働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その3】ハーフで脚終了の鐘が聞こえた~第1回さいたま国際マラソン

 
11km~15km(この時点でかなりのズレあり)
5'12 / 5'02 / 4'47 / 4'52 / 4'53
 
ワタナベさんから逃げ切るために(人聞きが悪い)、一気にラップタイムが上がっております。アップダウンはありつつも、微妙に下り基調の区間でした。
f:id:shin_kuroiwa:20151117190758p:image
 
15km過ぎの給水所で立ち止まってアミノ酸を飲み、水をかぶっていると、反対車線に先導車が走ってきました。
トップ集団だ!! 近くで見たい!
慌ててコースに戻ります。
 
外国人選手が通過した後(写真間に合わなかった)、次に来たのは吉田選手!
f:id:shin_kuroiwa:20151117164400j:image
ストライドが広い! 姿勢が美しい!!!
このときばかりは一般ランナーたちも疲れを忘れ、「よしだー!」「しぶいー!!」と声をあげてエールを送ります。
 
スライドの興奮も冷めやらぬうちに、新見沼大橋有料道路へ続く上り坂。
f:id:shin_kuroiwa:20151117190355j:image
大丈夫!! 金コーチの坂ダッシュに比べればゆるいゆるい!
 
料金所を走ってくぐります。これは新鮮。
f:id:shin_kuroiwa:20151117190423j:image
 
 
料金所ではコバトンがお見送りしてくれました。
 f:id:shin_kuroiwa:20151118121838j:image
コバトンありがとう! コバトン! コバトン!
遊びの要素(ゲストランナーとかお楽しみエイドとか)がないシリアスな大会だから、ゆるキャラがただそこにいるだけでホッとする…。
コバトンをこんなに愛おしく思ったのは初めてでした。
明らかに心が弱っていた。
 
(この新見沼大橋有料道路を下ると応援がまったくいないエリアがあって、寂しさのあまり「さいたまー!!」って叫びそうになりました)
(あ、寂しいと言いつつ、一切余裕がないので、基本的にはスタート以降ほぼずっと沿道から遠いコースを取っていました)
 
 画面中央、白いマンションの背景、はるかかなたに「埼玉スタジアム2〇〇2」が霞んで見えます。
f:id:shin_kuroiwa:20151117190612j:image
そう、霞んでいる…。あの近くまで行くんだよね…。
気が遠くなるわ...。
 
16~20km
5'19 / 5'01 / 4'57 / 5'09 / 5'02
(最初のラップが遅いのは給水所で立ち止まってアミノ酸を飲んでいたため)
f:id:shin_kuroiwa:20151117190822p:image
 
埼玉スタジアムが見える頃には前半のアップダウンが落ち着き、ここから約10kmはフラットで走りやすい(はずの)区間に入ります。
気持ち的には「よーし、ペースアップしないように気をつけなくちゃ♪」くらいの心意気だったわけでして、事前のイメージトレーニングでも「終盤に向けてちょっと貯金ができるかな♡」って思っていた区間でした。スタート前までは。
 
現状では、腿の裏には、ひんやりとした違和感があって異様に重く、なぜか普段使っていない(つもりの)ふくらはぎまでピクピクしてきました。股関節が固まったように脚が前に出ず、ストライドも上り坂のように縮こまったまま。30km走後くらいの重さ。
 
あれ?
脳内で「チーン」と鐘が鳴りました。脚、終了のお知らせ。

 

どれくらい重かったかと数値で説明致しますと、
 
レースで一番ノリノリだった13~15km(前半すぎる)
ピッチ/ストライド
201spm / 101cm
201spm / 100cm
202spm / 101cm
 
これ以降、ストライドが100cmを超えることは一度もありませんでした…。
 
辛くなってきたハーフ以降の22~23km(まだ中盤なのに)
ピッチ/ストライド
201spm / 98cm
201spm / 98cm
201spm / 98cm 
 
とにかく回転数だけは落とさないように必死でした。
(ストライド、伸びるのを期待したけどたった3ヵ月では成果は出ず…)
 
レースでも練習でも、たった20kmでこんなに脚が重かったことなんて、ここ1年で1度だってないと思う。
 
(やはり力不足のオーバーペースだったのか?)
(前半の細かいアップダウンで脚が削られたのか?)
(この2週間、練習抜きすぎた?)
(湿度が高くて汗をたくさんかいたから脱水気味な気もする…)
(30km以降のアップダウン、これで耐えられるの…?)
 
しかも!! 晴れてきやがった!!
f:id:shin_kuroiwa:20151117190648j:image
ちょっとー!! 前日まで「15日は雨」とか言ってたじゃんか!!!
ウソつき!!! ウソつきーーーー!!!!
 
埼玉スタジアムの折り返しを過ぎると、すぐ中間点でした。

f:id:shin_kuroiwa:20151117190713j:plain

 この辺りで向かい風になった気がするけど、強くはなかったので走るのに影響はありませんでした。
 
 あとハーフ1回...。
 
ハーフ地点の通過は、手元の時計で1時間48分くらい。
イーブンで走れば3時間40分は余裕カットできるけど…。
 
 ああ金コーチ、自分は後半型だなんて偉そうにぶっこいて申し訳ありませんでした。あのレースは設定ペースが甘くてコースと気象条件に恵まれただけのまぐれ当たりでした。ここから上げられるイメージが1mlも湧いてこない。
 
それでも必死に脚を前に運んでいくと、キツい割に、ペースは意外と落ちてきません。
平地に入ってからは5分10秒以内のラップを刻んでいるため、呼吸はやや「ハァハァ」していますが、「ゼェゼェ」まではまだ余裕がありそう。「ハァハァ」のまま踏ん張ってみることにしました。一度落としたら二度と上げられない気がして。
 
(そうだ、○○さんと××さんはランナーズアップデートでリアルタイムにチェックしているはずだ…)
(結果はあとでブログにも書くんだ…)
(言い訳なんてしたくない…!)
 
21km~25km
5'06 / 5'03 / 5'00 / 5'03 / 5'04
 
26~30km
5'27 / 5'01 / 5'34 / 4'58 / 5'02
 
26kmのラップは立ち止まってスポーツドリンクをコップ1杯分飲んだから。
28kmのラップはようやく現れたレース中初登場の給食(バナナ)を歩きながら食べて水を飲んでいたから。
いずれにしても、エイド滞在時間が少しずつ長くなっています。
 
29kmのラップが速いのは、はてなブログのママランナー仲間・Lisaさんがぶどうを持って沿道にいらっしゃったので「恥ずかしいところは見せられない!」と発奮して頑張ったからです(見栄っ張り)。ぶどう美味しかったです、ありがとうございました!! 命のぶどう!
 
 f:id:shin_kuroiwa:20151118121729j:image
 
20~30kmのこの区間は朦朧として記憶もほとんどなく、
 
・スマホがかぶり水で濡れて画面が反応しなくなった
・日差しがきつい
・脚が重くて泣きそうだった
・アゴが上がる
・ぶどう美味しい、もう一個もらえばよかった
・暑い
・口がかわく
・死ぬ
 
という、ぶどう以外、涙なしには語れない区間でした。
ただ気合だけで脚を進めている感覚です。
 
「行楽日和」(今じゃなくていい…)な好天の向こうに見える上り坂…(これは鶴巻陸橋?)。
 f:id:shin_kuroiwa:20151118134523j:image
こっからどんな目に遭わされるんだよ…。
 
次回、フィニッシュします。
 
 

 

?