読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その2】私にファンランなんてできるわけがなかった~上州八王子丘陵ファントレイルinOTA

レポの続きの前に、金哲彦さん、大田原マラソンでもサブスリー達成おめでとうございました! かっこいー!
さすが我らが金コーチ! 有言実行! もう一生ついていきます!!
 
で、続き。
 
レースは9時45分、定刻通りにスタート。
この日は絶好のトレラン日和でした。
f:id:shin_kuroiwa:20151122132457j:image
鏑木さんはスタート地点でお見送りしてくれます。

f:id:shin_kuroiwa:20151122132517j:image

尊い…(合掌)

(事前に鏑木さんが右手に立っているのを確認して右側に並んだのにスタートしたら左側にいてショックだった)

 

目標は、14時からの閉会式に間に合うこと。

できれば4時間以内でゴールしたい、と思ってスタートしました。

 

まずはメイン会場である北部運動公園の歩道をぐるっと一周します。

f:id:shin_kuroiwa:20151122132620j:image
公園内なのにそれなりの傾斜の坂でした。
右手側を見上げたらはるか頭上に人が走ってるー! みたいなアップダウン。
キロ6超のジョグで行こう、とスタート前は思っていたのに、周りに煽られて最初のラップは5分26秒。フルマラソンの最初の1kmより速かった。
 
血が…血が騒ぐんです…!
 
公園をぐるっと一周してロードへ出ます。
歩道を走るマラソン大会は初めてかもしれません。新鮮!
f:id:shin_kuroiwa:20151122132648j:image
 
2km弱で待望のトレイルへ入ります。
f:id:shin_kuroiwa:20151122132718j:image
入り口は起伏のないコースで「初心者向けって言ってたもんな」と安心して走っていたら、
 
f:id:shin_kuroiwa:20151122132839j:image
急な階段の登り...。
 
ですよね…。
 
f:id:shin_kuroiwa:20151122132953j:image
「急な階段ですみません」。
いえ、鏑木さんの決めたコースなら、どこへでも行きますんで…!
 
フルマラソンから中5日とはいえまだ序盤。脚はそれなりに動きます。
得意の登りは前の人にぴったりくっついて、追い抜かれることなく早足で進みます。
問題は、課題の下り。日が当たる場所は乾いて走りやすい道だったのですが、一部、どろっどろにぬかるんでいる道があって、怖がってへっぴり腰で下りていたらどんどん追い抜かれてしまい…。「下りは抜かれるものだ」と早々に諦めて、後ろから足音が聞こえるたびに脇にずれて先を譲るようにしました。
 
落ち葉が降る幻想的な雰囲気の中を駆け抜けるのがトレイルランの醍醐味!
f:id:shin_kuroiwa:20151122133037j:image
木漏れ日がさす静かな山の中で、落ち葉を踏みしめるサクサクとした感触。
やっぱりトレイルランは気持ちいい!!
 
たまに鏑木さんからのメッセージが掲示されています。近くにいないけど鏑木さんを感じられる、というマニアにはたまらない演出でした。ごちそうさまでした。
f:id:shin_kuroiwa:20151122133014j:image
ゴールで待っていてくださる…尊い…(合掌)
 
登りも下りも階段が多く、特に下りの階段は怖くてのろのろしか進めません。
下りでごぼう抜きにされてぽっきり心が折れたところで、約8km、1カ所めの給水所です。
 
群馬名物、焼きまんじゅうが振る舞われていました! 嬉しい!!
f:id:shin_kuroiwa:20151122133100j:image
他には、水、スポーツドリンク、飴。
焼きまんじゅうを一切れ食べ、水で流し込んでまた走り出します。
 
このエイドを抜けるとロード!
下りで抜かれすぎてほぼ歩いていたので、走れる区間が出てきたのが飛び上がるほど嬉しくて、「ああ、私はロードランナーだな」と痛感しました。
 
地図上に「林道」と記されている道の一部は、コンクリートで舗装された道の上に落ち葉が落ちている硬い地面で、走りやすくて嬉しくて、「ああ私はロードラン(以下略)。
 
2カ所目のエイドは9.6km、水とスポーツドリンクと飴が置いてあります。
f:id:shin_kuroiwa:20151123101457j:image
 
見た目がきれいな仮設トイレがあったので、利用しました。
f:id:shin_kuroiwa:20151123101520j:image
 
そして再びトレイルへ。
f:id:shin_kuroiwa:20151123101543j:image
トトロのトンネルを抜けるようなワクワクする道もあってときめきました。
 
ああ、今度はサイン入り!! 尊い!!
f:id:shin_kuroiwa:20151123101607j:image
 
走れるトレイルも多くてとにかく楽しい!
f:id:shin_kuroiwa:20151123101627j:image
登りは頑張って体を上に運び、下りはほぼ歩き、の繰り返し。
ただ、やはりフルのダメージが抜け切れていないようで、傾斜のキツイトレイルを上がって行くと腿裏の筋肉がチクチクしてきました。
肉離れしたらシャレにならないな…と登りでも無理しないように脚を緩めました。
 
ファンラン、ファンラン。
ファントレイルって名称だから。
 
でも…物足りない…。
 
いや、シーズンを棒に振るわけには...。
 
ロードを抜けて、桐生市に入ります。
f:id:shin_kuroiwa:20151123101651j:image
(ああ、太田市長が「桐生市もコースに入ってるのに整備してくれなかった」って言ってたな…と思い出しました)
 
ああもうこのトレイル最高だ...!
f:id:shin_kuroiwa:20151123101713j:image
f:id:shin_kuroiwa:20151123101733j:image
 
12km過ぎからすれ違い区間に入り、トップ選手が考えられない速度でゴールに向けて走ってきます。道を譲り、あいさつを交わしながら進みます。
 
16kmの給水所では豚汁! 嬉しい!!
f:id:shin_kuroiwa:20151123101752j:image
あとは水とミネラルウォーターと飴がありました。
 
紅葉も見ごろ。
 f:id:shin_kuroiwa:20151123101810j:image
豚汁を食べるためにベンチのようなものに腰かけると、横に人が座って来て、ふと顔をあげると、一緒に参加したトレラン初参戦のねぎふるさん。先にこのエイドに入っていたそうです。
(後で聞いたら私がトイレに行っている間に抜かれたらしいです)
 
私が豚汁の後にスポーツようかんを食べていたら、先に休憩を終えたのはねぎふるさん。
でも、ねぎふるさんはトレイルの入口で私の事を待っていてくれました。
 
(私が逆の立場だったら、絶対ここで千切るのに…!)
 
ねぎふるさんの性格の穏やかさに衝撃を受けながら、ここからしばらく、私が先を進むことになりました。
 
(ねぎふるさん、初トレイルだよな……)
 
 ぽっ、と、心の中に小さな火が灯ったような気がしました。
 
(負けたら、悔しいな…)
 
私に「レースでジョギング」なんて、できるはずがなかったですよね。
 
 
 
 

?