読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その3】さいたまのゴールはここに繋がっていた!〜上州八王子丘陵ファントレイルinOTA

 
ねぎふるさんに「先に行って」と通されたので、マジか、と思いながら、まずは登りからのスタート。
後ろにぴったり付かれるのは結構なプレッシャーで、ここまで温存してきた脚をフルに動かして早足で登ります。少しフラットな道に出るとすかさず走り、歩いているランナーを抜きます。
豚汁のエイドから先は、疲労の色が濃いランナーが多く、ペースを落とさなければ(登りでは)抜く一方です。
 
ちらっと後ろを見ると、ねぎふるさん、付いてきてる。
 
ピークを超えて、苦手な下りの階段。男性ランナーに道を譲るついでに、ねぎふるさんに前に行ってもらいました。
下りが苦手な私が先行して、ねぎふるさんの足止めをしているのはフェアじゃないな、と思ったからです。
 
ねぎふるさんは、小股で音を立てず、サササッと忍者のように下っていきます。なるほど、あんな風に駆け下りればいいのか。
真似をしてみると、普段の私の下りよりは速く走れるものの、やはり苦手を克服するには至らず…。
下りでねぎふるさんに離されてしまうので、フラットな道や登りでダッシュして距離を詰めます。
 
追う立場、というのはずいぶんラクでした。ただ付いていけばいいだけ。自分でペースを作らなくても、相手が引っ張ってくれます。
 
看板の写真を撮りつつ、ねぎふるさんの背中を追います。

f:id:shin_kuroiwa:20151121141403j:plain

山の中でも鏑木さんをいつでも感じられる…!
 
ピークからのフラットな道で歩き出したねぎふるさんに「ここ! 走れますよ!」と声をかけて煽る私の鬼畜ぶりなどを発揮しつつ、

f:id:shin_kuroiwa:20151121141459j:plain

最後の登りだと!?

 

ピークまではねぎふるさんに遅れないよう追いかけて、苦手の下り坂。
離されないよう付いていけば、ロードでの勝負になるかな、と考えていたのですが、道はトレイルとは思えないほど固く踏みしめられ、細かい砂利が散らばっているだけの単なる「下り坂」でした。
これなら怖くない。ロードと同じように走れる。
 
「ファンラン」と言い聞かせて温存してきた足はまだ生きていました。痛みもない。登りはこれで終わり。レースはあと4kmほど。
ねぎふるさんの足が緩んできたところで、思い切って前に出ました。
 
こっから、ちぎる! 
 
下りで離せなくても、ここから先は得意のロード。行ける。
と、思う。
 
坂を下りきると、21kmの給水所でした。
往路で焼きまんじゅうを出していたエイドに戻ってきたのです。
焼きまんじゅう…余っている…。
ここは食べるのがデブの礼儀…。
 
もぐもぐしていたらねぎふるさんがエイドに入ってきたので、水で饅頭を流し込んでまた走り出しました。
 
私のホーム、アスファルトの地面。ここでの勝負なら負けられない。
f:id:shin_kuroiwa:20151123103641j:image
トレイルで「追いかける方がラク」と実感した直後ですから、相手が戦意を喪失するくらい、引き離しておきたかったのです。
 
f:id:shin_kuroiwa:20151124001942j:image
 田んぼの間を通る平坦な道路。山道で削られた足にはありがたいコースです。
左折するときに後ろを確認すると、ねぎふるさんが小さく見えました。
22kmのラップは5分27秒。脚を使うトレイルレース終盤で、ロードとはいえこのタイムが出たのは「意地」以外の何者でもありませんでした。
 
 でも、まだ油断できない、と前方を確認したら、
f:id:shin_kuroiwa:20151124002439j:image
結構な上り坂が見えるんですけど!!
 
鏑木さん、さっき最後の上りって言ったじゃん!
うそつきー!!
(鏑木さん的にはこのレベルだと「上り」ではないのかもしれない…)
 
ねぎふるさんの影に怯えて駆け上がりました。
この辺りになると、ほとんどの人が上りで歩いているので追い抜く一方。
ピークから少し下って、ゴールであるメイン会場へは、緩い傾斜の長い上り坂でした。
f:id:shin_kuroiwa:20151124003543j:image
やはりここでもかなりの数のランナーが歩いていました。
でも私は6日前に、あの難コース、さいたま国際マラソンを攻略したばかり。
赤子の手を捻るようだな…と、強気で走って上ります。息は上がるけど足はしっかり動いてくれました。
 
ここで歩いている女性ランナーをひとりパスし、順位を上げました。
 
(みんなが歩いているここで、ほぼひとり走ってるって言うことは、全力を出せる脚ならタイムがもっと縮んだよなあ…)
 
と、フルから中5日での参戦をやや後悔しながら。
 
速いとか遅いとか関係なく、レースに出る以上は、やっぱり「ファンラン」なんて言わないで、最初から全力を出し切りたかった。
せめて2週間くらい開いてたら…。
 
うじうじ考えているうちにピークを迎え、あとはゴールに下る坂道。
視界の先にはゴールゲート。
 
ゲートの向こうには、赤いジャケットの…。
f:id:shin_kuroiwa:20151124004756j:image
f:id:shin_kuroiwa:20151124004812j:image
 かぶらきさーーーーん!!!
ゴールに、いたーーーーー!!!!
 
憧れの鏑木さんがゴールで出迎えてくれる…
トレイルランニング界のレジェンド鏑木さんが…
私とって神様みたいな鏑木さんが…
 
ここまでの疲れも、さっきまでのモヤモヤもすべて吹き飛んで、脳内は瞬時にバラ色に染まりました。ピンクのバラ。
あえて擬音であらわすなら「パァァァアアア!」。
 
鏑木さんが待ってるー!!!
 
ゴールゲートをくぐる前にスタッフの方が私のゼッケン番号を読み上げ、別のスタッフの方が私の名前を読み上げ、鏑木さんが手に持ったマイクをご自身の口に当て、
 
「次は…ささき、のぞみさん!(仮名)」
 
私の名前を、呼んでくれたーー!!!!
鏑木さんがーーー!!!
 
ゴールに向かって最後の力を振り絞ると、鏑木さんは右手を開き、笑顔迎えてくれました。
 
ハイタッチ!? いいの!?
 
その時、脳内で流れ出したのは、ロッキーが勝利した時に流れるあの音楽。
 
エイドリアーーーン!!
 
 
手を伸ばして、ハイタッチ! 
 
からの、握手!(本日2回目)
 
ぎゃーーーーーー!!!
幸せすぎてしぬーーーーー!!!!
 

これは夢じゃないの!?

まぶしすぎてこの現実を直視できない!
 
さいたまのゴールはここに繋がっていた、こんな贅沢なご褒美ほかにはない、来て良かった、良かったー!!  あああああーー!!!
  
ぽーっと夢見心地のままスタッフの方から記録証を受け取ると、タイムは3時間46分、種目別順位で10位でした。
 
記録証を眺めながら考えたことは、
 
(つくばとか大田原とかどうでもいい…来年も、鏑木さんがいるなら絶対出る…)
 
でした。
 

f:id:shin_kuroiwa:20151121141254j:plain

尊い…(合掌)

 
もう、完全に、骨抜きですよね。
 
 
 
レポートはあと2回、次回は閉会式、その次は真面目にレースの感想を書きます。
いや、毎回、本人はいたって大真面目なんですが、このレースレポでの読者離れを真剣に心配しております(でも書く)。
 
 
はあ〜♡(まだ余韻に浸っている)
 
 
 

?