働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【あと82日】神は言われた。「坂ダッシュ10本あれ」。こうして坂ダッシュがあった。

12月15日火曜日、静岡マラソンまであと82日。

 

さいたま国際マラソンのあと、静岡マラソンに向けてあんなにやる気がみなぎっていたのに、翌週群馬で憧れの鏑木さんに会えた達成感ですっかり腑抜けになっておりまして、夢のような時間を思い出しては「また群馬に行きたいわあ…」とぽーっとしつつ、前回申し上げたようにお菓子をモリモリ食べ、ビールを飲みつつ、ふと我に返ると、もうそろそろレース80日前ですよ。80日前。光陰矢の如し。

 

上記にリンクを貼ったさいたま国際マラソンのまとめ記事では、

12月からゼエハア練習でスピードへの苦手意識を薄れさせ

 とアツく意気込みを語っておりましたが、12月に入って実際に息を弾ませたのは、ジョギング後のウィンドスプリント走くらい。この「言うだけ番長」ぶり。

閾値走で血中乳酸濃度を増やすべき時期に、増えているのは摂取カロリーと体重だけという体たらくでして……。

 

静岡に向けて、今回もまた私とって神様である金哲彦さんのサブ3メニューを下方修正して実践する予定ですが、現在のメニューはジョギング中心の「基礎練習期」という導入部。

 

11月にフルを走ったばかりで、わざわざここの段階からなぞる必要もなかろう、と。

私に圧倒的に足りない、スピードを養成する練習をすべきであろう、と。

 

スピード練習か…。

フルマラソンのタイムから計算した閾値(Tペース)が4分44秒という事は調べた。

閾値走の初心者向けメニュー、5分の閾値走+1分休憩を4セット実践すべく、iPhoneのインターバルタイマーまでインストールして準備もばっちり。

 

でも待って、心の準備が…!!

 

 

普段ゼエハアしてない非体育会系ランナーがゼエハア練習に踏み出すの、清水の舞台から飛び降りるくらいの覚悟が必要なんですよーーー!(四の五のうるさくてすみません、スピード練習が怖いんです…!)

 

閾値走に取り組む覚悟を決める前段階として、金哲彦トレーニングの数少ないスピード系練習、坂ダッシュで心と体を慣らすことにしました。

勝手知ったる坂ダッシュなら安心!

 金コーチもお勧めの時短トレーニングについて質問を受けた際に、

サブ3.5を目指すランナーの場合、100mの坂ダッシュ×10本を1週間に一度のペースで

runnet.jp

と仰っています。

 

金コーチのお言葉なら間違いない!

坂ダッシュだ!

 

火曜日、子供を寝かしつけて、1kmアップジョグしながらいつもの坂(平均勾配8%)へ向かいました。

150m×10本、オートラップを切り忘れていたので、記録が取れていたラップだけ並べます。

 

 平均ペース/ストライド

(1)5'33/94cm

(2)5'45/91cm

(3)5'04/92cm

(5)5'40/89cm

(6)5'20/91cm

(8)6'26/86cm

(9)6'35/85cm

(10)5'44/87cm

 

後半の疲れ具合がひどい。

でも走り終わるとダメージが残ってないし、あと2~3本なら走れそうなくらいの余裕はあったので、次回はもうちょっと追い込みたいです。

私に足りないのは練習で「出し切る」根性…。

 

 

お使いだからね。

しかたないね。

(夫婦でおいしく頂きました)

(坂ダッシュ10本の消費カロリーがチャラ)

 

坂ダッシュ、脚の調子が悪くないときは、平日のポイント練習として(できれば週一くらいで)入れて行きたいです。

上り坂、好きだわ

(いっそのこと「坂ダッシュだけで速くなれるか」というアプローチもあるのか…)

 

 

 

?