働くお母さんが走るブログ

運動経験ゼロの経産婦が静岡マラソン2015で悲願のサブ4を達成(3時間46分1秒)。柴又100を完走してウルトラの母になりました(12時間1分35秒)。走っても痩せないのは仕様です(15年3月10日「働くお母さんがサブ4を目指して走るブログ」を改題)

【その2】世界は半径3m。トレランは大人の贅沢な遊び!〜第9回富士山麓トレイルラン

(前回まで:【その1】六花さんのカリスマ性がハンパない件~第9回富士山麓トレイルラン - 働くお母さんが走るブログ

 

公園を出て、道路を渡り、スタート地点へ向かう登山道に入ります。
f:id:shin_kuroiwa:20151005172242j:image
この日は快晴で、メイン会場の小海公園は日差しが強く暑いくらい。
一転、山に入ると急に涼しくなりました。
 
スタート地点はどこかしら…と見上げると。
f:id:shin_kuroiwa:20151005172320j:image
(注・レース前です)
 
軽くない部類の登山。
遅れないように前の人に着いて行くと、歩いているのに息が上がってしまいます。
 
今からこんなにハァハァしてて、この後18kmも走れるの…?
 
そんな憂鬱な気分も、スタート地点に到着すると吹き飛びました。
 
標高約900m、羽根子山からの眺め。
f:id:shin_kuroiwa:20151005172522j:image
ここよりさらに高いところに登ると、どんな景色が見えるんだろう。
早く走り出したくてウズウズしてきます。
 
今回のコースはこちら。

f:id:shin_kuroiwa:20151006121250p:plain

(公式サイトより転載。あのUTMFと一部同じコースを通るそうです)

 
今回のレース最大のポイントは、前回の第8回大会では工事中で通ることができなかった「三湖台」への激坂が復活したこと。高低図の赤い破線、9.5km地点西湖民宿村エイドから紅葉台に向かう道です。
 
エイドはスタート・フィニッシュ地点に加え、コース上に3カ所。
 
(1)6km地点、紅葉台に水とタブレット(何のタブレットかは分からないけど甘い味)
(2)8km地点、西湖民宿村に水・アクエリアス・コーラ・バナナ
(3)13km地点、三湖台に水
 
参加案内では1リットル程度のドリンクを持ち歩くよう呼びかけられていました。私はハイドレーションシステムを持っていないのでボトルポーチ(yurenikui)に500mlのペットボトルを入れて走ったのですが、これ、水、絶対必要でした。
 
補給食はこちら。

f:id:shin_kuroiwa:20151006121503j:plain

摂取のタイミングをいまいち掴めなくて、結果的にはスポーツようかんを食べただけでした。
 
 
さて、定刻の10時半、第1ウェーブからレースがスタート。

f:id:shin_kuroiwa:20151006121604j:plain

きっちり8分後、10時38分が第5ウェーブのスタート時刻です。
バンドの方がサックスを吹き、六花さんがランナーを激励し、カウントダウンが始まります。
 
「3、2、1…」
 
 
号砲が響くと、周りが全力走の勢いでどっと飛び出して行きました。
初のトレイルレース。どんなペースで走っていいかも分からず、まずは流れに着いて行くことにしました。
 
みんなダッシュ。

f:id:shin_kuroiwa:20151006121717j:plain

 スタートから数百メートルの場所にあった神社の写真を撮っていたらびゅんびゅん抜かれる…。
みんな軽い登りも勢いを落とさず走るので、精一杯付いていきます。
このペースで18kmも走れないだろ!! どういうこと!?
 
で。
 
1kmくらいで、みんな普通に歩いてた。

f:id:shin_kuroiwa:20151006121809j:plain

ですよね~。
びっくりした。
 
(後日トレイルランナーの同僚に聞いたら、トレランでは渋滞にハマらないよう、スタートダッシュをかけるのがセオリーらしいです。へえ)
 
登りは渋滞といえど、どうせ走れる傾斜ではないので、遅れないようしっかり前について行きます。ハァハァと荒い呼吸を繰り返しながら前のランナーにぴったりくっついていると、列からこぼれていくランナーが道をゆずってくれます。
 
私は抜かれてなるものか。
 
ガンガン登ると、心臓が破裂しそう。
喉が渇き、登りながら何度か給水しました。
 
左手の視界がぱっと開けて、突然姿を現したのは、

f:id:shin_kuroiwa:20151006122007j:plain

 
富士山!

存在感に力付けられ、足取りも軽くなりました。

 

迷いそうな道はしっかりマークされているので、集団から外れてぽつんとひとりで走っても安心。要所要所に誘導のスタッフの方が立っていらっしゃいます。

f:id:shin_kuroiwa:20151006122110j:plain

 

平坦なトレイルや、緩やかな登り・下りは極力走りました。

ジョグペースで山の中の木陰を走り抜けるこの非日常感。たまらない。

 

ロードを走るときは「ヒマだな」と感じることもあるのですが、トレイルでそんな隙は一瞬もありません。

下りのどこに足を置くか、負担の少ない上りのルートはどこか、この斜面は走れるのか。

目の前のトレイル攻略のため、頭は常にフル回転。

半径3mの世界だけに没頭して、ただ体を動かしていました。

何て贅沢な遊びの時間。

ああもうこの時間がずっと続けばいいのに!

f:id:shin_kuroiwa:20151006122349j:plain

 最初のピーク、足和田山には40分ほどで到着しました。

 

 3kmちょっとで40分...!?

 

トレランの時間の読めなさに驚きつつ、ここからは下り。ガンガン抜かれます。

もう、面白いくらいガンガンと。

 

林道のような比較的なだらかな下りは走れるのですが、コブだらけの山道に入るともうダメ。怖くてスピードが出せません。

前のランナーをまねて、トン・トトンと同じ位置にリズムよく足を置いたつもりでも、すぐにバランスを崩して引き離されてしまいます。特に土が湿っていると全然ダメ。後ろから駆け下りてきたランナーに道を譲り、へっぴり腰で下ります。

気分転換に走りながらスポーツようかんを食べました。

 

木曜日から金曜日にかけて降った雨で、地面が濡れていないか心配でしたが、下の写真のようなぬかるみは2~3カ所だけ。

f:id:shin_kuroiwa:20151006123611j:plain

ほとんどの道の状態は良好でした。

 

6km、紅葉台が、最初のエイドステーションです。

ここまでほぼ1時間。 f:id:shin_kuroiwa:20151006122419j:plain

 

水を一口、タブレットを一粒もらい、首と脚に水をかけてすぐ出発しました。

もうすぐ樹海!!

 

つづきます。

 

 

 

?