読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その1】スタートブロックでさいたま文化の洗礼を受ける~第1回さいたま国際マラソン

参加レース

今回も例によってスタートまでのタイムスケジュールも含めて、さいたま国際マラソンのレースレポートです。

(そして今回も例によってスタートしません)。

 

今回の大会。

saitama-international-marathon.jp

 横浜国際女子マラソンの後継レースとして開催される女子エリートレースですが、エリートの30分後にスタートする「サブ4の部」は一般にも門戸が開かれています。

 

さいたま国際マラソンのメイン会場は、さいたま新都心駅からすぐの「さいたまスーパーアリーナ」です(この一文に「さいたま」が3回)。

私が出場するサブ4の部のスタート時間は9時40分。整列開始は8時50分です。余裕を持って準備したかったので、7時50分頃にさいたま新都心に到着する電車で向かいました。

 

家を出るときには小雨が降っていたので、折り畳み傘をさして最寄り駅に向かいました。予定の電車に乗っても、これからフルマラソンを走る実感がまったく沸いてきません。

ニヤニヤしながら埼京線に乗り込むと、幸い空いていて座席を確保できました。赤羽から高崎線へ乗り換えて、さいたま新都心へ。高崎線は座れませんでしたが、つり革には余裕でつかまれる程度の混雑でした。

 

さいたま新都心駅の改札を出ると、

ボランティアの方の協力なくして大会は成り立たない…。

本当にありがとうございます!!

 

駅を出ると、傘が必要ない程度のわずかな雨。

一日中この天気であってほしい…。

当日の予報では、晴れて気温が20度を超えると出ていました。

ウソだ。雨のレースのイメトレしかしていないのに…!

 

川内選手、2日ぶり

 f:id:shin_kuroiwa:20151116132531j:image

 

スーパーアリーナの入口でゼッケンを提示して入場します。

f:id:shin_kuroiwa:20151116132554j:image

 

拡声器を持ったスタッフの方の誘導で、迷うことなく女子更衣室に。

f:id:shin_kuroiwa:20151116132621j:image

更衣室は3階のラウンジがパーテーションで仕切られていて、入口には女性警備員が立っていました。

「養生をしていない」とパンフレットには書いてあったので念のため敷物を持っていきましたが、床は絨毯でしたのでそのまま着替えました。

 

更衣室内の話し声はわずか。

ピリピリした独特の緊張感があります。

 

さいたま国際マラソンの制限時間は4時間。

アールビーズ社の調査によると、2013年度に行われた大会での女性のフルマラソン平均タイムは5時間07分56秒、4時間以内で完走した女性ランナーは12.2%でした。

サブ4は、女性ランナーにとって、決して低いハードルではありません。

 

女子エリートの「日本代表チャレンジャーの部」は、陸連登録をした上でサブ3.5の記録があれば参加資格を得られます。

この更衣室にいるのは、サブ4の部の入賞狙いや陸連登録をしていない人などの一部を除き、ほとんどが3時間30分~4時間で走るランナーのはず。

この大会で、初のサブ4を狙っているランナーもいるでしょう。

私だって今回「3時間40分切り」を目標に掲げてはいますが、これまで4時間を切って走ったレースはたった一度だけ。一歩間違えば関門との戦いが待っています。

いつも以上に念入りに靴紐を締め上げ、荷物を持って更衣室を出ました。

 

男性トイレは長打の列でしたが女性用トイレはほぼ並ばすに使用できました。

(施設内のトイレを利用できるので何より清潔で嬉しい)

 

預かってもらえるのは貴重品だけで、スタンド席が荷物置き場になっています。

f:id:shin_kuroiwa:20151116132654j:image

これから42kmも走るのにみんなアップしてる…(元気すぎ…!)

 

何度もトイレに行ったり、携行品の確認をしていたり、ゼッケンを付けたりしていたら時間はあっという間に過ぎてしまいます。

27kmまで給食がないので、スタンドでおにぎりを食べ、9時になったら席を立ちました。

f:id:shin_kuroiwa:20151116132716j:image

私のスタートブロックはD。最終ブロックからのスタートです。

 

レースの最終関門「4時間」は、グロスタイムでの計測。

Dブロックのランナーは持ちタイムが遅いのに、数分のスタートロスを背負って走ることになります。

事前情報によると難易度の高いドSコースらしいので、Dブロックのランナーのひとりとして、「なるようにしかならない」という開き直った気持ちで集合場所に向かいました。

 

9時30分、Cブロックへ続く歩道が閉鎖。スタートまであと10分。

f:id:shin_kuroiwa:20151116132815j:image

 

 狭い道路にランナーがみっしり。

f:id:shin_kuroiwa:20151116132746j:image

 スタート時刻には、雨はほぼ止んでいました。

 

湿度は高いものの、気温はさほど高くないので、この曇り空が続いてくれれば…。

 

アミノバイタルパーフェクトエネルギー(赤いパッケージのゼリー)を飲みながらスタートを待っていると、セレモニーが始まります。

 

何だよこの歌…(公募した歌詞にタケカワユキヒデさんが曲を付けたそうです)。

 

(さすがサブ4クラスのシリアスランナー…こんなトラップにクスッともしないぞ…!)

 

そして何故か始まる祭囃子。

 

さいたまの洗礼を受けて困惑しているうちに、9時40分、号砲が鳴りました。

**************************

フルマラソン後の恒例ご褒美♡

昨日の夜はビールと日本酒飲みながらおでんを食べました♡(カロリー高いからずっと我慢してた練り物も食べた!)

 

今日のランチ♡

たーのしーいーーーー!!!!!

 

 

 

?