働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その5・まとめ】来年のエントリーは会社員人生との綱引き☆~第9回富士山麓トレイルラン

(前回まで:【その4】あっという間のフィニッシュ!(気の強さを再確認)~第9回富士山麓トレイルラン - 働くお母さんが走るブログ

 

今回はまとめと雑感。

 

【会場までのアクセス】

往路:河口湖駅からタクシーで会場(約1500円、10分程度。参加者同士の相乗りも狙えます)

復路:西湖周遊バス 道の駅かつやま停留所から河口湖駅(330円、10時~17時頃まで1時間に2便程度あり。バスは遅れ気味なので、余裕を持った行動をお勧めします)

 

【レースギア以外で持参した方がいいと思ったもの】

レジャーシート(地面が湿っている場合があるため。シートで寝転がりたかった!)

スプーン(ミネストローネの具材がカップの底に残るため)

 

あと私は普段、レースシューズで出かけて、レースシューズで帰るのですが、

f:id:shin_kuroiwa:20151009144151j:plain

今回ばかりは替えのシューズを持って行って正解でした。

泥まみれ。

 

ゴール後は無料でフォカッチャとミネストローネが振舞われるほか、400円で吉田うどんも販売していました。地域の特産品も少し。メイン会場から道路をはさんですぐの「道の駅かつやま」でも食事・飲料等の購入ができるようです。

時間がなくて今回利用できなかったのですが、徒歩10分ほど(バスで1停留所分)の富士ビューホテルで日帰り温泉(1500円)に入れます。

 

【ロードで走力をつければ山に行けなくてもトレランは走れる】

※ただし、ショート・ミドルの場合

先月高尾山外周トレイルを走るまで1年以上山から遠ざかっていたのですが、ロードで真面目に練習していれば、少なくとも富士山麓トレイルランのロングコースは走れます(私は普段からアップダウンしかない街中を走っているという事情も、多少はあるかとは思うのですが…)

ただ、山の下りでは普段のランニングでは使わない腿の前面の筋肉を酷使するため、激烈な筋肉痛に見舞われ、その後のロードの練習計画に大いに支障を来たします。

……ダメじゃん!!

 

【トレランはロードの「逃避」か】

バスを待っている間、前に並んでいたおじさまとお話していたのですが、おじさまが、

 

「自分はフルマラソンのタイムが頭打ちになってきたから、トレイルに逃避しているような面もある」

 

と。

 

ドキッ。

私もスピード練習が辛くて…! などと、ひとしきり盛り上がってしまいました。

 

トレイルレースもフルマラソンはいずれも「趣味」の位置づけには違いなくて、趣味であるはずのマラソンのタイムを伸ばす「辛さ、苦しさ」のレベルがある程度のラインを超えてきた時に、何を持って「楽しさ」と感じるかが、個人の価値観によって分かれてくるよなあ、と、最近ぼんやり考えています。

 

ランニングは懐が深いから、辛い練習を乗り越えて得た結果に最上の喜びを見出すのも「楽しさ」だし、走力にこだわらずレースで知らない町を走る喜びや個性的なエイドを満喫する「楽しさ」もあります。

まだのびしろがあるうちは前者を目指したいと思いつつ、スピード練習が泣くほどしんどいし、さいたま国際を走り終えたとき、トレランレースの楽しさを知ってしまった自分がどんな気持ちになってるのか想像がつかなすぎて、楽しみでもあり、怖くもあり…。

とりあえず明日は第1弾の30km走です!!

 

【何はともあれトレイルは楽しい、超楽しい!!】

トレイルランナーのマナーやトレランレースの開催がさまざまな場所で物議を醸していることは存じ上げておりますので、手放しで「楽しいから走りなよ!」とは言いづらいのですが、自治体によってはルール策定の動きも見られており、こういう事情を踏まえた上で、ルール・マナーを守りながら、安全を心がけて謙虚に山で遊ぶ分にはなにとぞひとつ、お許しを…。

 

一例:「東京都自然公園利用ルール」を策定|東京都

 

山を走っている間は目の前の山のことだけしか考える暇がない、というのは日々雑事に追われる生活を送っている身にとってはこれ以上ないリフレッシュでした。

これからトレランレースにどんどん出たい!

ショート・ミドルに止めるか、30km級のロングに挑戦してみるか、日帰りできる範囲のレースを探しつつ、ワクワク悩んでみようと思います。

 

 

 

さて、できれば来年も富士山麓トレイルランに出たいとは思っているのですが、

 

~大会1ヶ月前~

上司「くろいわさん、10月3日(レース当日)に、去年も行ってもらった取引先のイベントがあるんだけど、今年もお願いできる?」

私「(!? そうだ! 10月の第一土曜日!!)す、すみません、その日はどうしても外せない予定が入ってしまいまして…」

上司「ああ…そうなの…?」

私「はい、すみません……」

 

今後、毎年毎年休日出勤を断り続けるプレッシャーと天秤にかけて、次回のエントリーを熟考したいと思います!!!!

(仕事あっての趣味…)

日曜開催にならないかな…。

 

あと、これだけは言いたい。

 

強え。

 

 

?