読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

湘南のセイラ・マスにおれはなる!~湘南国際マラソンの応援に行ってきました・前編~

座学

ご無沙汰しております。

 

神奈川県民の義務として、湘南国際マラソンの応援に行ってまいりました。

19kmくらい、片瀬江ノ島駅近くの第1折り返し付近で、チョコレートと飴の私設エイドを出していました。

f:id:shin_kuroiwa:20151206160522j:image

撮影:ムスメスポーツ

 

母娘合同制作の力作。

f:id:shin_kuroiwa:20151206160836j:image

 

アムロ、あなたならできるわ!

 

f:id:shin_kuroiwa:20151207090812j:image

この日は抜けるような青空で、絶好のマラソン日和。

小田急線・片瀬江ノ島駅を出てまっすぐ進むと、5分も歩かず沿道に着きます。

 海からの強風に、折り返し目印のアドバルーンがあおられて大きく揺れていました。

f:id:shin_kuroiwa:20151207090844j:image

(このアドバルーン、危険と判断されたのか、最終的には下げられてました。ランナーの方にはあの強い横風がつらかったのでは…)

 

沿道に立つと、冠雪した富士山がくっきりと見えました。ランナーの方は、ちょっと疲れてきた19kmの折り返しから富士山を眺めつつ走れるんですね。

f:id:shin_kuroiwa:20151207090952j:image

富士山好きにはたまらない素敵なコースだと思います。私も走ってみたい!

 

この第1折り返し付近は、唯一の駅近応援スポットということで、私設エイドの激戦区。チョコと飴がなかなか売れません。

手前を覗き込んだらいくつもタッパーとかザルとか出てる…。

チョコが売れないので当然のように、

 

10時50分頃から11時30分頃まで、約40分間の短い時間でしたが、疲れているのに声援に応えてくださった方、チョコや飴を貰ってくださった方、ありがとうございました!

(来年はコーラとかブラックコーヒーとか私設エイドの中身を工夫して完売を目指します。チョコと飴は安直過ぎたな)

 

 この折り返しの近く、江ノ島水族館の前に、ブログ村でお世話になっているメテオデさんとproceedさんがいらっしゃる、と伺っていたので、挨拶に行ってきました。

予告なしで。

コメントやTwitterでやりとりはあるものの、実際にお会いするのは初めてです。

 

メテオデさんの湘南国際マラソン応援記事

meteodetrail.blog.fc2.com

 

proceedさんの湘南国際マラソン応援告知記事

blog.livedoor.jp

 

パソコンでご覧になってる方にはproceedさんへのリンクにサムネイル画像が出ていると思うんですが(もし出ていなかったらぜひリンク先で画像を見ていただきたいんですが)今回も写真のように、メテオデさんはミッキーの帽子をかぶってらして、proceedさんは星の覆面をかぶっていらしたんですね。

ブログで読むと「へー、こんなのかぶってるんだ~、目立つし分かりやすいよね、ふふっ(笑)」くらいでさらっと読めるんですけど、近くで見ると、やっぱり、何と言うか、迫力ありますよね。迫力。

 

まず後姿を見つけたんですが、ミッキーと星が並んで立ってて、それがどちらとも背が高くてスタイルの良いおじさまで、想像して頂くと(特に警戒心の強い人見知りの方には)声をかけるのを躊躇してしまう気持ちも分かって貰えると思うんですけど。

 

1分くらい固まって「引き返そうかな…」と本気で悩んでいたら、娘が「ままー、どうしたの?」と手を引っ張ってきたので、決意しました。

普段ブログを拝見していて、文章から伝わってくる(たぶん)親切そうなお人柄とか、私より(たぶん)よっぽどまともな人格そうだとか、何となく把握しているわけで。

そうだ、私は今日、化粧だって厚めにしてきた。娘から「まま、かお、白いよ...? お化粧しすぎじゃない?」って言われるくらい厚くした。私も(日本エレキテル連合の未亡人朱美ちゃんみたいだな…)って思ったくらい塗ってきた。

大丈夫だ!(大丈夫なのか...?)

 

ミッキーの帽子と星の覆面なら、圧倒的に前者の方が話しかけやすいな...。

そうだ、こういう時こそ娘をダシに!

私「娘ちゃん、あのミッキーの人にこんにちはしない?」

娘「むり」

 

ええい、ままよ!!(クワトロ大尉)

「あの...メメメメテオデさんですか...」と勇気を出して声をかけてみました。

「あの…く、くろいわですけど」

 

メテオデさん「わっ、びっくりした! あ、どうも!」

proceedさん「わーっ! えっ? びっくりした~!!」

 

普通に声をかけたつもりだったのですが、幽霊のような扱いを受けました。proceedさんは思わず星の仮面を脱いで下さるくらい、びっくりしたみたいです(私が未亡人朱美ちゃんみたいだったから...?)

 

私「へへっ、へへへへっ…じゃ、じゃあ、応援、頑張ってください…!!」

(言いながら立ち去る)

 

私は何をしに行ったんだ...。

(お2人とも丁重にご挨拶してくださったのに愛想がなくてすみませんでした...!)

 

 

さて、事故(!)紹介を済ませ、第1折り返しを後にして、 片瀬江ノ島から藤沢駅に出て、東海道線で大磯へ。

 f:id:shin_kuroiwa:20151207121027j:image

大磯駅の目の前からメイン会場である大磯プリンスホテル行きの無料直行バスが随時運行されています(路線バスタイプ)。

 

大磯駅から大磯プリンスホテルまでは直行バスで15分ほど。バスの駐車場からメイン会場までは子供の足で10分ほどかかりました。

コースの脇を通って会場に入るのですが、フィニッシュ手前(ラスト1km以内と思われる)にエグイ上り坂があって

と思いました。

f:id:shin_kuroiwa:20151207121253j:image

トイレのアドバルーン、初めて見た。

 

まさかの後半へ続く。

 

次回「あれは、憎しみの光だ!~湘南国際マラソンの応援に行ってきました・後編~」。君は生き延びることができるか!

 

 

?