働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【あと2日】さいたま国際マラソンは雨!~最重要アイテムは、替えのパンツだ!~/市民ランナーの練習方法って宗教論争だと思う

11月13日、さいたま国際マラソンまであと2日。

 

さいたま国際マラソンはお天気が怪しい模様…。

でも大丈夫! 

私は雨のレースと相性が良いんです!

PBを出した今年の静岡マラソンは雨だった。

またPBを出す(予定の)来年の静岡マラソンもきっと雨。

雨のレースはタイムが出やすい!(私の場合)

 

・雨は天然のアイシング。首や脚に水をかける手間が省ける

・湿度が高く呼吸がしやすい

・「一刻も速く終わりたい」という一心で最後まで頑張れる

・雨がうざったいのでそちらに意識を取られ疲労と向き合わなくて済む

 

ほら! 良い事づくめ!(?)

 

服装について、静岡では、

 

外側から、

 

【上半身】

・100均一のカッパ

・ツバつきキャップ

・ウエストポーチ

・モンベルの超軽量ウィンドブレーカー

・半袖Tシャツ

・アームカバー

・スポブラ

・コンプレッションウェア

 

【下半身】

・ランパン

・ランニングタイツ

・下着

・5本指ソックス(素材はメリノウールが良いらしい)

・シューズ

 

カッパは待機列用だったので、スタートしてすぐ脱いでしまいました。ウエストポーチのベルトに挟んで中盤まで走りましたが、結局海沿いの給水所まで持っていってから捨てました。

レースでは冷え対策でお腹と背中にホッカイロを貼っていましたが、不要でしたので途中で剥がして給水所で捨てました。

ゼッケンはTシャツに付けて上からウィンドブレーカーを。

ウィンドブレーカーは色が付いたものなのでオールスポーツの写真(ゼッケンナンバーで検索)は諦めていたのですが、薄手で半透明のためゼッケンが透けており、写真はちゃんとアップされていました。

 

レース後の更衣室で気付いたのですが、替えの靴も靴下もブラもちゃんと持っていったのに、替えのパンツだけは忘れてしまい(いつも着替えないから)ずぶぬれのパンツで新幹線に乗った悲しい思い出があります…風邪引かなくてよかった…。

 

 替えのパンツはくれぐれもお忘れなく!

***************************************

 「まあ、宗教みたいなものですよね」

と言われた事を、よく覚えています。
以前ランナーの人と飲んで、練習方法の話になったときで、私は金哲彦さんの素晴らしさを熱っぽく語り、相手は岩本能史さんの本で記録を伸ばした人で、その時のその言葉がものすごく腑に落ちて、

「そう! 宗教!!」

と、叫んだと思う。唐揚げを食べながら。何なら少し飛んだ。口から、唐揚げが。

市民ランナーの代表的な教祖さまは金教、小出教、岩本教あたりでしょうか。ランニングクラブのコーチもプロであれば教祖枠ですかね。ブログを普段からご覧の方はご存知かと思いますが、私は金教の熱心な信徒です。
無宗教にも流派はあります。BU派、スピ練流、ダニエルズ党、裸足会派などなど。

 

私が金教に入信した経緯は、夫婦喧嘩の末に家出をした先で出会ったという、人妻が本気で宗教か不倫にハマるきっかけになりそうなシチュエーションだった訳ですが(金哲彦さんと心中します - 働くお母さんが走るブログ)金教への入信くらいで済んで本当に良かったです。これ以来家出はしておりません。

 

さて、金教の熱心な信徒として「宗教を持つことのメリット」を、本日は語らせて下さい。ガンダムの名台詞になぞらえて(ガンダムがわからない方は置いてきぼりですみません…!).

 

ララァ、私を導いてくれ…!

アムロやシロッコクラスのニュータイプであれば自ら覚醒することは簡単に出来ると思うのですが、シャアのようなニュータイプとして「できそこない」と呼ばれるようなレベルの場合(シャアがニュータイプかどうかという論争は血で血を洗うことになるのでここではぐっと堪えて下さい)やはりララァのような力の強い存在はどうしても必要になるわけです。

フルマラソンはトレーニングの上に強い精神力が必要になります。ララァのエルメスが援護してくれれば百人力です。レースの一番辛い場面で「金コーチの言うことを聞いたんだから絶対に大丈夫!!」と自信を持って走れます。ニュータイプは無理でも、強化人間にはなれます!!!

 

見えるぞ! 私にも敵が見える!

ララァの力で、見えるようになるんですよ。

教祖様に言われるままに練習を積み重ね「これで大丈夫なの…?」と半信半疑でレースに出た時、自分が想像以上に走れるようになっていた驚きと「あの練習にはこういう意味があったんだ!」という気付きは、まるでパズルのピースが次々にハマっていくような快感があります。

考える前にまずはやってみる。とりあえず乗ってみれば、マニュアルを見ながらガンダムを動かせるかもしれません。これも上達の一つの道ではないでしょうか。

 

ガルマ、私の手向けだ。姉上と仲良く暮らせ

ネットでのコミニュケーションは文字だけなので意図が伝わらず難しいわけですが、教祖様がいれば大丈夫!

「絶対に××は必要ですよ!」→「金コーチがいらないっていってるからやりません☆」

「絶対に⚪︎⚪︎は不要です!」→「金コーチが必要って言ってるからやります☆」

 

万事解決!

 

(最後、ガンダムと結び付けられなかった…)

私が金コーチのトレーニングと出会って一番メリットだと感じたのは、サボりがちだったランニングを、メニューの実践によって習慣化してくれた事です。メリハリの大切さも教えてもらったし、距離が全てではない(あくまでサブ4クラスでは)と言うことも身をもって知りました。

 

信仰があってもなくても、大事なのは人生を豊かに送ること、つまり「楽しく走ること」だよね、と無難なところに着地いたしまして、金哲彦さんの布教をここに終了いたします。

かしこ。

(やると確実に変わるよ!!)

 

 

 

?