさ」が頂点に。つらい。むり。
 
走れないほどの急勾配はないのですが、なにせずーーーっと上り坂なので、狭い歩幅でしか走れないし、ずーーーーーっと息が苦しいわけですよ。いや、それが峠走のねらいなのは分かっているんですが。
 
同じく「山」を走る場合も、トレイルだと足場の悪い道を攻略する楽しみというか「遊びの要素」があるんですけど、アスファルトの林道って、単調だから、自分の「きつさ」と向き合うしかないんですよね。
この逃げ場のない感じが「峠走」の過酷さだなと思いました。
(あと、ヤビツの場合はバスが少ないから物理的な「逃げ場」もない)
 
ハァハァしつつ、休み休み走っていると、不意に視界が開けました。
f:id:shin_kuroiwa:20160104072852j:image
眼下に広がる町。
あそこから、自分の足だけでここまで上がってきたんだ。
 
(頑張ってよかった...!)
 
右手には、富士山。
f:id:shin_kuroiwa:20160104072938j:image富士山の右手に見える、あの展望台から、富士山を見たい。
 
少なくとも、あの展望台までは頑張ろう!!
(ちなみに立ち止まってからまた走り出すまで5分以上ボーゼンとしてたと思います、疲れで)
 
次回、~下りは下りでしんどい 編~
 

 

?