読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その2】2km後方に走る関門! サブ4レースは恐怖の鬼ごっこ〜第1回さいたま国際マラソン

参加レース
 
待機列の道路は狭いので、号砲が鳴っても渋滞で進まず、進んだかと思えば詰まって急に止まったりを繰り返し、約3分のロスでスタートラインをこえました。
f:id:shin_kuroiwa:20151116232455j:image
 
 
ゲートを越えるとすぐ二車線の道路に出て、ややばらけた状態に。
f:id:shin_kuroiwa:20151116232958j:image 
(あっ! 私もうっかり買った柴又100KフィニッシャーTシャツだ!)
 
道路の真ん中を走る非日常感はマラソン大会の醍醐味のひとつ。
高揚感についついスピードが上がりそうになりますが、ぐっと堪えます。
 
今回の私の目標は3時間40分切り、目標ペースは、ギリギリ40分カットできる5分12秒。たぶんそれが、私の走力の限界に近いタイムで、達成できるかどうか瀬戸際のラインだと思っていました。
 
これまでの練習で撃沈したパターンでは、どれも最初から速いペースで入りすぎています。
フルのレースでそれだけはしたくない。
この3ヶ月の練習を、絶対に無駄にしたくない! 
 
最初の1kmは絶対に5分20秒を越えない。5分30秒でいい。18秒背負ったところで、後半、利子をつけて返してやる。
飛ばしているランナーにびゅんびゅん抜かれるけど、慌てなくていい。飛ばせば絶対に後で落ちてくる。30km過ぎにどんどん抜き返していくのが私のフルマラソンだ、覚えてろよ。
がまん、がまん。
 
手元の時計で、最初の1kmは、5分38秒。
よし、抑えた!
 
高低図を見ると最初から細かいアップダウンがあったようですが、ハイになっているのでスタートから5kmほどはまったく感じませんでした。フラットじゃないか。ビビりすぎたな。ふっ(まだ強気)。
5kmへ向かって下る坂はペースを気にせず駆け下ります。このラップはキロ5分を切っていましたが、下りですから呼吸の乱れもなく、まだまだ余裕です。
 
1〜5km
5'38 / 5'11 / 5'05 / 5'00 / 4'58
f:id:shin_kuroiwa:20151117103718p:image
 (高低図は公式サイトより転載。以下同じ)
 
ええ、御察しの通り、我慢できたのは最初の2kmだけでした。
 
それでも5kmの通過タイムは手元の時計で約26分、均すと目標の5分12秒ペースですから、ここから淡々と刻んでイーブンで走ればいいのです。
完璧じゃないか、いいぞ、私。
 
天候は曇りでしたが雨上がりの埼玉は湿度が高く、緊張もあってか、想定より汗をかいていました。
5.3km、待ちに待った最初の給水所です。
 
f:id:shin_kuroiwa:20151117011045j:image
スポーツドリンクを一口飲んでから、水のコップを2つ取って立ち止まり、シューズにかからないよう前かがみになってから首と背中に、さらに片方ずつ足を上げて両腿にかけます。
脱水症状が怖いので、とにかく身体を冷やす!
 
7km前後には、コース最大の勾配(拝見した試走レポートには7%と…)を誇る、新浦和橋が待ち構えています。
 

 f:id:shin_kuroiwa:20151117103834j:image

(まっすぐな道の先に、遠目に激坂が見える絶望感ったら…)
 
キツいとはいえ、上り坂は100m強だし、脚はまだ元気だし、「マジかよ!」と思いつつ、駆け上がれてしまうんですよね。
駆け上がれてしまうんですよ。
気軽に。まだ元気だから。まだ。
 
坂を駆け上がった後はその勢いのまま坂を駆け下ります。
 
これ、1kmごとのラップを気にしても意味ないな…。
 
ペース管理を早々に諦め「ゼェハァしないギリギリのラインで走る」という、一番アテにならない「体感」で走ってみることにしました。

10.3kmの給水所でもスポーツドリンクを一口飲み、コップ2杯分の水をかぶります。
 
6〜10km
5'16 / 5'07 / 4'58 / 5'09 / 5'04
f:id:shin_kuroiwa:20151117103918p:image
 
約12km、最初の折り返し「山崎折り返し地点」です。
f:id:shin_kuroiwa:20151116233116j:image
 
折り返しのポールを曲がると、13kmの辺りで、最終ランナーとすれ違いました。
苦しそうに足を運ぶ女性の後ろに、ぴったりと事務局のクルマがついています。
 
そしてその後ろから、
f:id:shin_kuroiwa:20151116233348j:image
リタイアした人の収容バス…!!
 
人が走るスピードで、ゆっくりと進む大型バス。
3台ほど連なって走る姿の圧倒的な威圧感…。
3台も!? 何人飲み込む気なの!?
エンジン音が唸り声に聞こえます…。
 
私がいるのが13kmで、折り返し地点が12kmくらいだったから、つまりこれはたった2km後方の光景。
なにこれ!
怖い! 鬼ごっこかよ!
逃げなきゃ!
 
自然とスピードアップしていました。
そして、何だか、もう脚が重いぞ…。
やばい…。
 
強気に出るために関門情報を把握してこなかったことを後悔していたら、視界に、黒っぽいTシャツにプリントされた「TEAM75」の白い文字が飛び込んできました。
 
TEAM75はブログ村発のTシャツプロジェクト。体重75kgのゆるい連帯。
(私もリアルタイムでは存じあげないのですが、こういう企画です→さぶろうのマラソン好日録 TEAM75 Tシャツ作成プロジェクト始動のお知らせ)
 
(75kgには見えないけど、もしや村の方…?)
(帽子…私も持ってるつくばの参加賞…もしかして...)
 
追いつき、横に並んでチラッと観察してみると、お腹にピンクのゼッケンは「ぼっち練」の文字。
あっ、やっぱりブログでもTwitterでも交流のあるワタナベさんだ!! 
 
想像していたよりいい男でした(書いて欲しいと言われたので書きました)
 
どうしよう…
人としてここは挨拶すべきか…
いや、気づかなかったフリだ…(クズい)
 
(でも、ワタナベさんはコースの走り方を「ペースじゃなくて心拍で走る」と教えてくれたし…)
(Twitterでも話しかけてくれるし…)
(少なくとも私に敵意はないはずだ…)(←一番大事な判断基準)
 
収容車の威圧感にやられて完全に心細くなっていたこともあり「ワタナベさんですか?」と声をかけてみました。
 
ワタナベさん「わっ、声かけられちゃった」
 
私「あああすみません、ちょ、調子どうですか…あのっ、ごごご5km過ぎの坂すごかったですね…あ、あの坂が一番キツいんですか…ああ、そうなんですね…」(しどろもどろ)
 
......だめだ。
ワタナベさんは優しくしてくれるけど、1分の会話で限界を迎える私の人見知りリミッター。
 
私「じゃあ、お互い頑張りましょうね!!!」
 
ペースアップして、先に行く!!!!!
 
(これ、後で抜かれたら、めちゃくちゃかっこ悪いな…)
 
 ワタナベさんから逃げきるのが、当面の目標になりました。
 
 

 

?